News

2009年2月6日(金)

【3分ランキング】『TOW レディアント マイソロジー』の続編が堂々首位に!

文:電撃オンライン

 1月最終週(集計期間:2009年1月26日~2月1日)のランキングを制したのは、大人気RPG『テイルズ オブ』シリーズのキャラクターたちが多数登場する、PSP『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』(バンダイナムコゲームス)でした。

 『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』の販売実績は、推定21.7万本。前作のPSP『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』の発売週実績12.9万本(累計25.6万本)を大きく上回ると同時に、店頭消化率も80%前後に達するなど、非常に好調なスタートを切りました。

 続く2位と3位には、2008年11月にPS3とXbox 360で発売された『ワールドサッカーウイニングイレブン2009』(KONAMI)のPSP版とPS2版がそろってランクイン。発売週実績はPSP版が10.7万本、PS2版が10.6万本(店頭消化率はともに60%前後)と、ほぼ同じような出足を見せました。これで、PS3版(累計37.8万本)とXbox 360版(累計2.4万本)を合わせた累計販売数は61.4万本に。

 この他、4位にはDSとWiiの2つのハードによるマルチプレイを実現させた『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』(スクウェア・エニックス)のDS版が初登場。販売実績は推定9.1万本(店頭消化率35%前後)で、8位のWii版(2.0万本)と合わせると11.8万本となりますが、2007年8月に発売されたDS『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト』の発売週実績が20.1万本(累計40.9万本)であったことを考えると、実数・消化率ともに伸び悩む結果となりました。(アスキー総合研究所)

順位
前週
機種
タイトル名
メーカー
発売日
推定
販売数
累計
販売数
1
-
PSP
テイルズ オブ ザ ワールド
レディアント マイソロジー2
バンダイナムコ
ゲームス
09/01/29
216,885
216,885
2
-
PSP
ワールドサッカー
ウイニングイレブン2009
KONAMI
09/01/29
107,300
107,300
3
-
PS2
ワールドサッカー
ウイニングイレブン2009
KONAMI
09/01/29
105,675
105,675
4
-
DS
ファイナルファンタジー・
クリスタルクロニクル
エコーズ・オブ・タイム
スクウェア・
エニックス
09/01/29
97,653
97,653
5
3
PSP
モンスターハンターポータブル
2nd G 【PSP the Best】
カプコン
08/10/30
23,933
367,960
6
5
Wii
太鼓の達人Wii
バンダイナムコ
ゲームス
08/12/11
20,564
380,425
7
1
Wii
Wiiであそぶ
マリオテニスGC
任天堂
09/01/15
20,378
108,614
8
-
Wii
ファイナルファンタジー・
クリスタルクロニクル
エコーズ・オブ・タイム
スクウェア・
エニックス
09/01/29
20,263
20,263
9
11
Wii
Wii Fit
任天堂
07/12/01
18,007
3,138,196
10
8
DS
リズム天国ゴールド
任天堂
08/07/31
17,778
1,573,921
(アスキー総研調べ)

※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。


関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。