News

2008年12月12日(金)

「アクアプラスフェスタ」で『ToHeart2』と『うたわれるもの』のPSP化が発表

文:電撃オンライン

 11月29日に東京・新宿の東京厚生年金会館で、アクアプラスによるイベント「アクアプラスライブ&フェスタ 2008」が行われた。

 2つのイベントは、『ティアーズ・トゥ・ティアラ』や『うたわれるもの』、『ToHeart2』など、人気ゲームを世に送り出してきたアクアプラスが、ファンへ向けて行うファン感謝イベント。同社の作品の主題歌や挿入歌を担当しているアーティストが集結する「アクアプラスライブ2008」が開催された後、出演声優陣によるここでしか見られないステージや、会場先行となる情報が公開された「アクアプラスフェスタ2008」が行われた。

 以下に、イベントの模様をお届けするので会場で雰囲気を楽しんだ人も、残念ながら足を運べなかった人も、チェックしてほしい。

■「アクアプラスライブ2008」

 アクアプラスを代表する2人の歌姫・Suaraさんと上原れなさんは、ステージに登場するとPS2『ToHeart2』のOPテーマ「Heart To Heart」を熱唱。華やかなオープニングの後にSuaraさんが「たくさんの人がきてくれてありがとうございます。感動して泣きそうです」と挨拶すると、上原さんが「はや――っ!」と突っ込み、ライブは幕を開けた。

2人による「Heart To Heart」の後には、上原さんが「虹の架け橋」を披露した。
「OVA ToHeart2」シリーズから、声優の小野涼子さんと櫻井浩美さんがゲストとして参加。上原さんが作詞をしているキャラクターソング「彼女の領域」と「笑ってワガママプリンセス」をそれぞれ歌った。
上原さんが「until」で観客を魅了した後には、Suaraさんが白い衣装に着替えて再び登場。「星想夜曲」、「MOON PHASE」に続いて、PS3『ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-』のエンディングテーマ「memory」の英語Verを歌い上げた。英語への翻訳について、Suaraさんは「いろいろと解釈を取れるようにする英語にするのが難しく、3カ月くらいかかりました」と当時を振り返った。
会場のファンが立ち上がって歓迎したのは、「ひげ独身のテーマ」を披露した小山剛志氏。なんと今回は、衣笠道雄氏が作曲した新曲「僕だけの旅路」を持ち込んでの参加となった。アップテンポでノリノリの曲をカッコよく歌い、会場を盛り上げた。そして最後は、Suaraさんとスペシャルゲスト・浪川大輔氏の3人で、「真・うたわれるもののテーマ」を大合唱した。
アンコールの「コスモスのように」では、Suaraさんがピアノを、上原さんがボーカルを務めた。歌い終えた上原さんは「去年のイベントから1年も経っていることに驚いています。曲も多くやれ、楽しかったです」とイベントを振り返った。一方のSuaraさんは、演奏を間違えてしまったことを悔やみ、泣き出してしまうシーンも。しかし最後は「れながしっかり歌ってくれてうれしかったです」とコメントした。
「アクアプラスライブ2008」のトリを飾ったのは、出演者全員による「Heart To Heart」。櫻井さんは、「こんな大きい会場で生バンドでやることはたぶん一生ないので、思い出になりました」と語り、小野さんは「こんな形で出るとは思ってませんでした。緊張しましたが、上原さんと櫻井さんと3人で「うおっす」を結成して、またここでイベントをやれたらいいな」と感想を述べた。最後に小山氏が、「まだCD化の予定などはありませんので、「僕だけの旅路」をよろしくお願いします」とアピールして終了となった。

■「アクアプラスフェスタ2008」


 「アクアプラスフェスタ2008 IN TOKYO!」のアナウンスが会場に響きわたると、壇上の白いカーテンが上がっていく。そこにはなんと、バスローブに身を包んだ司会の小山氏と浪川氏の姿が。そんな2人の紹介で、4タイトル13名の出演者が壇上に現れ、「アクアプラスフェスタ2008」はスタートした。

