News

2008年10月17日(金)

いよいよTGS開催!? おや、なんかor2という文字が見えるようですぞ……!?

文:電撃オンライン

 本日10月17日、千葉県幕張メッセ……ではなく、東京都戸越においてTGS2008、正式名称「TOGOSHI GINZA SHOW 2008」が開催された。

 このイベントは、16日にSCEから発売されたPSP用ソフト『勇者のくせになまいきだor2』の発売を記念して行われたもの。本作は、「魔物は悪者、勇者はいい人」という既存のRPGへのアンチテーゼを提唱した、2Dドットグラフィックのダンジョン・マネージメントゲーム。1年遊べばなんと1日10.9円というリーズナブルさも魅力となっている。

 以下に、会場の模様を写真でお届けしていく。

▲こちらがTGS2008の会場となった戸越銀座温泉。天然黒湯温泉「美人の湯」は、「ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉」という泉質で、神経痛や筋肉痛弐効き目があるそうです。
▲入り口をくぐると、コンパニオンさんがお出迎え! なんだかTGS気分になってきましたよ。
▲場内には、「キケン」と札に書かれたドでかい肉やちくわなどが。場内に流されていたムービーによると、ちくわはあっついあっつい汁的な意味で危険が危ないようですね。
▲会場では「勇生」なるンマそうなドリンクや、「苔ジュース」なるマズそうなドリンクが……。
▲本作のプロデューサー・山本氏とディレクター・大橋氏(アクワイア)が浴衣姿で登場。たすきには、「世界に平和はおとずれない!」や「くう ほる あそぶ」といったことが書かれておりました。

 イベントでは、山本氏&大橋氏によるトークセッションも開催。前作の発売当時を振り返った山本氏は、「カプコンの『モンスターハンターポータブル 2nd G』があって、そのころアクワイアから企画がきたんですよ。大作の2匹目のドジョウを狙うっていうよりは、まったく違う生き物としてユーザーに認知されたのが大きいですよね」と発言。また「なぜユーザーに好かれたか?」という質問には、大橋氏が「なぜですかね?(笑) このゲームって長時間遊ぶというよりも、さくっと遊んでもらえるゲームだと思うんです。ケータイのゲームアプリなんかで遊んでいる人たちの選択肢として、入っていっちゃったからなのかも(大橋氏)」と答えていた。

 本作の大きな特徴の1つである、パロディ要素についても質問が飛び出した。その質問に意表を衝かれた大橋氏は、「ンフッ!?」と動揺していた。山本氏は、「(大橋氏から)あがってくるものを、いかに見逃すか……胃が痛いです(笑)」とプロデューサーならではのツラさを訴えていた。そんな山本氏の胃痛の原因を作り出している大橋氏は、「横のつながりを広げたかったんですよ。大きな掲示板をのぞくと、若い人はコミュニケーションをとりたがってるんじゃないかなって思えましたしね」とパロディ要素を取り入れた理由を口にした。

▲トークコーナーの最後では、山本氏が「有名なゲームは3まで出ているじゃないですか! だからぜひ『勇なま』も3までいきたいですね。ワハハ」と語った。その横で、大橋氏は勇生をグビリ。イベント会場が蒸し暑かったこともあって、実に美味しそうですぞ!

 その後、本作のダウンロードコンテンツ「ムスメのはんこうき(仮)」が準備中であることも明らかにされた。これは、魔王のムスメにスポットをあてたコンテンツになるようだ。ムスメのお披露目も行われたので、気になる人は写真を見てもらいたい。

▲これがムスメのグラフィックだ! 「はじめましてだから、アップのカオも見せてあげるんだ」とめったにないサービスも。「のろいコロスんだー!」の叫びがとても印象的です。ちなみに写真はすべて同じ画像の使いまわしのように見えますが、セリフ部分が異なっているので、ぜひご覧あれ。
▲その後、本作のヒットを祈願してクス玉割りも行われた……のだが、半裸の男性が乱入し、クス玉を割ってしまった!! この男性の正体が気になる人は、本作のスペシャルサイト「勇者のくせになまいきだor2 SPECIAL HORI SITE---powered by 勇Tube」をチェックするといいでしょう。
▲いよいよトークセッションも終わり、お楽しみの試食ターイム! プレス陣に小さめな骨付き肉と苔ジュース、勇生が振舞われた。あ、あくまで取材なんだから! 食べたいわけじゃないんだからねっ!! 苔ジュースは、いわゆる青汁的なモノ。「飲みやすいものをチョイスしたんですよ」と言われましたが……難易度の高い味でした。
▲こりゃイカんということで、口直しに勇生をゴクリ。あ、あくまで飲みたかったからなんだから! 取材なんてカンケーないんだからねっ! 仕事中の酒ってウメーッ!! ついでにプレスカードも撮影だー。ちゃんと「TOGOSHI GINZA SHOW 2008」と書かれていました。
▲ホロ酔い気分で、真っ黒な湯につかる魔王様をパチリ! 「う~ん、いい湯ですぞ!」といってる声が聞こえたのは、きっとアルコールのせいじゃないと思います。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『勇者のくせになまいきだor2』
■メーカー:SCE
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年10月16日
■価格:UMD版 3,980円(税込)/オンライン配信版 2,800円(税込)
 
■『勇者のくせになまいきだor2』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。