News

2009年3月24日(火)

『アイマスMS03』ロングインタビュー、今井麻美さんと沼倉愛美さんに聞く

文:電撃オンライン

 コロムビアミュージックエンタテインメントが4月1日に発売するCD『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』。その参加声優に、CDについてのお話を伺った。

『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』 『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』

 『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL』は、バンダイナムコゲームスの『アイドルマスター』に関連する音楽&トークCDのシリーズ。第3弾の『03』では、如月千早(CV:今井麻美さん)と我那覇響(CV:沼倉愛美さん)が出演している。収録内容は以下の通り。


■『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』トラック
 01.【新曲】『arcadia』歌:如月千早
 02.【新曲】『Next Life』歌:我那覇響
 03.トーク01
 04.【カバー】『Is This Love』歌:我那覇響
 05.【カバー】『遠い音楽』歌:如月千早
 06.トーク02
 07.『inferno(リミックス・ヴァージョン)』歌:如月千早
 08.『オーバーマスター(M@STER VERSION)』歌:我那覇響
 09.トーク03
 10.『Do-Dai(REM@STER-B)』歌:我那覇響&如月千早
 11.トーク04
 12.【新曲】『L・O・B・M』歌:如月千早&我那覇響
 13.『arcadia』(オリジナル・カラオケ)
 14.『Next Life』(オリジナル・カラオケ)
 15.ボーナス・トラック・トーク
 【参加声優】今井麻美(如月千早役)、沼倉愛美(我那覇響役)※敬称略


 シリーズの『01』と『02』に続いて、今回の『03』でも発売直前インタビューを実施。今井さんと沼倉さんに、新曲への思い、収録時の苦労、そして5月に開催されるライブの話など、いろいろと語っていただいた。

『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』
▲沼倉さん(左)と今井さん(右)。

■新曲『arcadia』について

今井 この曲を最初にいただいた時、歌詞と曲調が激しく、人間の魂の叫びみたいなものを歌っているのかな、と思いながら私の中でイメージを作ったんです。収録がスマートに終われたらカッコいいなと思っていたんですが、そんなに甘くはなく……。私が思っていた完成予想図は練りこめていなかったんですね。スタッフの方からこの曲は「優しく歌ってくれ」と言われていまして、その意味が体の中に入らず、くやしかったんですよ。いい曲をいただいているし、曲調も好きだし、何より千早や今井麻美にも合っていると思うし。すごく作詞作曲の方からの愛情を感じましたから、その愛情に応えたくて頑張ろうとするけれど、頑張るほどうまくできない。そうして、あまりにもくやしくて大声で叫んじゃったんですよ!(笑)

 収録の中で「もっと神秘的で、儀式をしている巫女のようなイメージで」と言われて初めて、私が持っているイメージと違うことに気づいたんです。私は最初、アルカディア(理想郷)を目指して手を伸ばしている歌だと思っていたんですよ。でもそれがまず違っていて。歌っている千早は空に舞い上がっていて、空から手を差し伸べている歌なんだと気づいた瞬間、先ほどの「優しく歌う」の意味がわかり、サーッって解けていったんです。あんな雪解けるような感覚は、人生でもそれほど多くないでしょうね。そのイメージで一気に歌ったら(スタッフから)「それを待っていたんだよ」って言われて。申し訳ない気持ちと、ホッとした気持ちが入り交じって、久々にトリップしたような感覚を味わうことができました。二度とないようにはしたいですけれど、あの時、叫んでよかったなと思っています(笑)。

 この曲は、カッコよさ、美しさ、優しさなどをすべて含んでいる気がしていて、それを自分の歌声で表現できていればいいですね。千早が「飛べ!」って言った時に一緒に聴いている方の気持ちを空まで持っていきたいです。ライブで歌う機会があるかもしれないので、その時はそうした一体感を感じていただけるのではないでしょうか。今からワクワクしています。

■新曲『Next Life』について

沼倉 この曲をいただいた時、まず曲の長さが6分というのを見て「エッ!」って。さらに歌詞を見て、また「エッ!」って(笑)。何回か(オケを)聴いて、これははたして歌なのだろうかという気持ちも多少あったんですけど、歌というよりは曲なのかなと、その曲を自分に染みこませることで響として歌えるんだろうなと思いながら歌いました。