「ToHeart2」&「うたわれるもの」

 小暮英麻さん、小野さん、櫻井さん、柚木涼香さんが参加したこのコーナーでは、まず「ToHeart2」のOVA新シリーズの発表が行われた。2009年4月24日に「OVA ToHeart2 adplus」のVol.1が発売されるという。ここで、会場先行でノンクレジット版のオープニングムービーが上映された。学校を舞台に、時間の経過ととも登場キャラクターとさまざまな場所で出会うという内容の映像になっていた。

 続いて、去年の発表以来、何も進んでいないかに思われた「OVA うたわれるもの」の新情報が飛び出した。女性キャラクターが胸をあらわに温泉に入るというやや過激な内容の映像が公開されると、小山氏は「乳! 今、乳が見えてたよ!!」と大興奮。しかし、“エルルゥ”は画面を一瞬横切っただけという少なめの出番だったために、柚木さんは別の意味で興奮し「ちょっと~!! アクアプラスの社長~!!」とご立腹であった。「OVA うたわれるもの」は、2009年6月5日発売予定とのこと。

 これで新情報は終わり……と思ったが、なんとPSP『ToHeart2 PORTABLE』と『うたわれるもの PORTABLE』が開発中ということが明らかになった。どちらもPS2版のソフトを移植したものとのことだが、『ToHeart2 PORTABLE』には“ささら”のルートが追加されているので、彼女のファンは要注目だ!

「OVA ToHeart2」シリーズは3年、『うたわれるもの』はPC版の発売から6年以上経過しており、長く支持されている作品であることを再確認できたこのコーナー。新作の発表が行われた後には、Suaraさんが「OVA うたわれるもの」のオープニング「adamant face」を歌い上げた。

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」

 大川透氏、石井真氏、中原麻衣さん、田中理恵さん、名塚佳織さんという5人が登場したのは「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のコーナー。TVアニメは2009年春に放送予定で、収録は順調に進んでおり、現在は11話まで録り終えているという。ここで、最新映像がスクリーンに映し出された。Suaraさんの歌うロックなナンバー「Free and Dream」に乗せて、生き生きと動くキャラクターを見たファンは歓声をあげていた。

 なお、“リアンノン”を演じた後藤邑子さんと石井氏によるWebラジオ「ゆうことまことのティアティアステーション(仮)」が、TVアニメ「ティアーズ・トゥ・ティアラ」公式サイトで放送されている。今後、アニメの情報などをドンドン紹介していくとのことなの、ファンは聞き逃さないように。

「収録は順調」と出演者が口を揃えて発言していた「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のコーナー。なんと、最近のアニメではめずらしく、絵が入った状態でアフレコに臨んでいるのだとか。このままいくと、放送が始まるころには収録が終わっている!?

「アクアプラス検定 2008」

 観客の「アクアプラス度」をチェックするという「アクアプラス検定」が、去年に引き続き行われた。解答用紙が配布されており、スクリーンに10問のオリジナル問題が出題された。全問正解者にはPSP-3000を配布するという検定の第1問目は「本日、11月29日から、1番近い誕生日のキャラクターは誰?」という問題。いきなりの難問に、小山氏と浪川氏は口をそろえて「PSP-3000、あげる気ねーな!」と突っ込んだ。

 他にも、「この後行われるアフレココーナーで、最初のセリフを言うのは?」や「“エルルゥ”の英語版で吹き替えをしているキラ・ヴィンセント・ディヴィスはどの州の出身?」、「小山剛志の1番長い乳毛の長さは何ミリでしょう?」といった問題が飛び出し、観客を悩ませていた。

「ステージ裏の皆さん~~、アクアプラス検定ですよ~」というどこかで聞いたようなジングルでスタート。学校をイメージしたようなセットが組まれているステージで、これまでのコーナーに出演した声優陣にちなんだ問題が出題された。

「WHITE ALBUM」

 ゆっとりとしたバラード調の「POWDER SNOW」をSuaraさんが歌い上げ、「WHITE ALBUM」のコーナーはスタートした。ステージに登場したヒロイン“森川由綺”役の平野綾さんは、オーディションを受けた際に、声と歌が用意されていたことを明かしていた。そして作品の紹介時に、スクリーンに“藤井冬弥”が映し出されると水樹奈々さんと一緒になって「これがひどい男なんです! “由綺”ちゃんというかわいい彼女がいるのに、いろいろな女性に手を出すんですよ!」と、主人公に向かって非難を浴びせていた。

