News

2009年2月9日(月)

口説かれたらゲームオーバー! 『伯爵と妖精』がPS2で4.30登場

文:電撃オンライン

 5pb.は、PS2用ソフト『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』を4月30日に発売する。価格は通常版が7,140円(税込)、限定版が9,240円(税込)。

『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』

 『伯爵と妖精』は、集英社コバルト文庫から刊行中の谷瑞恵さんがつづる人気小説。それを原作としたアニメ版と同じ声優がキャラクターの声を演じるゲームでは、主人公・リディアとなってエドガーたちと依頼を解決していく。

 依頼の成否は選択肢で決定し、時にはエドガーたちの協力を得なければならない場面も。この際にエドガーの甘い言葉に口説かれてしまうと、ゲームオーバーになってしまう。甘い言葉に流されない選択が重要だ。ちなみに、依頼はすべてゲームオリジナルシナリオとなっている。

『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』

■ゲーム版ストーリー■

 19世紀ロンドン。妖精が見えて彼らと話ができる少女・リディアは、妖精博士(フェアリードクター)を志していたが依頼がまるでなく、やるせない日々を送っていた。

 ある日、エドガーと名乗る青年から、彼の伯爵としての身分を明かすために“妖精メロウの宝剣”探しの依頼を受けたリディア。ところ構わず口説きまくるエドガーに振り回されながらも、彼女は無事に依頼を達成する。

 この依頼をきっかけに、リディアは青騎士伯爵となったエドガーに気に入られ、伯爵家専属の妖精博士として雇われることに。すきあらば甘い言葉で口説いてくるエドガーに、リディアは戸惑いながらも、妖精に関するさまざまな依頼をこなしていく――。



■登場キャラクター

リディア・カールトン
『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』
妖精の姿が見え、話もできる17歳の少女。負けん気が強く物怖じしない性格だが、根からのお人よし。エドガーに雇われて妖精博士となるも、彼の甘い口説き文句にいつも振り回されている。

エドガー・J・C・アシェンバートニコ
『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』 『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』
CV:緑川光/伝説の青騎士伯爵を名乗る美青年。自分の身分を証明するメロウの宝剣を探すため、リディアを妖精博士として雇う。狡猾(こうかつ)な頭脳と、ノブレス・オブリージュ(貴族の義務)を持ち合わせ、本物の貴族にしか見えないが……。CV:優希比呂/リディアの相棒の妖精。もともとリディアの母の相棒だった。猫の姿をしているが、猫扱いされるのを嫌って2本足で歩く。リディアのことを気にかけているが、都合が悪くなると姿を隠すことも。

レイブン/CV:杉田智和ユリシス/CV:宮野真守
『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』 『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』

ポール・ファーマン/CV:神谷浩史ケルピー/CV:子安武人
『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』 『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』

(C)谷 瑞恵/集英社・アシェンバート伯爵家
(C)5pb. Inc.

データ

▼『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』
■メーカー:5pb.
■対応機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2009年4月30日
■価格:通常版 7,140円(税込)/限定版 9,240円(税込)
 
■『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『伯爵と妖精 夢と絆に想いを馳せて』限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。