News

2009年2月4日(水)

俺たちのプレイでデーモンが弱くなる!? 『デモンズソウル』が生むRPGの真髄

文:電撃オンライン

 SCEより2月5日に発売されるPS3用ソフト『Demon’s Souls(デモンズソウル)』。今回は、気になるネットワーク要素を中心にお届けする。

『デモンズソウル』

『デモンズソウル』が初めての人は、まずこちらの記事からチェック!

ゲームの基本をチェック!
「過剰で一方的なムービー演出」はいらない! 本格派A・RPG『デモンズソウル』
育成をもう一歩チェック!
職業もお金も経験値もない! 『デモンズソウル』キャラ育成にある本物の自由

 『デモンズソウル』は、丁寧すぎる誘導、過剰で一方的なムービー演出などを排除し、プレイヤーの想像力がおもしろさにつながるRPG本来の精神を追求した作品。お金と経験値が同一化した“ソウル”による自由なキャラクター育成、好みに応じて攻略ルートを選べるゲーム性でプレイヤーごとに異なる遊び方ができる。


■すべてのプレイヤーの行動が世界に影響する■

 本作の独特なネットワーク要素については、以前の記事でもその一端を紹介した。しかし、本作のネットワーク要素でもっとも特徴的なのは、同じサーバにつながったすべてのプレイヤーの行動によって、デーモンの強さや入手できるアイテムなどが変化するシステムだ。

『デモンズソウル』
▲同一サーバのプレイヤーの行動は、“ソウルの傾向”として管理される。これが白に偏ったフィールドではデーモンが弱化され、黒く偏ったフィールドではデーモンが強化されるのだ。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲ソウルの傾向によっては、普段は現れない敵が登場したり、普段行けなかった場所への道が開かれたり、ということも。

 また、本作では死亡するとソウル体となり、HP上限が半減するなどのペナルティが課せられる。基本的に、ソウル体から生身に戻るには、デーモンを倒すか、アイテム“儚い瞳の石”を使用するかだ。だがそれとは違う方法として、他のプレイヤー世界への侵入がある。

『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲“黒い瞳の石”というアイテムがあれば、ソウル体になった時に、黒いファントムとして他プレイヤーを襲うことができる。相手を倒せば肉体が戻るが、侵入先のプレイヤーは自分より高レベルであることが多く、敗れると自分のソウルを代償にしなければならないリスキーな手段だ。

 以前紹介した他プレイヤーとの共闘には、“青い瞳の石”というアイテムが必要となる。召喚されてファントムとなれば、一緒にデーモンと戦ったり、黒ファントムと戦ったりも可能。ちなみに、ファントムや黒ファントムの強さもソウルの傾向によって変化する。


■戦い方の個性を生み出す武器を紹介■

 プレイレポートを読んでいただいた方であれば、本作のバトルの魅力は、防御や立ち回りを駆使した高い戦略性にあることを感じていると思う。本作にはさまざまな武器が用意されており、もちろん武器によって異なる戦い方ができる。きっと自分の想像したキャラクターにふさわしい武器が見つかるはずだ。

<アイアンナックル>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲拳にはめて使用する格闘武器。リーチは最低レベルだが、回転が速い。

<ウィングドスピア>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲穂先に“かえし”のついた長槍。リーチの長い刺突武器で、盾でガードしながらの攻撃が可能となる。

<グレートアクス>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲大型の斧。尋常な筋力では使用できないほどに重く、その重量を生かして、対象を吹き飛ばす。最適打撃の効果も、標準的な斧より大きい。

<ロングソード>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲標準的な直剣。直剣は、もっとも標準的かつ汎用性の高い武器である。多くの対象に安定した効果を発揮し、威力の高い刺突攻撃をあわせもっている。

<エストック>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲大型の刺突剣。攻撃範囲が狭いが、威力が大きい。盾で受けしながらの攻撃が可能であり、左手使用時にはパリィにも適する。

<クレイモア>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲長大な大剣。直剣と同様に汎用性の高い武器であるが、重量が大きく、両手使用が基本となる。また、叩きつけるような縦方向の攻撃は、対象のスタミナを大きく奪い、盾でのガードを崩しやすい。

<打刀>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲はるか遠い国で鍛えられる切れ味鋭い薄刃の刀。長く黒い刃は見た目よりも重く、きわめて高い威力と、出血効果を持つが、刃こぼれしやすい。

<竜骨砕き>
『デモンズソウル』 『デモンズソウル』
▲刃のない、叩き潰すための分厚い鉄塊。そのとてつもない重量もあってか、“剣とはとうてい呼べないなまくら”として、鍛冶たちの笑い話の種になることも。


■蛮族から貴族まで……生まれは自由■

 これまで紹介した5つの生まれに加え、今回は残る5つの生まれを紹介。これまでもお伝えした通り、生まれは初期能力と初期装備を決めるもので、キャラクターの成長はプレイヤーにゆだねられている。

【兵士】
『デモンズソウル』
▲常に戦場で前線に立つ下級の兵士。標準的な戦士タイプであり、特に体力が高く、鎧も硬い。直剣の他、槍を装備しており、戦い方の幅が広い。

【放浪者】
『デモンズソウル』
▲あてのない旅を続ける軽装の戦士。特に技量が高く、斬撃属性の曲剣を使いこなす。運もよいが、初期防具が貧弱なため、打たれ弱い。

【蛮族】
『デモンズソウル』
▲未開の人。すべての生まれの中で、最高のソウルレベル、体力、頑強、筋力を持つが、初期装備は最低。防具はなく、武器は棍棒2本のみ。

【貴族】
『デモンズソウル』
▲正式に魔法を学んだ貴族。ソウルの矢の魔法を最初から使用できる。ソウルによる成長の度合いは最低だが、唯一最初から貴重な指輪を装備している。

【狩人】
『デモンズソウル』
▲野外活動のスペシャリスト。長弓を使用した遠距離からの狙撃を得意とする。革鎧や戦斧も装備しており、全体にバランスがよい。

→国に凶事を呼び込んだ張本人!? 物語に欠かせないキャラを紹介【次頁へ】

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

1 2

データ

▼『Demon’s Souls(デモンズソウル)』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS3
■ジャンル:A・RPG
■発売日:2009年2月5日
■価格:6,980円(税込)
 
■『Demon’s Souls(デモンズソウル)』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。