News

2009年3月27日(金)

【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐

文:電撃オンライン

『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■編集部対抗トーナメント2回戦(電撃チーム視点)

ASCII.jp&電ホビ連合軍 対 電プレ&電撃オンライン同盟軍

 1回戦の激闘を経て心通わせた電撃PlayStationと電撃オンラインが緊急合体! 混成部隊として2回戦に臨むことになった。対するはASCII.jpと電撃ホビーマガジンによる同盟軍。「さぁ始めようじゃねぇか! AMW同士によるとんでもねぇ戦いってヤツをよぅ!!」

【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲余裕を見せつつも、しっかりと勝利のための作戦を練る電プレ&オンライン同盟軍。この段階では、心なしかチームとしてのまとまりが出てきたようにも見える。

■戦いは数だよ! アニキッ!!

 ホビーや情報系ニュースがメインのASCII.jp&電撃ホビーマガジンが対戦相手ということで、1回戦のゲーム系編集部対決に比べれば幾分余裕に構える電プレ・オンライン同盟軍。しかし、相手のガンダム知識は侮れないばかりか、何をやってくるかわからない不気味さも……。

【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲ほとんどの面々が、ほぼプレー初心者クラスのASCII.jp&電撃ホビーマガジン同盟軍。しかし、戦績を重ねて着実に自信と実力を付けてきた様子だ。
【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲1回戦はいきあたりばったりな戦法だったが、2回戦は戦略や展開を意識しつつ、機体も使い勝手などを考えた編成で臨んでいる。

■8人だけの戦争、信頼への限界時間

 急造チームゆえに、イマイチ息の合わないところが見える電プレ&オンライン同盟軍。「ボクが一番……」やら、「勝てたのはそのMSの性能のおかげ……」やら、罵りあいからチームは分裂気味。そんなスキに付け込み、1回戦を経て着実に腕を上げたASCII.jp&電撃ホビー同盟軍が猛攻を仕掛けてきた! このままではやられるっ!?

【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲1回戦とは打って変わり、スムーズな侵攻ぶりを見せるASCII.jp&電撃ホビーの面々に、電プレ&オンライン側も警戒感を募らせていった。

■「おさらばで御座います!  同盟軍暁に死す」

 「やめてよね ボクらがやられるわけがないじゃない!!」と、劣勢だった電プレ&オンライン同盟軍の逆襲が始まった。そして次々とジオンの機体を粉砕していく。なんとか劣勢を挽回しようと拠点を狙うASCII.jp&電撃ホビー同盟軍だが……。でも逆に拠点へとラストシューティングを叩き込み、ジ・エンドです。

【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲「やらせはせん、やらせはせんぞぉ~!!」と息巻くもつかの間、連邦軍の猛攻により、当初の勢いもむなしく駆逐されていくジオン側。
【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐 【電撃の絆】チームを組んで2回戦突入! 駆け抜ける嵐
▲戦いはまぁ大方の予想通り、電プレ&オンライン同盟軍が制して終了。ASCII.jp&電撃ホビー軍も善戦はしたものの……。そして戦いの後にはまた新たな絆が!!

(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2009年3月26日
■価格:6,090円(税込)
 
■『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。