News

2009年6月13日(土)

PSPでも操作性は大丈夫! 『アーマード・コア3 ポータブル』体験会レポート

文:電撃オンライン

『アーマード・コア3 ポータブル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『アーマード・コア3 ポータブル』

 フロム・ソフトウェアは、7月30日発売のPSP用ソフト『アーマード・コア3 ポータブル』のオフィシャルサポーター限定先行体験会イベントを本日6月13日に同本社で開催した。

 本作は、2002年にPS2で発売された人気メカカスタマイズACT『アーマード・コア3(以下、AC3)』のPSPリメイク版。『AC3』以前のシリーズ作品の人気パーツが復刻して収録される他、アドホック通信対応による最大4人での対戦や、メニュー周りのインターフェース改善など、新要素が多数搭載される。PS2とはキー配置のまったく異なるPSP向けに、キーアサインもフルカスタマイズで可能だ。

『アーマード・コア』とは?
『AC3』について概要をもっと知りたい
という方は4月24日の記事をチェック!

 アーマード・コア オフィシャルサポーター2009会員限定の体験会として、開催された本日のイベント。会場には熱いファンたちが駆けつけ、体験プレイと互いの意見交換を楽しんでいる様子がうかがえた。

『アーマード・コア3 ポータブル』 『アーマード・コア3 ポータブル』
『アーマード・コア3 ポータブル』 『アーマード・コア3 ポータブル』 『アーマード・コア3 ポータブル』 『アーマード・コア3 ポータブル』
▲プレイできたのは、用意された5種類の機体から1機を選んでミッションに挑む試遊台と、機体アセンブル(機体の組み立て)やキーアサインを体験できた試遊台。PS2版のプレイ経験がある人がほとんどであったため、多くの人がその違いを気にしながらプレイしていたようだ。

 PS2版のユーザーだった人にとって、もっとも気になるポイントの1つが、PSPでの操作性だろう。そこで、実際にプレイをしたサポーターに話を聞いてみると、多くの人が「思っていたより操作性がよく、慣れれば普通にプレイできそう」との答えだった。キーの減少や配置の違いによる操作性の違いは、キーアサインで自分に遊びやすい割り振りをすることで解消できると考えているようだ。

 また、『アーマード・コア』の醍醐味である対戦プレイについても、PSPのアドホック機能で場所を選ばず顔を合わせて対戦できることを喜んでいるサポーターが見受けられた。PS2版の画面分割対戦に不満を感じていた人や、そもそも対戦の場を作りづらいと感じていた人たちも多く、PSP版での対戦を「機会があれば積極的にしたい」と話す声も少なくなかった。

『アーマード・コア3 ポータブル』
▲会場には、上の写真のようなメモを作ってキーアサインの研究をするサポーターも。今回は、対戦プレイはできなかったのだが、ズバリ「PSP版で『アーマード・コア』として対戦することは可能か?」を聞いてみたところ、「可能だと思う」との返答が得られた。

 画面比率が16:9で横長になったことで、「相手をとらえやすくなった」という話も多く聞けた。相手を画面内にとらえることは、『アーマード・コア』を遊ぶ上での基本であり、奥深さでもあるだけに、この変更は対戦に影響をもたらすかもしれない。また、ブレード使いにとって気になる“ブレードホーミング”については、「『AC3』と同じ」とのことだ。ロード時間についても、「PS2版と比べて、特に苦痛とは感じない長さ」だと答える人が多かった。

『アーマード・コア3 ポータブル』

 ちなみに、電撃PlayStationのライターであるJが会場にいたので、PSP版の機体アセンブルについて少し話を聞いてみた。『AC3』以前の作品からパーツが再収録されるPSP版だが、これについては、さまざまなシリーズから万遍なくパーツが登場しているように見受けられたとのこと(もちろん、体験会で明かされた範囲でだが)。変更されたアセンブルの画面も、パーツ名がずらっと並ぶリスト上に、パーツのビジュアルが表示されるようになったため、アセンブルしやすくなったという。パーツ名の下には、そのパーツを使用した機体の番号も表示されるので、複数の機体を組み上げた時に管理がしやすくなっているようだ。

 さらにJが評価していたのは、PSP版であれば本体を持ち寄って、ちょっとした時間でも機体を見せ合って仲間と話ができる点。自分の理想とする機体を組み上げるため、アセンブルについて仲間とあれこれ話をするのも『アーマード・コア』の醍醐味の1つだ。話だけより実際に機体を見られたほうがいいのは当然で、場所を選ばずに盛り上がれるのをPSP版の魅力と感じていたよう。その他のプレイも含めて、7月10日発売の電撃PlayStationにJの感想が詳しく載る予定なので、この記事を読んだ人はそちらもぜひチェックしてほしい。

『アーマード・コア3 ポータブル』
▲サポーターたちの熱気に浮かされ、昔を思い出して興奮気味だったJ。熱い記事が期待できるに違いない!

 なお、会場の広報さんに話を聞いたところ、今回の体験会イベントで出た意見は、データの引き継げる『アーマード・コア サイレントライン ポータブル』(2009年11月発売予定)や、『アーマード・コア ラストレイヴン ポータブル』(2010年3月発売予定)に可能な限りフィードバックするとのこと。続く2作については、さらなる遊びやすさが期待できそうだ。

※画面は開発中のものです。
(C) 1997-2009 FromSoftware, Inc. All rights reserved.

データ

▼『アーマード・コア3 ポータブル』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2009年7月30日
■価格:3,990円(税込)
 
■『アーマード・コア3 ポータブル』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。