News

2009年3月31日(火)

プレイヤーたちの質問がセトの謎に迫る――『フラジール』読者参加インタビュー

文:電撃オンライン

『フラジール~さよなら月の廃墟~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『フラジール』

 読者参加型インタビュー企画“想いのなかから、うかんだ言葉”と銘打った企画で、Wii用廃墟探索RPG『FRAGILE~さよなら月の廃墟~(以下、フラジール)』に関して寄せられた数々の疑問。

 その中から選考した質問を、バンダイナムコゲームスの『フラジール』プロデューサー・川島健太郎氏にお伝えしたインタビューの第2回をお届けする。


【注意】

『フラジール』

以下の記事では、ゲームをクリアしても明かされないネタバレが掲載されています。
本作を未クリアの方は、ゲームプレイの楽しみが損なわれる危険がありますのでご注意ください。
記事をお読みになる方は、以上を踏まえた上でお進みください。


 2回目となる今回は、主人公であるセトにかかわる質問を中心としたインタビューを掲載する。その内容は、物語の根幹にかかわるセトの謎から、ちょっとした疑問までさまざま。他にも、東京タワーで聞こえた声たちについても直撃している。

 インタビューは、おじいさんの謎に迫る第1回を昨日掲載しており、明日はクロウにまつわる謎を中心とした第3回をお届けする。そちらもぜひチェックしてほしい。

←第1回はこちら

→第3回はこちら

『フラジール』

――質問をくださった方、プレイしてくださった方にメッセージをお願いします。

 
 興味を持っていただいて、遊んでいただいて本当にありがとうございます。

 物語は、みなさんの手に渡った瞬間から、みなさんのものですので、そこで、それぞれに何かを見つけていただければ、私としてはうれしく思います。

 では、いつかまた!


■セトは特別な存在なの?

――どうしてセトやレンはグラスケイジ発動後の世界に残れたのでしょうか?

 グラスケイジ計画は、人類の共感性能力を発動させるものでした。
 その能力を実際に使った人たちは、みんな死んでしまいます。
 生き残った人たちは、共感性能力が発現したにもかかわらず、1度もその能力を使わなかった、本当に孤独な人たちです。
 なおセトやレンは、グラスケイジ発動後の生まれです。

――セトやレンはなぜ思念体が見えるのですか?

 セトのロケットの中には、小さな青い石が入っています。
 セトはそれをおじいさんの形見だと思っていますが、実は高性能な結晶コンピュータです。
 それによる感覚増幅効果で、幽霊が見えたりします。
 レンは、そもそも人工的に触媒に最適な人間を作る、“しくまれた子どもたち”の1人ですから、特殊な能力があるのだと思います。

――セトのロケットにはどんな意味があるのですか? クロウはロケットの中身を見て、セトが人間であることを確信していますが、一体何を見たのでしょうか?

 クロウには“思い出”がありませんが、セトのロケットの中にはセトの“思い出”が詰まっています。
 それを見て、それからセト本人の姿を仔細(しさい)に見て、人間だと確信しています。


■セトはどうやって生きてきたの?

――セトは何を食べているのでしょうか? 廃墟で拾えるものだけでは栄養が偏りませんか? あと、この世界に食料の生産ラインがなさそうなので、レンが何を食べているのかも気になります。

 アートディレクターの原田恵子さんいわく、セトは、野草とか食べているようです。
 料理の仕方は、おじいさんとの2人暮らしで身に付けたとか……。
 意外とタフです。
 レンは、AIによって管理されているので、それなりに食べ物を用意されていたのでしょう。

――物心ついてからずっとおじいさんと2人暮らしだったセトが、レンのことを女の子とわかったのはなぜですか? TVも知らず、異性を見たことも、異性に会ったこともないと思うので疑問に感じました。

 天文台に、たくさん本があったからです。

――セトを左利きにした理由が知りたいです。

 Wiiリモコンが……。
 ヌンチャクが……。

――セトが使っている懐中電灯の電池って切れないんですか?

