News

2009年4月22日(水)

律子役・若林直美さんが電撃にリベンジ! 『アイマスSP』特別企画プロローグ

文:電撃オンライン

『アイドルマスターSP パーフェクトサン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 「人の夢と書いて儚い」。む……、うむむ……、うむむむむ……、書き出しをカッコつけよう! とか思ったんですけど後が続かないので、普通にやりまーす、全国のプロデューサーのみなさーん、トペ・コンヒーロー(あいさつ)! 電撃マ王(『ぷちます!』も載ってるよ)の『アイドルマスター』担当編集兼ライター・イマイチPです。こんにちは(あいさつ)。

 PSP用ソフト『アイマスSP』発売からしばらく経ち、ライブまではもうちょっと日がある、というこの期間も皆さんに『アイマス』で楽しんでもらおうと思い、電撃プロデューサー陣から特別企画をお届け! その名も“秋月律子役・若林直美さんvs電撃プロデューサーズ with ブンケイP オーディション5番勝負!!”です。本企画は、電撃オンライン、電撃プレイステーション Vol.447(4月24日発売)、電撃マ王6月号(4月27日発売)の合同企画。この記事はそのプロローグになります。

『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲電撃マ王2月27日発売号『アイマスSP』付録冊子より。思い出はセピア色に。いや、あのときはまさか、勝てるとは思ってなかったんですよー。えっへへー。それにしても、こういう写真で自分の後頭部見ると、ちょっとヒヤヒヤするよね。うん。

 ことの始まりは2カ月前、電撃マ王2月27日発売号『アイマスSP』付録冊子を作っていた時のこと――。インタビューを終えた私は、無謀にも『アイマスSP』で若林さんにオーディション対戦を挑みました。その様子も付録冊子に収録されているのですが、結果は私の勝利!(わーい) だったのですが、若林さんが昨年結婚されたということで、お祝いとして新色PSPの“律子グリーン”こと“スピリティッド・グリーン”をプレゼントすることに!! と、ここで若林さんから「負けたままでPSPをもらうのは恐縮なので、ぜひリベンジさせてください!」と言っていただけたので、ゲーム発売後のガチデータで再び対戦をすることになりました。

 んで、ただ私と若林さんが再戦するだけでは、おもしろ味に欠けるだろうということで、他の電撃プロデューサー陣も巻き込むことに。今回若林さんと対戦するのは5人の刺客。私イマイチP、電撃プレイステーション記事担当の青毛P&5号P、電撃オンラインのアクティP、『アイマスSP』開発陣からのゲスト・ブンケイPの5人です。若林さんは5人の刺客と1戦ずつ“事務所”モードのオーディションで対戦。読者の皆さんは、すべての記事を読んで、若林さんの戦績(○勝○敗○分)を調べてください。で、正しい戦績を書いて、ハガキをくれた人の中から抽選で若林さんのサイン色紙&グッズをプレゼント(応募の詳細は最後の記事が掲載される電撃マ王4月27日発売号に掲載)。と、いうのが大まかな企画の概要になります。少々ややこしいですが、最後までお付き合いいただければと思います。ぺこり。

 そんなわけで、ここから先は対戦会が始まる数日前の私の悲喜こもごもをお楽しみください。対戦企画には直接関係ないのですが、「小鳥さんのアイドルアルティメイトの解説」同様、読み飛ばさないでいただけるとうれしいですー。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【オーディション5番勝負!! ~旅情編~】

 4月2日、私イマイチPは東京駅から新幹線に乗り込みました。持ち物は若林さんへのプレゼント用のスピリティッド・グリーンとサインペン、そして自前のPSPにカツサンドなどなど……。切符の行き先は新大阪。職場&家にこもりがちの私の傷心旅行……ではなく、『ぷちます!』の明音先生のもとへと旅立ったのです。

 電撃マ王付録冊子にもちょこっと書いたのですが、ただのPSPを若林さんに贈るのもさみしいので、ここは明音先生にサイン&イラストを描いてもらおうと考えた私。もちろん新幹線の車内では『アイマスSP』をプレイ、対戦企画用のキャラクターを育てることにしました。今回私がパートナーに選んだのは、「どたぷ~ん」なお姉さんアイドル・あずささん。Xbox 360版『アイマス』で1度プロデュースを終えている私でしたが、なぜだかあずささんを選んでしまいました。何かこう、私は弱っていたのでしょうか、あずささんの包容力にすべてをゆだねたくなったのです。どたぷーん

