News

2008年12月19日(金)

宝塚「逆転裁判」、バウホール公演のチケット前売りが明日開始

文:電撃オンライン

 カプコンは、2009年2月~3月にかけて行う宝塚歌劇公演「逆転裁判 -蘇る真実-」の詳報を公開した。

「逆転裁判 -蘇る真実-」
「逆転裁判 -蘇る真実-」

 「逆転裁判 -蘇る真実-」は、同社の人気アドベンチャーシリーズ『逆転裁判』を舞台化したもの。アメリカを舞台に、熱血弁護士“フェニックス・ライト(成歩堂龍一)”の活躍や、オリジナルキャラクター“レオナ・クライド”とのラブ・ロマンスが描かれるという。宝塚バウホール公演は2009年2月5日~15日に兵庫県宝塚市「宝塚バウホール」で、東京特別講演は2009年2月24日~3月2日に東京都新宿区「日本青年館大ホール」で、それぞれ行われる。

 宝塚バウホール公演の座席料金は全席6,000円(税込)で、一般前売りは明日12月20日から。チケットはプレイガイド(電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス)、宝塚大劇場チケットカウンター、梅田芸術劇場チケットカウンターで販売される。

 東京特別公演はS席が7,500円、A席が5,000円(いずれも税込)で、一般前売りは2009年1月25日から。こちらのチケットはプレイガイド(電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス)および東京宝塚劇場チケットカウンターで販売される。

 チケット販売に関する詳細は宝塚バウホール公演および、東京特別公演の各特設ページを参照してほしい。

 本日から、『逆転裁判』シリーズ公式サイト内に「逆転裁判 -蘇る真実-」の特設サイトもオープン。「逆転裁判 -蘇る真実-」のストーリーや登場キャラクターの紹介、ムービー、宝塚歌劇団員による「宝塚コラム」などを見ることができる。

「逆転裁判 -蘇る真実-」
▲主人公“フェニックス・ライト(成歩堂龍一)”は蘭寿とむさん、“マイルズ・エッジワース(御剣怜侍)”は七帆ひかるさん、“フェニックス・ライト”の恋のお相手“レオナ・クライド”は美羽あさひさんが演じる。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TAKARAZUKA REVUE COMPANY/ (C)CAPCOM

■宝塚歌劇公演「逆転裁判 -蘇る真実-」概要
●宝塚バウホール公演
【開催期間】2009年2月5日~15日
【開催会場】「宝塚バウホール」(兵庫県宝塚市)
【チケット料】全席6,000円(税込)
【チケット販売】プレイガイド(電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス)、宝塚大劇場チケットカウンター、梅田芸術劇場チケットカウンター

●東京特別講演
【開催期間】2009年2月24日~3月2日
【開催会場】「日本青年館大ホール」(東京都新宿区)
【チケット料】S席:7,500円、A席:5,000円(いずれも税込)
【チケット販売】プレイガイド(電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス)、東京宝塚劇場チケットカウンター


関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。