News

2009年2月10日(火)

本日の挑戦モードとは? 『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』最新情報公開

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスは、2月26日に発売するDS用ソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2(以下、有野の挑戦状2)』の新情報を公開した。

 本作は、懐かしのゲームをクリアするために、有野課長ことよゐこの有野晋哉さんが奮闘するTV番組『ゲームセンターCX』をもとにしたゲーム『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の続編。今作も“ゲームの中でゲームをする”をコンセプトとしており、プレイヤーは1980年代に吹き飛ばされてしまった少年となって、ありの少年とともにゲーム魔王アリーノーからの挑戦をクリアしていくことになる。

 第1報では、本作のストーリー、概要、収録されるレトロゲームなどの情報をお届けしたが、今回は新たに公開されたレトロゲーム、店頭試遊台、そして新モード・本日の挑戦について掲載する。

■新たに判明したレトロゲームを紹介

 本作は、ありの少年がドットイートアクション『ウィズマン』を手に入れたところからゲームがスタートする。その後、ゲームを進めていくことで、さまざまなジャンルのレトロゲームをプレイすることになる。これらのゲームは、過去に発売されたヒット作の模倣でなく、当時ありそうでなかったアイデアを追加することで、懐かしさと新鮮さが感じられる作品に仕上がっているとのことだ。

 ・『ガンデュエル』


 コロニーを侵略する外宇宙の知的生物・E-OSをせん滅すべく、最新鋭機デュエスを操作して戦っていく縦スクロールSTG。7種類あるガンユニットを装着することで自機がパワーアップする。つぎつぎと現れる敵や中ボスを撃破し、全4コロニーを戦っていこう。

ガンユニットはメイン装備とサブ装備に2つ同時に装着でき、ボタン1つで2つを入れ換えられる。同じものでも装着する側によってショットの性能が変わるため、状況や好みに応じた戦い方を楽しむことができる。

 ・『ガディアクエストサーガ』


 ガディアと呼ばれる守護者の能力を使いこなす“ガディアマイスター”を目指して、天界に住む3人の若者が冒険の旅に出る本格RPG。さまざまなガディアが登場し、どのガディアを従えるかによってプレイヤーのパラメーターや使えるスキルが変わる。世界各地に、ガディアマイスターの拠点・ガディアマイスターギルドがあり、従えているガディアを預けたり、通信機能を使って自分のガディアと、ありの少年のガディアを交換することが可能だ。

武器にはさまざまなものが用意されている。最高の一撃の性能を持ちつつも空振りが多い武器や、平均的に鋭い一撃を繰り出せる安定型の武器などがあるので、いろいろ使ってみては?

■家以外でもゲームを遊べる! 店頭試遊台

 部屋のいる時に表示されるメニュー“お店に行く”を選ぶと、部屋からゲームショップに移動する。お店で“ゲーム選択”のコマンドを選択すると、試遊台でゲームをすることができる。お店で遊べるゲームは5種類あり、そのうち4種類は前作に登場したレトロゲームのバージョン違いになっている。

本作では、ゲームショップの店頭におかれた試遊台でゲームをプレイできる。お店で雑談をすると、裏話や攻略情報などを聞けるようだ。

 ・『コズミックゲート MASA-X版』

 銀河連邦軍の最新鋭戦闘機・インフィニティーを操作して、地球の脅威である“マス・インセクター”を撃破していくという固定画面のSTG。シンプルに見えるが、敵のバリエーションや動きが豊富で、飽きさせない工夫が施されている。特にこのMASA-X版は、固定画面の王道だったゲーコン版にはないさまざまなアレンジが加えられている。全面的に豪華にアレンジされたサウンドも必聴だ。

ゲーム中に登場するワープは、ゲーコン版とは違いワープゾーン(特殊ステージ)へ飛ばされる。画面からは、敵の出現しないはずのアステロイドゾーンにボスキャラが登場しているのを見てとれるが、はたしてこれは!?

 ・『ラリーキングex』

 障害物のすき間をぬいながら、コースをドリフトしながら爆走していくスピード感がたまらないRCG『ラリーキングex』。『ラリーキング』はチャンピオンを目指して敵車と競り合うものでだったが、この『ラリーキングex』は、ひたすら自分と競り合い、自己ベストに挑戦するというもの。ベストタイムの走行ラインがゴーストとして記録されるので、走るたびに“自分の記録”に挑戦することができる。

自己記録更新を狙う『ラリーキングex』。コースに出現するゴーストを活用し、完璧な走りができるまで何度でもリトライしよう!

 ・『からくり忍者ハグルマン 小梅版』

 乙女忍者の小梅ちゃんを操作して、カラクリ屋敷で待ち受けているカラクリ兵器を倒しながら、ほおずき姫が捕らわれている屋敷の最上階を目指していく2画面ループ型の横スクロールACTがこちら。愛らしい小梅ちゃんを操って硬派なアクションゲームをするというギャップも、このソフトの醍醐味だ。

『ハグルマン』が、見た目だけではなく細部まで新たに生まれ変わった! 小梅ちゃんの武器、ハート型手裏剣を駆使して、最上階を目指せ。

 ・『スタープリンスSA』

 『スタープリンスSA』は、縦横無尽に宇宙を駆ける戦闘機・バルバードを操作して、敵機や敵軍の地上物を破壊していく縦スクロールSTGの、制限時間制のスコアアタックバージョン。4種類のパワーアップブースターと、無敵のバリアから炸裂するスパークショットを使い、画面内の敵という敵をド派手に破壊していく爽快感はそのままに、空中敵の出現パターンを刷新している。攻略の仕方によってスコアが大きく変わるため、より“狙える”ステージに変化を遂げている。

本作のカギは、時間内にいかにステージを攻略するか! ボーナスを獲得して、高得点を目指そう。

■1年分の記録を保存! 新モード・本日の挑戦

 “本日の挑戦”は、タイトル画面からのメニュー選択で選択できるサブモード。カレンダーと連動して、毎日1つのソフトの挑戦状がゲーム魔王アリーノーより提示される。その挑戦状に1回でも挑戦すると“●CX”マークが、その挑戦状をクリアすると“★CX”マークがカレンダーに押されていく。マークが増えると貯まる“CHALLENGE SCORE”のポイント数に応じて、ありの少年が着るTシャツの新しいデザインや、電源を入れる時の音声のバリエーションを入手できるとのこと。このカレンダーのマークは、最新の1年分が保存される。

本日の挑戦は日付ごとに設定してあり、全ユーザーが同じ日に同じ挑戦をすることになる。挑戦する曜日や時間帯によっては、アリーノーのしゃべりが変化したり、誕生日や特別な祝日には、モードに入るだけでもらえる特別なTシャツやボイスがある。

(C)FUJI TELEVISION (C)2007 2009 NBGI

データ

▼『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■ジャンル:ETC
■対応機種:DS
■発売日:2009年2月26日
■価格:通常版 5,040円(税込)/限定版 7,140円(税込)
 
■『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。