News

2009年1月11日(日)

植松伸夫氏も駆けつけた! 『ロード オブ ヴァーミリオン』全国大会開催!!

文:電撃オンライン

 本日1月11日、アーケードカードゲーム『ロード オブ ヴァーミリオン』の全国大会“OVER the LOAD~第1章 狂宴への招待状~”が、都内の品川アクアスタジアム ステラボールで開催された。

 『ロード オブ ヴァーミリオン』は、使い魔とともにパーティを組んで戦う対戦ゲーム。カードやボタンを操作し、バトルフィールド上のアルカナストーンを制圧することが目的となる。全国大会には、各地方の予選を勝ち抜いた全24名のプレイヤーが出場し、手に汗握るハイレベルな対戦を繰り広げていた。

『ロード オブ ヴァーミリオン』 『ロード オブ ヴァーミリオン』
▲全国の強豪プレイヤーが集結! 使い魔を巨大化させる“サクリファイス”を、ここぞという場面で出し惜しみせず使っていたのが印象的だった。

 決勝トーナメント1回戦終了後には、本作のプロデューサー・柴貴正氏と、サウンドコンポーザー・植松伸夫氏によるトークショーも行われた。トークは、柴氏の質問に植松氏が答える形式で進行。植松氏は本作がアミューズメント施設で稼働するゲームだと知らされた時に、「(にぎやかなアミューズメント施設では)埋もれてしまうので、尖った曲にしようと思いました。そこでロックを使えばなんでもできると思い、それを意識して作ったんです」と話していた。また、トークのはじめに「今年は仕事を減らそうと思っているんです。仕事ばかりやっていたら引き出しがなくなってダメになりますからね」と語っていた植松氏だったが、柴氏に「2009年の目標は?」と聞かれると「仕事を頑張ります」と笑って答えていた。

『ロード オブ ヴァーミリオン』
▲本作の楽曲について語る柴氏(左)と植松氏(右)。物販コーナーで販売されていたサウンドトラックCDも、アッという間に完売していた。

『ロード オブ ヴァーミリオン』 『ロード オブ ヴァーミリオン』 『ロード オブ ヴァーミリオン』
『ロード オブ ヴァーミリオン』 『ロード オブ ヴァーミリオン』 『ロード オブ ヴァーミリオン』
▲1月13日には、新バージョンとなる『新たなる胎動』が稼働する。Xbox 360用RPG『ラストレムナント』から覇王が、ヤングガンガンで連載中のコミック『黒神』から、クロが使い魔として参戦する!

(C)2007 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.

データ

▼『ロード オブ ヴァーミリオン 新たなる胎動』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:AC
■ジャンル:ETC
■稼働日:2009年1月13日

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月18日~04月24日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。