News

2009年4月8日(水)

『アスラクライン』や『咲-Saki-』など登場! 『東京国際 AT-Xフェア2009』

文:電撃オンライン

 3月22日に、都内のTHE GRAND HALLでAT-Xが主催するイベント“東京国際 AT-Xフェア2009 ~春、一番!~”が開催された。

 “東京国際 AT-Xフェア2009 ~春、一番!~”は、AT-Xで放送されるアニメ番組やバラエティー番組を集めた総合イベント。司会は声優の清水香里さんが務めた。清水さんは、AT-Xで放送されたバラエティ番組『清水香里にPRESENTS「S-1グランプリ!」』内の最後でスタッフの罠に掛かり、罰ゲームとしてこの日の司会と1曲歌を歌う羽目になったらしい。そんな清水さんは、この日登場した途端AT-Xに対し疑惑の目を向け、イベント中も出演者と台本を比べ、だまされていないか確認するほどの慎重っぷりだった。

 そんな状況の中、イベントはスタート。『アスラクライン』以降のステージの最後には、ゲストチームが司会チームと賞品を賭けて対戦し、司会チームが勝ったら番組の視聴者に、ゲストチームが勝ったら観客に賞品が贈られるというバトルコーナーが設けられていた。賞品は、PLAYSTATION 3やアクオスなどかなり豪華なものが用意されており、観客からはどよめきが起こっていた。

 各コーナーごとに、イベントの模様をお伝えする。最初は、吉野裕行さんと中村悠一さんが出演した『アニメ女子部』のコーナー。このコーナーは、“電撃乙女部”として別の記事でレポートしている。ぜひそちらもあわせてご覧いただきたい。

■ 『清水香里にPRESENTS「S-1グランプリ!」』 ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 『清水香里にPRESENTS「S-1グランプリ!」』は、AT-Xで2月に放送されたバラエティ番組。番組内でひどい仕打ちを受け罰ゲームとしてこの日の司会を務めることになった清水さんは、ゲストとして稲村優奈さん、生天目仁美さん、川田紳司さんら3人が登場するや、「もうAT-Xは信用できない」と人間不信状態に。ステージでは“一瞬でわかるS-1グランプリ”と称されたPVが上映され、その最後では、罠にはめられた清水さんが生天目さんらが乗る豪華客船を悲痛な声をあげながら1人で見送る映像が映し出された。「謝罪メールを送ったのに無視されたんです。(清水さんは)心が狭いですよね」と訴える生天目さんらに、清水さんは「だって客船の中の写メと一緒に「ごめんね」って送ってくるんですよ!」と大激怒。その後の司会を川田さんらが交代でアシスタントとして手伝うという形で、ステージ上での戦いは一応決着した。

■ 『アスラクライン』 ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 こちらのコーナーには、水無神操緒役の戸松遥さんと、事前告知されなかったサプライズゲストとして嵩月奏役の野中藍さんが登場。和やかに作品説明を行った(※作品概要は2月10日の記事を参照のこと)。続いて、本作のPVの内容をもとに戸松さんと野中さんが記憶力勝負をすることに。

 しかし出題された問題は、PVの内容にあんまり関係のない“番組のロゴを描いてみる”というもの。戸松さんが「操緒ちゃんや奏ちゃんの登場回数を数えてたのに!」と言っていたように、この出題には2人ともかなり意表を付かれた様子だった。2人とも苦戦しつつもロゴを描き上げたが、その結果は僅差で戸松さんの勝利! 続いて行われた、プレゼントを賭けての司会コンビとの勝負では、素晴らしいコンビネーション(と会場の手助け)で、見事勝利を飾っていた。最後に2人は来場者にメッセージを贈り、大きな拍手の中ステージを後にした。

■ 『ファイト一発!充電ちゃん!!』 ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 ぷらぐ役の福原香織さんとアレスタ役の高垣彩陽さんをゲストに迎えたこのコーナーでは、本邦初公開となる“無修正版PV”を上映。PVの詳細な紹介は避けるが、だいぶ過激な内容になっていた。PVの上映後、収録時の苦労を聞かれた2人は「ぷらぐちゃんはずーっとしゃべっているキャラクターなんです。収録後は私がぷらぐちゃんに充電してもらいたいくらい疲れました(福原さん)」、「マイク前でとてもパワーを使う作品なんですよ。私たちも充電バッチリで収録に臨まないとダメだなって感じました(高垣さん)」と返答。作品への力の入れ具合をのぞかせていた。

 その後のお題トークでは、“トークはニガテ?”という問いに福原さんが「実はニガテなんですよ! 結構人見知りなんです」と答えて観客席から意外そうな歓声をあびたりていた。また“今、一番欲しい家電製品は?”という充電ちゃんらしい(?)質問には、高垣さんが「ヘアアイロンが欲しいです」と回答。理由をたずねられた高垣さんは、「今使っているものから煙が出るんですよ。皆さん出ませんか?」と返答し、清水さんをはじめ、会場中を驚かせていた。その後、ファンにメッセージを贈って福原さんたちはステージを後にしたが、高垣さんの髪の将来が気にかかるステージとなった。

