News

2008年10月31日(金)

他のPとつながる、広がる、対戦する!! 『アイマスSP』の事務所モードとは?

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスが2009年1月22日に発売するPSP用ソフト『アイドルマスターSP(エスピー) パーフェクトサン/ワンダリングスター/ミッシングムーン』。その新情報をお届けする。

『アイドルマスターSP』
▲メインビジュアルがついに完成。左から『ワンダリングスター』、『パーフェクトサン』、『ミッシングムーン』に登場するアイドル候補生が描かれている。

 今回は、『アイドルマスターSP(以下、アイマスSP)』から新たに追加される要素「事務所モード」と、TV出演のスクリーンショットを765プロ全員分お届けする。これまでに紹介した情報を確認したいプロデューサー諸氏は、以下からアクセスしてほしい。




■ 事務所モード ■

 「事務所」は、PSPのアドホック通信機能を利用して、プロデューサー(プレイヤー)同士の交流が行えるモード。通信対戦オーディションの他、名刺交換、プレゼント、アクションなどの機能が用意されている。このモードでは、『パーフェクトサン』、『ワンダリングスター』、『ミッシングムーン』のバージョンの区別なく通信できる。

 そして、もう1つ注意しておきたい点は、各アイドルの成長状況やアイテムの入手状況などといったセーブデータが「3つのバージョンで共有」されること。例えば、プロデューサーが『パーフェクトサン』で入手した衣装を、『ワンダリングスター』の“伊織”に着せるといったことも可能だ。3バージョンを全部購入する予定のプロデューサーはお忘れなく。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲この画像のように、『パーフェクトサン』の“真”、『ワンダリングスター』の“亜美”、『ミッシングムーン』の“千早”が一堂に会することもできる。

●通信対戦オーディション

 事務所で「オーディション」を選ぶと、事務所にいる面々との通信対戦オーディションが行える。このオーディション結果は「エキシビション」扱いなので、練習感覚で気軽に対戦できる。特に、PSP版で初めてプレイする新米プロデューサーにとってうれしい機能だ。ちなみにこのオーディションは、1人だけでプレイすることも可能。

 合格したアイドルには「TV出演シーン」が用意される。この時、同時に合格したアイドル同士でTV出演を同期させることが可能だ。例えば参加した3人全員が合格すれば、トリオのユニット風にシーンを表示させることができる。もちろん不合格になったアイドルはTVに出演できないため、参加者全員で合格できるように頑張ろう。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲上段がオーディションを自ら開催している画面で、下段が開催されているオーディションに参加する画面。通信対戦用の専用オーディションが用意されている。
『アイドルマスターSP』
▲事務所にいる最大3人が、同じオーディションに参戦できる。オーディション自体は通常と同様に6人で争われるため、3人が通信で参加した場合は残りの3人がCPUとなる。

●アクション

 他のアイドルに対して、自分が担当しているアイドルに「アクション」を取らせることができる。もちろんアクションすると、事務所にいる他のプロデューサーにも表情や動きが伝わる。挨拶だけでなく、感情を表現するものや「はい」「いいえ」といった返答のもの、そしてアイドル固有の「オリジナル」アクションもある。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲「喜ぶ」、「悲しむ」といったアクションを取れる。他のアイドルがアクションすると、担当アイドルも「よかったですね!」のように返事をする。
『アイドルマスターSP』
▲“やよい”の「ハイ、ターッチ!」もばっちり用意されている。他のアイドルにも固有のアクションが用意されているとのことだ。

●名刺交換

 同じ事務所にいる、他のプロデューサーに「名刺」を渡すことが可能。この名刺には、さまざまな情報が記されている。プロデューサーランク、アイドルのファン人数、オーディション勝率などの基本的な情報だけでなく、現在担当しているアイドルの育成状況や、どのアイドルをどれだけ育てたかなども書かれている。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲他のプロデューサーに積極的に名刺を渡してみよう。名刺交換が交流を深めるキッカケになるかも? 受け取りの可否も選べるようだ。

●プレゼント

 事務所では、「余ったアイテム」を他のプロデューサーにプレゼントできる。3つのバージョンそれぞれで、どのアイテムが入手しやすいかが異なるため、他のバージョンをプレイしているプロデューサーとどんどん交換して、アイテムを集めよう。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲「プレゼント」はXbox 360版になかった新機能。他のプロデューサーと融通し合ってアイテムを集めよう。
『アイドルマスターSP』
▲アイテムは複数(2個以上)持っているものに限り譲ることができる。1個しか持っていないアイテムはプレゼントできないので注意。


【他バージョンのアイドルを呼び出す】

 事務所モードに限り、他バージョンでしか出てこない765プロのアイドルを呼び出せる。例えば『パーフェクトサン』で遊んでいても、“雪歩”や“あずさ”などを呼んで挨拶させたり、オーディションで対戦したりできるのだ。他バージョンのアイドルを呼んでオーディションに勝てば、ソフトの有無にかかわらずTV出演シーンも見られる。

 前述の通りセーブデータは3バージョン共通。このため、もし他バージョンでプレイしているデータがあれば、そのデータをもとにアイドルを呼び出せる。つまり、『ミッシングムーン』でプレイ中の“律子”を『ワンダリングスター』で呼び出すと、育成状態のデータの“律子”が現れる。逆にプレイデータがないアイドルのパラメータは「あらかじめ用意された値で固定」となる。

『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
▲「DISC1」、「DISC2」、「DISC3」のタブで3バージョンを切り替えられる。『ミッシングムーン』から『パーフェクトサン』の“春香”を呼ぶ、といったことも可能だ。



■ TV出演シーン ■

 ここからは、TV出演シーンのスクリーンショットをまとめてお届けする。765プロの面々の「アイドルぶり」をじっくり堪能してほしい。

【天海春香】【菊地真】【高槻やよい】
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』

【萩原雪歩】【水瀬伊織】【双海亜美】
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』

【如月千早】【秋月律子】【三浦あずさ】
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』
『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』 『アイドルマスターSP』



■ 予約キャンペーン追加情報 ■

『アイドルマスターSP』
▲10月16日から始まっている予約キャンペーンの特典「オールスターアイドル サイン入り着せ替えジャケット」の最新デザインが到着。以前発表されたものとは地の部分が変わり、スタイリッシュな印象になった。(特典のデザイン・仕様は仮のもの)



■ 次回予告 ■

『アイドルマスターSP』

 次回は、『アイマスSP』における最大の要素「約束システム」を紹介する予定。画面では「スリープモード」や「セルフレッスン」といった文字が見受けられるが……? 7月に行われた3周年記念イベント「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」の会場で流れたムービーに書かれていた「Pへの信頼」&「Iとの約束」――その詳細が明かされる!

(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI
PROJECT IM@S

データ

▼『アイドルマスターSP パーフェクトサン』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年1月22日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP パーフェクトサン』の予約・購入はこちら
Amazon
▼『アイドルマスターSP ワンダリングスター』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年1月22日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP ワンダリングスター』の予約・購入はこちら
Amazon
▼『アイドルマスターSP ミッシングムーン』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年1月22日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP ミッシングムーン』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。