News

2009年3月26日(木)

【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!?

文:電撃オンライン

■編集部対抗トーナメント1回戦第2試合

電撃PlayStation編集部 対 電撃オンライン編集部

 ビコーン! アスキー・メディアワークス社内にて急遽、4編集部対抗によるトーナメント形式の『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』対戦が勃発した!

 1回戦第2試合は、コンシューマーの巨星・電撃PlayStation対Webの彗星・電撃オンライン。電撃PlayStationからはゲーム攻略などにも携わっているホンドゥ&BENのエースパイロットコンビが出撃。迎え撃つは、こちらも相当ゲーマーな、ごえモン&村田(仮)の電撃オンライン精鋭コンビ。勝つのはどっちだ……? デデデン♪ シャウッ!

■“PSPの中の戦争”

 使用機体は、連邦軍となる電撃PlayStationチームが、ガンタンク(ホンドゥ)とジム・コマンド(BEN)。ジオン軍の電撃オンラインチームがドム(ごえモン)とゴッグ(村田(仮))。マップはサイド7、NPCは連邦側がジム、ジオンがザク選択という状況のもと、ついに戦いの幕が開ける! 「ジオンを叩く! 徹底的にな!!」と、前衛にジム・コマンド、遠距離砲撃のポジションにガンタンクを配し、理詰めの敵せん滅を狙う電撃PlayStationチーム。「敵を倒すには早いほどいいってね!」と、接近戦に持ち込もうとする電撃オンライン。各々の個性が出る序盤戦となった。

【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!? 【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!?
▲「は、電撃PlayStationッ! 噂ほどではないわぁ~っ!」と、勢いで畳み掛ける電撃オンラインコンビ。
【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!? 【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!?
▲「へ、馬力ならこのゴッグも負けんぜ!」村田(仮)の操るゴッグが、連邦軍モビルスーツを次々と蹂躙!

■「ジオン脅威のメカニズムか、地道な戦略で攻める連邦か?」

 力押しで進める電撃オンラインが有利な流れかと思われたが、「やらせるかぁ~!」と、電撃PlayStationの反撃が始まる。ビル上に控えるガンタンクの砲撃が一撃、ニ撃と火を噴き、ジオンの拠点を沈黙させる。そして、一気に減少する連邦側の戦力ゲージ。混戦に乗じて着実に勝ちにきた電プレの戦術に、ごえモン&村田(仮)は恐怖した……。しかも残り時間も意識しての攻勢に慌てる電撃オンライン勢。逆に敵のゲージを削るべく、こちらも拠点であるビッグ・トレーに狙いを定めるが……。

【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!? 【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!?
▲「なぁ~んてお上手なんでしょ、ボク」影を潜めていたガンタンクが牙を剥き、オンラインの勢いは完全に削がれる格好に。

■「ならば、同士になれ」

 結局、形勢が電撃PlayStationへと傾いたまま揺るぐことはなくタイムアップ! 常日頃からゲームをプレーしている、いわば強化人間コンビとも言える電撃PlayStationチームに軍配が上がった。敗北に「俺たちを踏み台にしたぁ~っ!?」と悔しがる電撃オンラインコンビだったが、戦いが終わればノーサイド。そしてここに、電撃PlayStationと電撃オンラインの戦いが終結、新たな絆が生まれるのだった――。

【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!? 【電撃の絆】キミは、トーナメントを勝ち残ることができるか……!?
▲自信たっぷりに臨んだものの、完敗してうなだれる電撃オンラインコンビ。しかし、その後に深く結びつく友情。傷ついたことはムダじゃなかったね。

(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2009年3月26日
■価格:6,090円(税込)
 
■『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。