News

2009年1月30日(金)

生き残るために打つ? 2人打ちイカサマ麻雀『ひぐらしの哭く頃に 雀』が今夏稼働

文:電撃オンライン

 AQインタラクティブは、業務用TBL『ひぐらしの哭く頃に 雀』を、この夏に発売する。


 本作は、大人気作品『ひぐらしのなく頃に』を題材にした麻雀ゲーム。原作者・竜騎士07さんが監修した新シナリオをベースに、ゲームオリジナルのストーリーが展開する。麻雀は2人打ちを採用しており、おなじみのイカサマ麻雀技の数々を駆使して、麻雀勝負を勝ち抜いていくことになる。

モードには、圭一が雛見沢(ひなみさわ)をめぐり、勝ち抜き麻雀勝負を挑むオヤシロモードと、好きな組み合わせで東南戦を遊ぶ部活モードが存在する。
麻雀ゲームというカテゴリーを超えたこだわりのあるアニメーション演出が、ゲームを盛り上がる。イカサマシーンの演出だけでなく、牌(はい)を積もる動きからちょっとした待機モーションまで止まることがないという。
アニメーションは、実力派アニメスタジオが担当。動画、キャラクター、背景など、すべてのイラストが描き起こされている。

 キャラクターデザインは、本作のために用意されている。シリーズのイメージを踏襲しつつ、『ひぐらしの哭く頃に』の麻雀シーンにマッチした、オリジナルのキャラクターデザインだ。キャラクターボイスには、豪華声優陣を起用している。おなじみのセリフやキャラクターボイスが、麻雀バトルをさらに熱く彩る。

・前原圭一(CV:保志総一郎)
最近、都会から雛見沢に引っ越してきた。都会では成績優秀だったらしく頭の回転は早いが、ツメが甘くひどい目に遭うことも。口が非常に達者で、“口先の魔術師”との二つ名が付けられるほどだ。また、“萌えの伝道師”も自任しているらしく、メイドやスク水・猫耳など、コスチュームには一家言あるらしい。好奇心旺盛で熱血漢、うまい話にはすぐ乗らずにはいられない行動派な少年。
・竜宮レナ(CV:中原麻衣)
献身的な性格で、毎朝一緒に学校に通うなど、圭一とは一番の仲よし。本名は礼奈(れいな)だが、本人の希望でレナと呼ばれている。「かぁいい」ものに目がなく、見つけると手当たり次第自宅に「お持ち帰り~」してしまう癖がある。その対象は物に止まらず、梨花や沙都子まで連れ去ろうとする。
・園崎魅音(CV:雪野五月)
圭一やレナの一学年上級生であり、クラスでは委員長を務めるリーダー格。少々おじさんっぽいときもあるが、意外と女の子らしい一面もあわせ持っている。“部活”と称し、圭一たちとさまざまな遊びで盛り上がることを放課後の日課としているが、例えゲームでも勝利のためなら手段を選ばぬ性格で、周囲を恐れさせている。一方では村の名家・園崎家の次期頭首という意外な顔を持つ。

(C)竜騎士07 /07th Expansion/ (C)2009 AQ INTERACTIVE INC.
※画像は開発中のもの。

データ

▼『ひぐらしの哭く頃に 雀』
■メーカー:AQインタラクティブ
■対応機種:AC
■ジャンル:TBL
■稼働時期:2009年初夏

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月17日~04月23日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。