『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲明音先生の描くあずささんも、かわいくて大好きですー。それでは皆さんご唱和ください、せーの、「どたぷーん」。

 そんなわけでプロデューススタート。『アイマスSP』から追加されたストーリープロデュースモードでの会話や、朝のあいさつもおもしろく、ニヤニヤしながらプレイを進めます。隣に座ったお姉さんにキモがられても仕方ありません。プロデューサー業は遊びじゃない! 仕事ですから!(キリッ!) ……ニヤニヤ。

 ひとまずレッスン漬けの週が続きます。ビジュアルがよく伸びるあずささん。もとより私は表現力レッスンは得意なので、ビジュアルイメージは心配なかったのですが。一方、あずささんはダンスイメージが伸びにくい&私はダンスレッスン苦手ということで、青い円が広がりません……。そこは愛でカバー! ……えへ、愛なんてちょっと大胆すぎたかな。ニヤニヤ(実際はボイスレッスン多めで対応しました)。

『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲わーい。遠足だー。東京からカツサンドを挟みつつ新大阪へGO! あずささんのプロデュースは、ランクEに上がるところまで進めました。営業のリアクション見たさにリセットしてたら、あまり進まなかったです。

 はーい、新大阪に到着~。ここから明音先生との打ち合わせに……向かう前に、1カ所寄りたい場所が。それは5月のライブツアーの大阪会場となる“なんばHatch”です。新大阪からは、大阪市営御堂筋線で約15分のなんば駅で下車、なんばウォークという地下道をOCAT(高速バスの停留所です)方面に数分歩くと“湊町リバープレイス”に到着です。この湊町リバープレイスという複合イベントスペース内に、なんばHatchはあります。地下道を歩かなくても、もちろんたどり着くことはできますよ。その場合は、円錐(正しくは八角形+円錐?)が逆さに突き刺さったような建物(下に写真載せてます)を目指してください。そこが湊町リバープレイスです。

 来月は、ここがプロデューサーたちの熱気に包まれるのだなぁ(ポワワワ~ン)、と思いながら、なんばHatchをあとに。ちょっと周辺をお散歩ということで、道頓堀の方へ足を伸ばし、かに道楽、グリコのネオンなどを写真に収めてきました。別地方から大阪のライブに足を運ぶ人は、会場周辺のこのあたりを散策してみるのもいいでしょう~。

『アイマスSP』旅情編
▲なんばHatchの入っている複合イベントスペース・湊町リバープレイスを押さえてきました。ちょっと変わった形の建物ですね。
『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲残念ながら“くいだおれ太郎”さんとは会えませんでしたが、たこ焼きを食べてほくほくです。胃腸の調子を整えて、ライブ前にいろいろ食べて見るのも◎かと!

 さて、大阪観光も済ませたので明音先生のもとへ! まぁ、いろいろとご相談をしてきましたよ。『ぷちます!』の単行本のこととか、コミックスのこととか! 1巻のこととか!! そろそろ情報をお届けできそうなのでお楽しみに。他にもいろいろ動かしたいと考えているので、今後とも応援よろしくお願いします! ぺこり。

 うぉっと! もう1つの目的を忘れそうだった。というわけで、「このPSPにイラストとサイン描いてください!!」と、喫茶店でPSPとマジックを取り出す私。明音先生は「こ、ここで…?」的に躊躇(ちゅうちょ)しつつも、キュッキュッキュと律っちゃん&ちっちゃんを描いてくれました~。若林さんにお渡しするものなのですが、私も欲しくなってしまったのは秘密です。ぐぬぬ……。

『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲今回の旅の目的! 左のPSPにキュキュっとちっちゃんを描いてもらいました。おおう……カワイイなぁ。

 その後、明音先生とタコスを食べて打ち合わせは終了。大阪……タコス……??? 「あっという間に1日が経ってしまった……」「遅くまでお疲れ様、それではキミたちのアイドルランク報告だ」と独り言を言いながら、宿泊先へと向かうことに。部屋にこもったら、引き続きあずささんのプロデュースを再開です。旅先でもプロデューサー業は休めません! 仕事ですから!(キリリッ!) ……ニヤニヤ。と、ここでハプニングが。今回はガチ勝負のため「スタイリストとの約束なんてしてるヒマないぜ!」と思っていたら、「ビューティーワークスのRITSUKOですが……」なんていうメールが! これは返信しないとあとが怖い、と思いポチッと約束してしまいました。

 そんなこんなで帰りの新幹線でもプレイを進め、イメージレベル13、アイドルランクCまで進めました。無事に若林さんへのプレゼントも用意でき、あとは2、3日プレイを続けて全イメージをMAXに……するはずだったのですが、対戦当日、私のあずささんはイメージレベル16になっていたものの、ダンス&ビジュアルイメージがMAXになっていなかったのです!