■ 『まりあ†ほりっく』 ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 ゲストとして、真田アサミさんと小林ゆうさんの2人が出演。ステージは、“本作を知らない人向けのPV”という名目で、TVアニメ本編の最後に流れるオマケコーナーをつなげたカオスな映像が上映されるという、『まり†ほり』らしいノリでスタートした。その後のコーナーでは、真田さんがあいうえお作文ならぬ『HANAJI』作文で、小林さんがお得意のイラストで最終回を表現。小林さんのイラストに誰もがド肝を抜かれたが、真田さんがなんとか解読(?)に成功し、観客から賞賛を浴びていた。

 ゲストとのバトルの種目は、“あっち向いてほい”。勝った側がハンマーで叩き、負けた方がヘルメットを被るというルールだ。真田さんと清水さんはすぐ決着がついたが、続く小林さんがルールをマスターできておらず、ゲームは大混乱。爆笑と混沌の渦の中、「もうね、(こっちの)負け」という清水さんのひと言でバトルは決着したのだった。

■ 『クイーンズブレイド 流浪の戦士』 ■

 ゲストは後藤邑子さん。続いて、「なんとサプライズゲストがいます!」と清水さんにあおられ拍手とともに登場したのはなんと司会アシスタントを務めているはずの生天目さんだった……。「私たち、上から7番目ぐらいのキャラですから」と2人ともまだあまり作品にかかわっていないようで、ステージには暗雲が立ち込める。作品を紹介するPVの上映後、作品にちなんで「こんな女王はイヤだ」の大喜利コーナーに。生天目さんは身体の大事な部分をヘビで隠すキャラクター・エキドナを意識して「ヘビがパンツの人」、川田さんは「汚い」、後藤さんは「村上ジョージ」と発表した後、「タクシーの到着直前の値上がりにキレる」とどっちにしようか迷ったと話していた。そんな中、清水さんが書いた答えは「ドM」。どうやら、お題の“女王さま”の意味を少し勘違いしていたらしい……。

 プレゼントバトルコーナーの種目は、PLAYSTATION 3 80GBを賭けた“しりとりリレー”。答えたら爆弾型のタイマーを隣の人に渡すというルールで行われた。最初は横一列に並んでいた出演者たちだったが、時間が経つにつれ爆弾を持っている人から次の人が逃げ回るエキサイティングな展開に。生天目さんから清水さんの手に渡った瞬間爆弾が爆発し、ゲストチームが勝利を収めた。

■ 『咲-Saki-』 ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 植田佳奈さん、小清水亜美さん、白石涼子さん、橋本みゆきさんの4名がゲストに駆け付けた『咲-Saki-』ステージ。“美少女麻雀アニメ”らしく、キャスト陣も麻雀を打てるメンバーがそろっているという。清水さんからの「誰が一番強いの?」といった質問には、福山潤さんの名前が拳げられていた。収録後に、キャスト同士で集まって麻雀を打つこともあるらしい。その後出演者たちは、麻雀のすばらしさを伝えるため30秒のプレゼンを行うことに。だがプレゼンには、クジで引いた特定のキーワードを盛り込まなくてはいけない。植田さんは“お酒”、小清水さんは“シングルベッド”、白石さんは“KY”とそれぞれキーワードを引き、観客たちに麻雀の魅力をPRした。

 『咲-Saki-』ステージのバトルは最後ということもあり、32V型のアクオスが賞品として登場した。この豪華なプレゼントに、観客はもちろん出演者たちも大興奮。ホワイトボード上の雀牌(カード)を使った“麻雀牌神経衰弱”で真剣勝負が始まった。ほぼすべての雀牌がめくられた時点で司会者チームにターンが回り、ゲストチームの負けか……? と思われたが、ここで司会者チームの頭の上に“?”マークが点灯する。結局司会者チームがチャンスを逃し、ゲストチームが見事勝利した。

■ ライブコーナー ■

『東京国際 AT-Xフェア2009』

 各番組のコーナー終了後、出演者によるライブが行われた。トップバッターは橋本さんによる、『咲-Saki-』のオープニングテーマ『Glossy:MMM』。続いて小林さんが『まりあ†ほりっく』のオープニングテーマ『HANAJI』、最後は司会者を務めた清水さんが罰ゲームの一環として『コトバ』を歌いあげた。

 その後、出演者らのサイン入りリングノートが当たる抽選会を行い、4時間におよぶイベントは無事終了となった。

『東京国際 AT-Xフェア2009』

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。