News

2008年10月31日(金)

プリニーたちの拠点を案内するッス! 横スクロールACT『プリニー』を徹底紹介

文:電撃オンライン

 日本一ソフトウェアは、11月20日に発売するPSP用ACT『プリニー ~オレが主人公でイイんスか?~』の新情報を公開した。

▲本作の主人公にして、タイトルにも使われている「プリニー」。魔物の中でも最弱クラスの、超下っ端悪魔だ。いつも“エトナ”にこき使われている。

 本作は、日本一ソフトウェアの人気タイトル『魔界戦記ディスガイア』シリーズに登場するキャラクター「プリニー」を主役に据えたアクションゲーム。魔神“エトナ”が求める「究極のスイーツ」を探すため、投げられるだけで爆発してしまうプリニーたち1,000匹が徒党を組んで冒険することになる。

 今回は、冒険の中心となるプリニーたちの拠点や、2つのステージ、敵キャラクターなどを紹介していく。すでに掲載済みの第1報第2報とあわせてチェックしてほしい。


■ 冒険の準備は拠点で ■

 プリニーたちの拠点で、ステージに突入するための準備を行える。ここから“エトナ”が待つ「謁見の間」やアクションステージに行ける他、セーブも可能だ。ゲーム開始時は住人が少なく、基本的なことしか行えないが、ゲーム中で特定の条件を満たすとキャラクターが増え、機能も充実していく。

 拠点には「チュートリアル屋」がいて、チュートリアルステージの中に散らばっている魔力の玉を手に入れて拠点の「名も無き魂」に話すと、彼らを本来の姿に戻せる。元の姿に戻った住人は、プリニーにさまざまなサービスを提供してくれるようになる。ここでは、その一部を紹介する。

▲プリニーの拠点の全景。左端から「謁見の間」に、右端からアクションステージに移動できる。
▲拠点の左側に行くと「謁見の間」(左画像)が、右側に行くとステージ選択画面(右画面)が現れる。

▲チュートリアル屋から「チュートリアルステージ」に突入し、魔力の玉を手に入れよう。
▲「名も無き魂」に話しかけ、魔力の玉を使うと住人が増える。住人の増加で冒険がより便利に!

●時空の渡し人
 本作中の「時間」は、ステージをクリアするたびに朝~夜へと進んでしまう。時空の渡し人の力を借りると、過ぎてしまった時間帯のステージに挑戦できるようになる。例えば、すでに時間が夕方になっている状態であっても、「朝」のステージをプレイできるというわけだ。「すべてのステージ」を「すべての時間」でプレイしたいやりこみプレイヤーにはうれしい機能といえる。


●ラッキー教授
 各ステージに隠れている不思議な生き物「ラッキードール」を集めている“ラッキー教授”。教授にラッキードールを渡すと、その数に応じてアイテムをもくれたり、キャラクターの情報を教えてくれたりする。ステージをじっくり探ってどんどんラッキードールを見つけよう。


●記録屋
 記録屋では、各種プレイデータや記録を閲覧できる。プレイ時間やハイスコアなどを見られる「戦いの記録」、集めた食材が記録される「コレクション」、出会った魔物たちが記録される「魔物図鑑」、獲得した勲章を鑑賞できる「魔界勲章」などが用意されている。


●音楽屋
 ゲーム本編を一度クリアしていると、手に入れた「レコード」の曲をステージのBGMとして設定できる。レコードは各ステージに置かれているだけでなく、やり込みの報酬で用意されていることも。レコードのコンプリートは、とてつもなく長い道のりになるらしいが……!?


→えっ、戦車に乗るんスか!?(2ページ目へ)

(C)2008 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.

1 2

データ

▼『プリニー ~オレが主人公でイイんスか?~』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年11月20日
■価格:5,229円(税込)
 
■『プリニー ~オレが主人公でイイんスか?~』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。