News

2009年1月22日(木)

「過剰で一方的なムービー演出」はいらない! 本格派A・RPG『デモンズソウル』

文:電撃オンライン

 SCEが2009年2月5日に発売予定のPS3用ソフト『Demon’s Souls(デモンズソウル)』のゲーム概要をお届けする。

『デモンズソウル』

 本作は、丁寧すぎる誘導、過剰で一方的なムービー演出などプレイヤーの想像力・主体性を阻害する要素を排除した“チャレンジ”、“発見”、“達成感”がコンセプトのアクションRPG。システム的には、お金と経験値が同一化した“ソウル”による自由なキャラクター育成、プレイスタイルに応じて道を選べる自由な攻略が特徴となっている。

 さらにPlayStation Networkを通じたプレイでは、気ままにシングルプレイが楽しめながらも、自分のプレイが他のプレイヤーに影響を与えていく。開発を担当するのは、『キングスフィールド』や『アーマード・コア』でお馴染みのフロム・ソフトウェアだ。

■世界観■

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』

 物語は、色のない濃霧に覆われた北の国ボーレタリアが舞台。濃霧とともに国中へ広がったデーモンたちが、人びとを襲い、人に隠された新たな力・ソウルを奪い喰らっていた。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』 『デモンズソウル』

 瞬く間にソウルに飢えた亡者だけがさまよう国と成り果てたボーレタリアで、英雄たちはつぎつぎと命を失う。そんな中、緩やかな滅びを避けるべく、また1人、最後の希望(主人公)が霧の裂け目からボーレタリアへと足を踏み入れる。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』 『デモンズソウル』


■キャラクターメイキング■

 本作の特徴として最初に挙げたいのが、バリエーション豊かなキャラクターメイキング。初めに、騎士や魔術師、盗賊など10種類の生まれから1つを選択する。この生まれによって、初期能力や初期装備が決まるのだ。

【騎士】
『デモンズソウル』
▲ボーレタリアの南、比較的進んだ地域の騎士階級。盾にある黄色い竜の紋章は、その地位があまり高くないことを示している。硬い金属鎧と盾を持ち、特に防御に優れるキャラクターだ。武器のロングソードも使いやすく、安定感が高いが運のパラメータが低いため、アイテムの入手には苦労するだろう。

【神職】
『デモンズソウル』
▲この世界の神を信仰する、僧籍の戦士。神の似姿であるタリスマンにより、奇跡と呼ばれる業を使用する。回復の他にも、チェインメイルと盾を持ち、メイスを武器とするタフなキャラクターだ。高い筋力で打撃力を上乗せして敵を叩き潰す反面、技量が低いため、高度な武器の扱いは苦手となる。

【盗賊】
『デモンズソウル』
▲盗賊あがりの隠密。貴族に飼われ、汚れ仕事に従事していた。黒革の鎧は隠密性が高く、不意打ちや奇襲を得意とする。高い技量を生かして、能動防御に特化した小型盾を使用し、敵の攻撃をはじく“パリィ”からの返す一撃は、ダガーであっても致命傷となる。また、知力・魔力ともに高めな設定で始まり、今回紹介する3つの生まれの中では、もっとも魔法の使用に向いている。

 なお、生まれは主人公の初期能力と初期装備を決めるものの、キャラクターの育成に関してはまったくの自由。本作では、“ソウル”という値を消費して8つの能力値を自由に上げられる他、装備品やアイテムなどの買い物もソウルで行う。ソウルを能力の成長に使うか、装備の強化に使うか、育成の悩みどころとなるだろう。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲キャラクターの個性を決める能力値は、体力、知力、頑強、筋力、技量、魔力、信仰、運の8つ。筋力を上げれば攻撃力が上がり、知力を上げれば記憶できる魔法が増えるなど、育てる能力によって千差万別のキャラクターに成長していく。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲本作では、右手に2つ、左手に2つ武器ないし盾を装備できる。剣や槍、斧、魔法の触媒、拳鉄など、多彩な武器が存在し、それぞれに性能や攻撃方法に個性がある。また防具も、兜、胴鎧、手甲、足甲を自由に選んで装備できる。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲武器の特徴は、剣であれば癖がなく、斧であれば当て方によりダメージが変化、狭い洞穴では振り回せないポールウエポンは広い範囲の敵をなぎ払うなど。武器によって攻撃方法がまったく異なるので、プレイスタイルに合った武器を選ぼう。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲生まれによって決まるのは最初だけ。どの能力を成長させるか、何を装備するかによって、個性も戦い方もまったく変化する。生まれは職業ではないので、プレイヤーの思うようにキャラクターの育成が可能だ。


■キャラクターの操作■

 アクションRPGである本作は、戦闘においてはアクションゲームの一面が楽しめる。戦闘の基本は、攻撃、防御、ロックオンと3つの操作。力押しではなかなか敵に勝つことができないので、状況を常に把握しながら戦おう。

<攻撃>

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲武器は、同じものでも片手持ちと両手持ちを選べる。敵や武器の特性により、持ち方を使い分けることも重要だ。

<防御>

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲防御には、盾を使ったガードや、横っ飛びに転がるローリング、バックステップといったアクションがある。闇雲に突進するだけでなく、敵の動きを見ながらヒットアンドアウェイで戦おう。

<ターゲット固定>

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲ターゲットを固定することで、対象を中心とした移動をするようになる。左が固定前、右が固定後の状態で、敵に小さなマークと体力を示すゲージが表示されている。敵が複数いる場合は、1人の敵に絞って攻撃していくといいだろう。もちろんターゲットの変更は随時行える。

 以上がゲームの基本的な概要。ここからは、物語に絡んでくる重要な人物や、冒険の舞台となるエリアを紹介のうえ、ネットワーク要素にも触れる。

→他の人の行動がヒントに!? 1人で、しかし協力してやり込める【次頁へ】

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

1 2

データ

▼『Demon’s Souls(デモンズソウル)』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS3
■ジャンル:A・RPG
■発売日:2009年2月5日
■価格:6,980円(税込)
 
■『Demon’s Souls(デモンズソウル)』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。