 収録時、もらったオケのままで静かなイメージで歌ったんですが、完成した曲を先ほど聴いたら、すごいことになっていて! あんなにたくさん声に演出が掛かっているとは思いませんでした。(歌う時に)歌詞の最初の文字を「吐き捨てるように歌って」と言われまして、そこだけ「はっ!」って(笑)入れたんですが、それは作曲の遠山(明孝)さんの中で、完成したビジョンが見えていたからなんでしょうね。『アイドルマスター』で、こういう(テイストの)曲はなかったとのことなので、すごく驚いたと同時に、作品の曲世界が広がっていくところの先頭に立ててうれしいです。

 『オーバーマスター』のシングルでは(961プロの)3人で歌っていて、これが響としてのソロによる初めての持ち歌ということで、うれしい反面、助けがないためプレッシャーがありました。『オーバーマスター』では961プロとして、黒井社長が作ったアイドル像に響が入って歌っているという感覚があったんですが、今回はそういうものを取っ払って、響の好きなように歌った結果、こんな曲になったんじゃないかなと思います。歌詞も、そうした雰囲気を持っていますし。

今井 私、今この曲しか聴いてない!(笑) すっっっごい好きで、語ると長いんですけど(笑)、胸がドキドキするというか、ハラハラワクワクが入り交じっている感じですね。自分の眠っている能力とか、気持ちとか、夢とかをムリヤリに引っ張り出される感覚がしていて。響カッコよくて、すごい好きで……どうしよう!

沼倉 くり返し聴くと、どんどん好きになっていく曲なんですよ。

今井 私、バックでコーラス入れたいもん。「お願いですから仲間に入れて」と土下座したい気分。初めてこの曲を聴いた時、震えましたね。もし、この曲を聴く前にこの記事を見ている方がいたら、本当に聴いてほしいです。自分の曲を置いて宣伝しているみたいでアレですが!(一同笑)

■カバー曲『Is This Love』について

沼倉 EARTHさんは3人で歌っていらっしゃるので、1人で歌うと息が続かなかったり、キーの問題があったりで大変でした。でもパッと聴いた瞬間に「やっぱりこれは響(に合う曲)だ!」と思ったので、響の本領が発揮されるのではとも感じていました。気合いを入れて臨んだんですけど、この曲が一番収録に手間取ったんじゃないかな。

今井 歌うところが多いもんね。

沼倉 そうなんです。あんまり私は分けて録らないんですが、この曲では歌詞のサビの奇数行を先に歌って、後から偶数行を歌うといったことをしました。EARTHさんもそういう録り方をしていたそうで、続けて歌うととっても大変でして、でもだからこそ、目いっぱい力を入れて歌ったんです。そういうところが“響の味”だと思うので、いい結果が出たのかなと思います。(歌い方が)速く速くなってしまったところも、いい感じに直していただけて(笑)。

今井 ハーモニーも自分でやったの? ここパンチが効いてていいね。

沼倉 実は(ハーモニーは)用意していただいていたんですけれど、「やってみる?」と言われて「ぜひやらせてください」とお願いしたんですよ。

→共通新曲のヒミツとは?(2ページ目へ)

(C)窪岡俊之 (C)NBGI

1 2 3
■『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』トラック
 01.【新曲】『arcadia』歌:如月千早
 02.【新曲】『Next Life』歌:我那覇響
 03.トーク01
 04.【カバー】『Is This Love』歌:我那覇響
 05.【カバー】『遠い音楽』歌:如月千早
 06.トーク02
 07.『inferno(リミックス・ヴァージョン)』歌:如月千早
 08.『オーバーマスター(M@STER VERSION)』歌:我那覇響
 09.トーク03
 10.『Do-Dai(REM@STER-B)』歌:我那覇響&如月千早
 11.トーク04
 12.【新曲】『L・O・B・M』歌:如月千早&我那覇響
 13.『arcadia』(オリジナル・カラオケ)
 14.『Next Life』(オリジナル・カラオケ)
 15.ボーナス・トラック・トーク
 【参加声優】今井麻美(如月千早役)、沼倉愛美(我那覇響役)※敬称略

データ

▼『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』
■発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
■品番:COCX-35478
■発売日:2009年4月1日
■価格:2,200円(税込)
 
■『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページ開設!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。