News

2009年1月13日(火)

壮大な冒険の旅が2月26日に幕を開ける! PSP『ミマナ イアルクロニクル』

文:電撃オンライン

 ガンホー・ワークスは、2月26日に発売するPSP用RPG『ミマナ イアルクロニクル』の新情報を公開した。


 『ミマナ イアルクロニクル』は、工画堂スタジオの『リトル・ウィッチ パルフェ』シリーズや『AS~エンジェリックセレナーデ』などの世界観を下地としたファンタジーRPG。かつて、栄えていた星・イアルを舞台に、星に伝わる魔石をめぐる物語が展開していく。

 今回、本作に登場する5人の味方キャラに3人の敵キャラ、さらに戦闘システムの情報が公開されたので、以下に掲載する。

・キャラクター紹介
(本文中は敬称略)

クレイス=シュゼット(CV:鈴木千尋)セフィ=ロートホルン(CV:綱掛裕美)
かつては腕利きの魔法剣士であったが、現在はやさぐれている。酒場で賭博をしては、代金を払うために傭兵ギルドからどうでもいいような仕事をもらい生計を立てている。子どもを嫌っているようだが、その理由は不明。あるものを探すため、ギルドを通してクレイスに旅の護衛を依頼してくる吟遊詩人の少女。ハープとともに奏でる歌声で、回復魔法や補助魔法を操る。
メルローズ=キルシュ(CV:桑谷夏子)ティノン=エルサント(CV:又吉愛)パルティ=シュクレール(CV:森沢芙美)
極端な魔法フェチという性格を持つ少女。クレイスに潜在的な魔法能力と呪物反応を感じ、研究のためにくっついてくる。すきあらばクレイスを解剖して、その秘密を知ろうと狙っている。武者修行で世界をまわっている、冒険者の少女。長刀使いで、風系の攻撃魔法や補助魔法もある程度使いこなす。クレイスの従妹で、黒猫魔法店という魔法店を営んでいる。回復系魔法のエキスパートであるという一面も。
エイダル(CV:鳥海浩輔)フェイデ(CV:生天目仁美)黒騎士・アレース(CV:長橙高志)
クレイスを「駒」と呼ぶ謎の魔道師。表情や行動からは非情で残忍な面も見られる。エイダルの手下であり、行く手に現れ何かと妨害をしてくる少女。クレイスたちの前にことあるごとに立ちふさがる黒騎士。何か目的をもっているらしいが、その真相は謎だ。
ゲーム内に登場するアニメーションは、日本一ソフトウェアから発売された『魔界戦記ディスガイア3』や、フライト・プランの『ドラゴンシャドウスペル』のOPアニメ、劇場用映画『空の境界』を手掛けたユーフォーテーブルが制作。OPアニメや劇中アニメが、作品世界をより盛り上げている。
会話イベントでは、表情豊かなキャラクターと声優陣によるキャラクターボイスが、ストーリーを盛り上げている。キャラクターとの会話の中から、イベントが分岐していくことも!?
シナリオは、バンダイナムコゲームスの『テイルズ オブ デスティニー2』やスパイクの『侍道3』などを手掛けた“シナリオ工房 月光”が担当。生まれ変わり、救い、癒し、生きる意味をテーマにした物語が展開していく。

・戦闘システム

 マップ上を移動中に、ランダムエンカウントすることで戦闘が発生。戦闘ではクレイスを操作して、戦闘フィールドにある3本のライン上を移動しながら、さまざまな剣技や魔法、アイテムを駆使して戦うことになる。

戦闘画面がこちら。自分がターゲットにしているモンスターの足元には、リングが表示される。方向キーと攻撃ボタンで発動する必殺技を使い、敵を撃破していこう。

 攻撃時にタイミングよくボタンを押すことで、攻撃すべてがクリティカルになる“ジャストアタックフレーム”が発動。通常の攻撃よりもスピードと攻撃力が高くなるため、ユーザーのテクニックによって戦闘がさらに有利になる。

ジャストタイミングでボタンを押すことで、攻撃がクリティカルに! 必殺技と組み合わせることで、大ダメージを狙える。

 主人公以外のパーティキャラクターへは、作戦を決めて行動を指示する。パーティキャラはその指示に従い、自動でAI戦闘を行っていく。サポートが得意なキャラ、前線で戦うキャラ、後衛から派手で強力な魔法で攻撃するキャラなど、個性豊かなパーティキャラクターたちに適切な指示を与え、戦闘を有利に進めよう。

(C)2009 GungHo Works,Inc./ KOGADO STUDIO,INC.

データ

▼『ミマナ イアルクロニクル』
■メーカー:ガンホー・ワークス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2009年2月26日
■価格:6,090円(税込)
 
■『ミマナ イアルクロニクル』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。