News

2008年12月6日(土)

Partyは来年4月から!! TVアニメ「戦国BASARA」キャラ&声優コメントを紹介

文:電撃オンライン

「戦国BASARA」

 TVアニメーション「戦国BASARA」が、2009年4月よりMBS・CBC他で放送される。本日は、その概要と登場キャラクターついてお届けしよう。

 TVアニメ「戦国BASARA」は、カプコンの人気ACT『戦国BASARA』シリーズをモチーフにしたアニメ作品。ゲームシリーズのプロデューサー・小林裕幸氏と、ディレクター・山本真氏が原作監修を務め、監督は川崎逸朗氏(「劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君」など)、シリーズ構成はむとうやすゆき氏(「ペルソナ~トリニティ・ソウル~」など)、キャラクターデザインは大久保徹氏(「BLOOD+」など)がそれぞれ担当する。アニメーション制作を手がけるのは、Production I.G。なお、ゲーム作品では、2009年春にPSP用ACT『戦国BASARA バトルヒーローズ』の発売を控えている。

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」 「戦国BASARA」

【TVアニメ「戦国BASARA」ストーリー】

 時は、群雄割拠の戦国時代――
 天下を狙うつわものたちが、全国各地で鬨(とき)を上げた。
 高まる乱世の機運。
 武将たちによって開かれた戦端は、たちまち全国を席巻し、
 戦国の世の勢力図はめまぐるしく塗り替えられていった。
 名だたる猛将たちのあくなき戦いの中、天下は尾張の第六天魔王“織田信長”の手中に収まろうとしていた。
 だが、北から蒼の装束に身を包んだ隻眼の若き武将が、無数の騎馬軍団を従え名乗りを挙げた。

 その男は、奥州筆頭、独眼竜こと“伊達政宗”。
 狙うは“信長”の首、天下統一!

「さぁ、Partyの始まりだッ!!」

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」


■キャラクター&キャストコメント

 上記のストーリーにもあるように、TVアニメでは“伊達政宗”が主人公となって、彼の視点から物語が描かれる。今回は、TVアニメに登場する4人のキャラクターと演じるキャストのコメントを紹介する。

●伊達政宗(だて まさむね)/CV:中井和哉●

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」
 奥州から天下を狙う若きカリスマ。異国の言葉が混じる独特な話し方をする。また、弦月の兜から覗く鋭い隻眼から「独眼竜」と呼ばれている。己の信念と、その生き様を貫き通す粋な男であり、武田家に仕える若き勇将“幸村”とは戦場での邂逅(かいこう)を経て、終生のライバルとなる。武芸、知略に秀で、部下や民の命を預かる者としての責任感を併せ持つ。「六爪流」と呼ばれる独特の剣術を身につけ、全力を出すのに相応しい相手と出遭った時、腰に差した六本すべての刀を振るい敵をせん滅する。

■中井和哉氏コメント
 思い出すのは最初に“政宗”を演じた時のこと。どうにも不安で、迷って、腹を据えるのに時間がかかって……。そんな小心者の演じ手を置いてけぼりに『BASARA』と“政宗”は快進撃を続け、ついにはアニメ化。スゲエ。“政宗”を取り巻く環境も大きく変わり、彼ゆかりの史跡には多くの若者たちが訪れるそう。注目度高し。でも彼は、それに負けない暴れっぷりを今回も見せてくれるハズ。小心者も精一杯ついて行きます。


●真田幸村(さなだ ゆきむら)/CV:保志総一朗●

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」
 “武田信玄”を父のように敬愛する若き武者。天下を狙う“信玄”のため、愛用の二槍とともに戦場を駆け巡る。強い者と出遭えば心がたぎり、挑まずにはいられない熱き魂の持ち主。後に戦場で“政宗”と激突、互いの強さを認め合い、ライバルとして強く意識するようになる。ただ、戦場で勇ましい活躍をするかたわら、部下であるの“佐助”の冗談を真面目に受け取ったり、女性に対して初心な反応をみせたりと、少年のような純真さを見せることも。また、熱き心の持ち主がゆえにしばしば主君である“信玄”と拳を交えて語り合うのは、武田軍の日常風景となっている。