 そういえば、切れませんね……。


■セトが出会った者たちへの素朴な疑問

――大きな仮面のボスの正体は何者でしょうか?

 低級な(しかし、人類やシンよりはるかに高度な)AIです。

――プレイ中やイラストを見た時に思ったのですが、レンとシンが似ていると感じました。まさか2人は兄妹なのでしょうか?

 違います。
 似てる? あ、髪が、銀色だったり白かったりするからかなぁ。

――商店街に「あの役立たずは駅にすててきてしまった~」というメッセージがありましたが、これはP.Fのことですか? P.Fがセトの役に立ちたいと頑張っていたのは、このためなのかな……と考えてしまいました。

 最初にP.Fを使っていたのは、軍人さんだったようです。P.Fは、もともと兵士の情報支援用AIです。
 しかし、前の持ち主にとっては、あまり役に立つ存在ではなかったようです。

――アイテム屋は、どういった経緯で生まれたロボットなのですか?

 小さい子どもの扶育用AIです。

――お嬢様は、いったい何者ですか? なぜダムにいるのですか?

 わかりません。
 両親がなくなって、アイテム屋に連れられて逃げてきたのかな……。

――東京タワーでP.Fやクロウ、チヨの声が聞こえたのはなぜですか?

 “たましい”というものがあるのなら、それらがセトを励ましていたのかもしれませんし、ひょっとしたら、ただのセトの幻覚かもしれません。
 結局、我々は自分の脳の中で世界を再構築しているので、誰かに見えるものが、誰かには見えないし、誰かには聞こえないものが、誰かにははっきり聞こえる。
 そういうものだと思います。


■世界に生きる者たちへの素朴な疑問

――ラジオで交信した生き残りの人間は本当に存在するのですか? だとしたらどこにいるのですか?

 います。どこかに。

――想いの込められたアイテムの記憶で、みんな自分がもうすぐ死ぬことを知っているのはどうしてですか?

 グラスケイジ発動後、「眠りについて誰も目覚めることなく死ぬ」ということが、世界中に報道されたからです。

――生き残った動物が猫だけなのはなぜですか? 犬やカラスなど、他の動物は思念体になってしまったようですが……。

 生身の犬やカラスもいますよ。


■そしてセトは1人になった……?

――最後にセトがつぶやいた、「本当に1人になった」という言葉の本当の意味は何ですか? やはり、レンが死んでしまったのでしょうか? それとも、セトが死んだ……?

 大事なものを失ったのだと思います。
 大事なものを手に入れたからこそ、いつかそれが失われる日が、必ず来るからです。

――セトが本当に1人になったということは、世界に本当に誰もいなくなってしまい、セトだけ生き残ったということなのでしょうか?

 他にも生き残りはそれなりにはいるようです。
 しかし、人類が再び世界を支配することは、永遠にないでしょう。

――本当に1人ぼっちになったセトは、毎日何をしているのでしょうか? 常に誰かとつながっていられる世界で、“本当の1人”になったことがないため、考えても何も浮かばない状態です……。

 たとえ誰かと一緒にいても、たくさんの人がいたとしても、“かけがえのない人”と、永遠に別れた時、“本当に一人”になってしまうのかもしれません。


 セトに関する疑問、セトにかかわってきた者たちに関する疑問にお答えいただいた第2回。第3回では、おじいさんと並んでもっとも質問の多かったクロウに関する謎や、チヨについての疑問、ゲーム全般にかかわる質問などをぶつけたインタビューをお届けする。

←第1回はこちら

→第3回はこちら

(C) 2009 NBGI

データ

▼『FRAGILE~さよなら月の廃墟~』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Wii
■ジャンル:RPG
■発売日:2009年1月22日
■価格:7,140円(税込)
 
■『FRAGILE~さよなら月の廃墟~』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。