 ここで来年1月より放送予定のアニメのPVが上映された。水樹さんが歌うオープニングテーマ「深愛」に乗せて、さまざまなキャラクターによる恋愛模様が描かれていくと、会場から拍手が上がった。なお映像の最後は、水樹さんの演じる“緒方理奈”のビンタで終わっていたのだが……続きは放送で確認してほしい。

Suaraさんの「POWDER SNOW」の最後には、粉雪が上空から降ってくるという演出も行われ、ファンを魅了した。
アフレコが、現在6話まで進んでいるという本作。コーナー中では、エンディングテーマはSuaraさんによる「舞い落ちる雪のように」であることも明かされた。

生アフレココーナー「決定! アクアプラスの一番星☆」

 4作品が合同でオリジナルストーリーのアフレコを行う「決定! アクアプラスの一番星☆」のコーナーでは、イベントに出演する声優陣が全員参加した。“アロウン”が“緒方理奈”を使って「トゥスクル」から金を巻き上げようとしているのを知った“まーりゃん先輩”が、“ベナウィ”と“森川由綺”を操作して、両者を戦わせて共倒れを目論むというコメディストーリーが展開。終盤には、“由綺”と“理奈”を戦わせようと「ビンタコール」が巻き起こるというややぶっ飛んだ内容、加えて参加者によるアドリブで、会場は沸きに沸き、笑いが絶えることはなかった。

去年に引き続き、自分の登場する作品以外を動かすべく暗躍する“まーりゃん”。果たして、作戦はうまく行くのか? そして“由綺”と“理奈”、2人の女性のバトルの行方はどうなるのか!?

エンディング


 アクアプラス検定の上位入賞者の発表が終わると、イベントはエンディングを迎えた。なお、出演声優陣から本日の感想をいただいたので、以下に掲載する。

「アクアプラスフェスタ/ライブ 2008」

小暮さん:去年に引き続き参加させていただき、とてもうれしいです。お客さまもとても優しく迎えてくださって、私自身イベントを楽しんでできました。「ToHeart2」まだまだ続いていきますので楽しみにしてください。ありがとうございました!!

小野さん:昨年に引き続き出演させていただきましたが、去年とはまた違ったテンションで、とても新鮮な気持ちで楽しませていただきました。中でも、生アフレコは特に楽しかったです!! 普段の収録ではあり得ないアドリブやマイクワーク、そしてみなさまのはっちゃけた演技……(笑) 楽しいだけでなく、とても勉強になってしまう、一粒で2度おいしいこの企画が来年も行われるよう、密かに楽しみにしております。ご来場下さったみなさま、司会の小山さん、浪川さん、長丁場でしたが本当にありがとうございました! 今回参加できなかった方は、是非ピー音だらけのDVDでお楽しみ下さい!!(笑)

柚木さん:今回は小山さん、浪川さんのパワフルなお2人が司会という事ですべておんぶに抱っこでお任せでした!お2人のやり取りをお客さんと一緒に楽しんでしまいました(笑)。

小山氏:バスローブ姿で司会をするなんて、おそらく一生に一度の事でしょう。半端じゃない仕事量でしたが、素敵な共演者たちと一緒だったし、お客さまも非常に温かかったので、楽しく乗り切る事ができました。……来年は普通の格好で出たいです。

浪川氏:何日も疲れがとれないほど、エネルギーを使い果たしました……。キャスト・スタッフ、そして何よりも来てっくださった皆様の笑顔に助けられました。無事終わってホッとしてます(小山さん、オレ頑張ってみました)。

大川氏:昨年に続いてとても楽しいイベントでした。時間がだいぶおして最後まで観られなかった方もいらしたみたいで、それが残念でした。ゴメンなさい。でも司会の2人のガンバリにひっぱられて、出演者全員でいいイベントにしようとハリキリました。楽しんでもらえましたか? 来年の「ティアーズ・トゥ・ティアラ」よろしく!!