■保志総一朗氏コメント
 『BASARA』、TVアニメいよいよですね! 今までゲームの方でたくさん“真田幸村”を演じさせていただきましたが、も~っシャレにならないぐらいヤバかったです! 熱くてっ、マジメでっ、バカでっ、暑苦しくてっ、バカマジメでっ、どバカでっ!!! 今回はTVアニメなので、皆さん思う存分自分で動かすことはできません、すいません! ですがTVの前にどっしりと構えて、あいつらの大暴れっぷりを、たっぷりと楽しんでいただきたいと思います!!


●織田信長(おだ のぶなが)/CV:若本規夫●

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」 「戦国BASARA」
 自らを第六天魔王と称し、恐怖と殺戮(さつりく)を持って天下統一を目指す戦国の魔王。冷徹かつ残忍な性格で、相対した者を圧倒する禍々しいまでの覇気を持ち、自らの天下布武を阻む者は、例え肉親といえども一切の容赦がない。他国への侵攻を押し進め、急速に勢力を拡大している。ただ、信長の放つ覇者の風格に魅せられる者も多く、優秀な武将が彼のもとに集い、彼に命じられるまま、その凶刃を振るっている。

■若本規夫氏コメント
 いよいよ『戦国BASARA』のアニメ……満を持しての登場という気持ちが、ふつふつと湧いてきすねぇ。ゲームから始まってCDドラマも足掛け何年……“織田信長”を演じてきて、感無量です。アニメではセリフに尺の枠がありますので、これまでのように野放図な台詞まわしは自由にできないでしょうが……。これまで築き上げてきた“信長”像を損なうことなく、大迫力の天魔王をお魅せできればと思っています。それにしてもこのスケールの大きな戦国絵巻を、制作陣がどうさばいてくれるのか、これも見ものですね。第1級の作品に仕立てるべく、キャストの1人として力を尽くしたいと考えています。


●片倉小十郎(かたくら こじゅうろう)/CV:森川智之●

「戦国BASARA」 「戦国BASARA」
 “政宗”に仕える武将。主の背中を守り、窮地には命をも投げ打つ覚悟を持つことから、政宗の「右目」と呼ばれている。寡黙で冷静沈着な性格だが、義理人情に厚く、非道な振る舞いを行わぬことから“政宗”や部下たちから深く信頼されている。熱くなりがちな“政宗”を諌(いさ)めるているが、一度主が決断したことには、どんな危険な作戦にも必ずつき従う。一方で、非道を許すことができない性分から、外道と相対したときには普段は隠された猛々しさを見せることも。

■森川智之氏コメント
 『戦国BASARA』という作品に出会っていなかったら、ゲームにも、戦国時代の名だたる武将たちにも、こんなに興味をそそられることはなかったでしょう。満を持してのTVアニメ化です、“政宗”様のために“小十郎”を演じきる覚悟です! 楽しみに待っていてください!


(C)CAPCOM/TEAM BASARA

■TVアニメ「戦国BASARA」
 2009年4月よりMBS・CBC他で放送スタート

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:カプコン(『戦国BASARA』シリーズ)
 原作監修:小林裕幸(カプコン)、山本真(カプコン)
 監督:川崎逸朗
 シリーズ構成:むとうやすゆき
 キャラクター原案:土林誠/カプコン
 キャラクターデザイン:大久保徹
 アニメーション制作:Production I.G
 製作:TEAM BASARA
 他

【キャスト】(※敬称略)
 “伊達政宗”役:中井和哉
 “真田幸村”役:保志総一朗
 “織田信長”役:若本規夫
 “片倉小十郎”役:森川智之
 他


関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。