 姉さん! 事件です! というのもですね、あずささんの営業“ある日の風景6”がツボにハマってしまいまして。この破壊力はすさまじいぜ……プロ太郎。その夜に来るメールもすさまじかった……。これはアーケードでプレイしていたらモニターにベーゼ(フランス語でキッスのことさ)をしていたかもしれん(怒られます)! このプロデューサー……何を言っているんだかわからねぇ! という人は、あずささんの“ある日の風景6”を見てみよう。

 えー…結局ですね、何度もリセット&トライを繰り返し、あずささんの反応を楽しんでいたら、対戦会当日になってしまったのですよ! あ、いや、本当は“ある日の風景7”のマッサージも楽しんでしまったり……。うん、事件というか、事故というか、全部私が悪いのよね……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【オーディション5番勝負!! ~プロローグ~】

 トップアイドル……突風アイドル……。さー、そんなわけで、対戦会当日だぜ! 会議室に向かった我々電撃プロデューサー陣を待っていたのは、演劇の役作りのためにキャバ嬢モードになった若林さん(プロデューサー名はなおひろP)。正直、前回のインタビュー時と雰囲気変わりすぎててビビッたぜ! ハッ! 我々の動揺を誘うのも計算のうち? 戦いはもう始まっているというわけか!

『アイマスSP』旅情編 『アイマスSP』旅情編
▲舞台げいこで忙しい中、本企画にお付き合いいただいた若林さん。カールやらネイルやらがまぶしいです! さて! 本気の若林さんを見せていただきましょう!! それにしても、こういう写真で自分の後頭部見ると、ちょっとヒヤ(以下略)

 そして、今回の企画が始まるわけです!(前置きすごく長くなったね、イマイチPはゴメンナサイしようね。……ゴメンナサイ) ここで今回の企画の流れ、ルールをまとめたいと思います。

【若林さんとの対戦は全5戦、3媒体でその結果を掲載!】

 第1戦 なおひろP vs アクティP(電撃オンライン代表)
  は、23日に電撃オンラインで掲載!

 第2戦 なおひろP vs 青毛P(電撃プレイステーション代表)
 第3戦 なおひろP vs 5号P(電撃プレイステーション代表)
  は、24日発売の電撃PS Vol.447で掲載!

 第4戦 なおひろP vs ブンケイP(『アイマスSP』開発陣代表)
 第5戦 なおひろP vs イマイチP(電撃マ王代表)
  は、27日発売の電撃マ王6月号で掲載!



【ルールはガチ! 本気の対戦!!】

 オーディションは“IDOL VISION”の合格枠2つを使用
 イメージレベル、衣装、アクセサリー、曲などは自由
 獲得した☆の数で勝負! 同数の場合は引き分けとする



【読者の皆さんにはプレゼントが!!】

 3媒体に掲載される、全5戦の若林さんの戦績(○勝○敗○分)を調べて
 27日発売の電撃マ王6月号に掲載される、プレゼント応募方法をチェック!
 正解者の中から抽選で若林さんのサインが当たる!


 それでは長くなりましたが、この後は電撃オンラインに4月23日掲載予定のアクティPの記事に続きます! 本気の若林さんに、電撃プロデューサー陣はどう立ち向かうのか!? 乞うご期待!(イマイチP)

(C)窪岡俊之 (C)2003-2009 NBGI
PROJECT IM@S

データ

▼『アイドルマスターSP パーフェクトサン』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年2月19日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP パーフェクトサン』の購入はこちら
Amazon
▼『アイドルマスターSP ワンダリングスター』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年2月19日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP ワンダリングスター』の購入はこちら
Amazon
▼『アイドルマスターSP ミッシングムーン』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年2月19日
■価格:5,040円(税込)
 
■『アイドルマスターSP ミッシングムーン』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページ開設!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。