News

2009年4月21日(火)

目指せ360万台!? Xbox 360は今年も強力なタイトルをたっぷり準備中!!

文:電撃オンライン

 本日4月21日、マイクロソフトはメディア向け発表会“Xbox 360 Title Preview:Spring 2009”を東京・渋谷で開催した。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009

 最初に、マイクロソフトの執行役常務・泉水敬氏が登壇し、Xbox 360の本体販売台数が100万台を突破したことを紹介。「少し長くかかりましたが」と、笑いを取る発言も交えつつ、この数字は1つの通過点でしかなく、引き続き「さらに使いやすく楽しくしていきたい」と力強く語った。泉水氏は、タイトルラインナップ、ハードウェア、オンラインサービスについて「最高の価値を提供し続けられる」よう努力すると話し、特に今年はオンラインサービスに注力するという。ゲームはもちろん、ゲーム以外の拡充も考えているようだ。

 そして100万台突破を記念して、ダッシュボードベーシックテーマをもれなく配布する他、抽選で100名に計100万マイクロソフトポイントが当たるキャンペーンを行う。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲泉水氏は冒頭、この発表会で31もの新作を紹介すると説明。マイクロソフトのタイトルだけでなく、サードパーティ各社の新作がズラリと並ぶことに、自信を見せた。

 また泉水氏が期待していると話す“Xbox LIVE コミュニティゲーム”にも言及。Xbox LIVE コミュニティゲームとは、誰でも自由にゲームを作成し、認可されればマーケットプレースでゲームを販売することもできる仕組みを指す。北米では昨年末からサービスが提供されていたが、日本では7月中旬から開始することが決定。あわせて開発用キットの『XNA Game Studio 3.1』も、サービス開始に先駆けて無料配布されることが明らかになった。

 ここで、『マグナカルタ2』のプロデューサーを務めるバンダイナムコゲームスの金坂吉久氏が登場。ゲームの概要を説明した後、発売日が8月6日に、価格が8,379円(税込)に確定したことを発表した。ちなみに『マグナカルタ2』は公式サイトも正式オープンしており、本日から放映されるTV-CMムービーなども配信されている。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲『マグナカルタ2』のプロデューサーを務める、バンダイナムコゲームスの金坂吉久氏。
Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲ソフトマックスが開発する『マグナカルタ2』。愛、憎悪、犠牲を題材にした重厚なシナリオのRPGだ。福山潤さんや平野綾さんといった豪華声優陣が声をあてることでも話題を集めている。

 またバンダイナムコゲームスから今秋発売予定の3D格闘ゲーム『鉄拳6(仮)』の最新ムービーが、本日よりXbox LIVE マーケットプレースで配信されることも明らかになった。また後日、カプコンの『ロスト プラネット 2』や『デッドライジング2』の最新映像も配信されるという。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲カナダのBlue Castle Gamesとカプコンが共同で開発中の『デッドライジング2』。舞台はギャンブラーたちが集うフォーチュン・シティへと変わったが、ゾンビ地獄なのは前作と同様。

 この後、セガ執行役員・国内CS事業部事業部長の川越隆幸氏が登場。同社は先週すでに発表会を行っていたため「先週もお会いしました」と報道陣を笑わせつつ、『エンド オブ エタニティ』と『ベヨネッタ』の大作2本を紹介した。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲セガ執行役員・国内CS事業部事業部長の川越隆幸氏。
Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲『エンド オブ エタニティ』の開発を担当するトライエースの勝呂隆之ディレクターは「銃を駆使した迫力のバトルが特徴です、じっくり腰を据えてプレイできるRPGを作りたいと考えています」と説明。▲『ベヨネッタ』の紹介は、プラチナゲームズの橋本祐介プロデューサーが行った。実機でのプレイを見せつつ「(プレイすれば)簡単に操作できることに驚かれるかと思います」と操作性のよさをアピールしていた。

 続けて、マイクロソフトのホーム&エンターテイメント事業本部 Xboxマーケティング本部長・坂口城治氏が登壇。Xbox 360がアーケードタイトルからの移植に強いことを話し、2009年内の新作として、SNKプレイモアの2D対戦格闘『THE KING OF FIGHTERS XII』と3D剣戟対戦『サムライスピリッツ閃』、ならびにケイブの完全新作STG『虫姫さま ふたりVer 1.5』の3本をお披露目した。

Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲坂口氏は、サードパーティも含めたパッケージソフト、プラチナコレクション、LIVEアーケードなど多数のタイトルを一気に発表。
Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009 Xbox 360 Title Preview:Spring 2009
▲アーケードなどでヒットした2D・STG『虫姫さま』の続編『虫姫さま ふたり』の『Ver 1.5』がXbox 360で登場。ファンタジー風の世界観が特徴だ。

 既存タイトルを低価格で再発売する“Xbox 360 プラチナコレクション”として、7月2日に発売されるタイトルが決定。1つはコーエーの一騎当千ACT『真・三國無双5』で、価格は3,990円(税込)。もう1つは海底都市を舞台にしたスパイクのアクションシューティング『BIOSHOCK』で、価格は2,940円(税込)だ。

 この他、マーケットプレースから購入できるXbox LIVE アーケードの新作ラインナップも多数発表された。こちらは別の記事として紹介する。

 最後に再び泉水氏が登壇し「ユーザーからは次の目標は360万台という声をいただいています」と笑顔で話し、日本国内でさらにXbox 360を普及させていく意気込みを示した。そして最後に、いよいよ“31タイトル目”の映像が公開された。それは……海外で発売されている大人気アクションシューティング『Gears of War 2(ギアーズ オブ ウォー 2)』のトレーラーだった! 日本で発売されるかどうかが注目されていた本作の、国内での発売時期は今夏になるとのことだ。

(C)SOFTMAX CO., LTD. (C)2009 NBGI
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2006 - 2009 CAVE CO. LTD
(C)2009 Microsoft Corporation. All Rights Reserved

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。