石井氏:4タイトル参加の大きなイベントなだけに、アップアップで溺れそうな気持ちで舞台に上がりましたが、会場の皆さんが発するもの凄い熱気や力強い声援に救われました。結局、舞い上がった僕の言動はかなりこっけいだった事でしょう(笑)。でも皆さんから受けた作品への熱い期待を肌で感じる事ができ、とてもうれしく、楽しいイベントでした。これからも応援よろしくお願いします。最後に、MCの小山さん浪川さん素敵でした。

中原さん:「ティアーズ・トゥ・ティアラ」で出演させていただきました。うちのチームは、“アロウン”役の大川さんがつつがなく進行して下さったので、楽しくコーナーを終える事ができました。アクアプラス検定も、昨年はVTRの出演だったので、今回は舞台の上からお客さんの反応を直に感じることができてうれしかったです! ……PSP欲しかったなぁ(笑)。

田中さん:アクアプラスフェスタ2008、お疲れ様でした! なかなかこの様なイベントに参加する機会はないので、本当にうれしかったですし、少し緊張もしました。“リアンノン”役の後藤さんのサプライズVTRは本当にうれしかったです。

名塚さん:このたびはご来場くださいまして、誠にありがとうございました。楽しんで頂けましたでしょうか? 長時間に渡る、かなり盛り沢山な内容だったのではないでしょうか? とにかく、頑張ってくださったのは小山さんと浪川さんですよね。お2人のおかげで、少し楽させてもらっちゃいました(笑)。イベントを盛り上げて下さったお2人に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。そして何より、最後まであたたかく見守ってくださった皆さま!! 長い時間、本当にありがとうございました。今後ともアクアプラス作品をよろしくお願いいたします。

水樹さん:初参戦ということで、最初は緊張気味だったのですが、とても温かく迎えてくださってうれしかったです! 生アフレコのコーナーでは各作品のキャラクターと共演することができ、とても楽しかったです。長丁場のイベント本当にお疲れさまでした!

平野さん:ホワイトアルバムで初めて参加させていただきました。アフレコも順調に進み、みなさんにホワイトアルバムのおもしろさを知っていただこうと頑張りました! 出演している時間はあっという間だったので、もうあとはオンエアを楽しみにしてくださいとしか言えません! また来年も参加したいです!

櫻井さん:会場のセットにびっくりしました。途中で、学校のセットに変わる時のスタッフさんたちの動き。たくさんの人に支えられながら、イベントが出来上がるんだなと、感動しました。私も参加させていただけて、うれしかったです。

Suaraさん:ほぼすべての作品コーナーにて、しかも新主題歌披露や人気曲のカバーなど、緊張することも多かったのですが、司会の小山さんに和ませて(?)いただいたおかげで、楽しく歌わせていただくことができました。あと昨年に引き続きですが、生アフレコでの最後のオチは、私なんかで大丈夫だったのでしょうか!?(笑)

(C)2008 AQUAPLUS

■「アクアプラスライブ2008」
【出演】(※敬称略)
 ・Suara
 ・上原れな
 ・小野涼子
 ・櫻井浩美
 ・小山剛志
【演奏曲】(※敬称略)
 01.「Heart To Heart」:上原れな&Suara
 02.「虹の架け橋」:上原れな
 03.「彼女の領域」:小野涼子
 04.「笑ってワガママプリンセス」:櫻井浩美
 05.「hold a dream」:上原れな
 06.「Until」:上原れな
 07.「haunting melody」:Suara
 08.「星想夜曲」:Suara
 09.「MOON PHASE」:Suara
 10.「memory(英語Ver)」:Suara
 11.「君だけの旅路」:Suara
 12.「ひげ独身のテーマ」:小山剛志
 13.「僕だけの旅路」:小山剛志
 14.「真・うたわれるもののテーマ」:小山剛志&Suara&浪川大輔
 15.「夢想歌」:Suara
 16.「キミガタメ」:Suara
 17.「コスモスのように(アコースティック)」:上原れな&Suara
 18.「Heart To Heart」:全員

■「アクアプラスフェスタ2008」
【出演】(※敬称略)
 ・小暮英麻
 ・小野涼子
 ・櫻井浩美
 ・柚木涼香
 ・小山剛志
 ・浪川大輔
 ・大川透
 ・石井真
 ・中原麻衣
 ・田中理恵
 ・名塚佳織
 ・平野綾
 ・水樹奈々
【演奏曲】(※敬称略)
 01.「adamant face」:Suara
 02.「Free and Dream」:Suara
 03.「POWDER SNOW」:Suara

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 07月16日~07月22日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。