News

2009年7月10日(金)

危ない部位を守れ! 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』戦闘システム

文:電撃オンライン

『クイーンズブレイド スパイラルカオス(激闘パック)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスは、12月17日に発売するPSP用ソフト『クイーンズブレイド スパイラルカオス』の新情報を公開した。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』

 本作は、ホビージャパンから刊行され、TVアニメ第2期の製作が決定した対戦型ビジュアルブック『クイーンズブレイド』シリーズを題材にしたS・RPG。TVアニメにも登場するセクシーな19人の美闘士たちが、あられもない姿で熱いバトルを繰り広げる。第5報となる今回は、本作のバトルシステムなどを紹介する。

■ バトルシステム ■

●各キャラクターには属性が!

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』

 本作には、強・美・優の3種類の属性があり、それぞれ、“強→美”、“美→優”、“優→強”に対して有利に働く。属性が有利な場合、攻撃時のダメージにプラスの補正が付き、逆に属性が不利な相手に攻撃する場合は、ダメージにマイナスの補正が付く。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲写真は、こちらから攻撃する場合のダメージ比較画面。上段が【山賊“美”<キュート“強”】の場合。下段が【オーガー“優”>キュート“強”】の場合だ。与えるダメージが変化しているのがわかる。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲同様に、攻撃を受けた場合の比較画像。上段が【オーガー“優”>キュート“強”】の場合、下段が【オーガー“優”<トモエ“美”】の場合だ。なお、比較画像内のキャラクターの防御値はすべて同じ値に設定されている。

●攻撃時のポイントを紹介!

 攻撃は“闘気(ブレイブ)ゲージ”のパーセンテージに応じて、ダメージと命中値に補正が付く。闘気ゲージは、攻撃を行った、ダメージを受けた、部位を破壊した、部位が破壊された、という4つの場合に少しずつ上昇する。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲画面右上に表示されているのが闘気ゲージ。画像左は0%の状態、画像右は100%の状態だ。このように、闘気ゲージのパーセンテージに応じて補正が掛かる。

 さらに、攻撃時に2つ以上の技を設定し、連続攻撃を繰り出す“コンボ”を使うことで、より大きなダメージを与えられる。コンボに組み込む攻撃は、各キャラクターが持つ最大コンボ数以内でなら自由に設定可能。威力の高い技ばかりでコンボを組むこともできるが、同じ技を連続で繰り出すと、消費APが上がり、命中率が下がるといったデメリットも存在する。APについては、過去の記事を参照してほしい。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲画像は、トモエがイルマに蹴り技から刀攻撃のコンボを繰り出しているところ。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲こちらはローパー対キュート。スラッシュ→まじかるハンマーへのコンボ攻撃だ。

●防御時のポイントを紹介!

 本作には、特定の部位を攻撃するとその部位が破壊され、弱点になってしまうシステムがあることは既報の通り。防御時には、これらの部位(頭・胸・腕・腰・脚)のどれかをピンポイントでガードするコマンド“部位防御”が選択できる。

 この部位防御を行うと、防御した部位へのダメージが軽減される。防御しなかった部位については通常通りのダメージが入るので、破壊されかけている部位がある場合に選択しよう。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲画像右が、部位防御を行っている場面。画面下に、防御している部位が表示されている。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲画面右下の“胸”の数値に注目。部位防御を行った場合(画像左)と、部位防御を行わなかった場合(画像右)とでは、受けるダメージに大きく差が出ていることがわかる。

■ 新たな敵キャラクターが判明! ■

 以前公開したドーラに続き、新たな敵キャラクター・ラミカが公開された。

●吸血姫 ラミカ

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』

「闇にのまれて朽ち果てなさい!」

 クイーンズブレイドの世界とは違う次元から現れた吸血姫。“魔術師 ドーラ”と同様に、何者かの指示により世界に混沌をもたらそうとしている。吸血一族の末裔(まつえい)で、プライドは非常に高い。年齢は1万歳を超えているのだが、精神年齢が低くドーラには子ども扱いされてしまう。本人的には、かなりできる方だと思っているのだが、浅はかな作戦と詰めの甘さが目立ってしまう。同僚なのか相方なのかわからないが、ドーラとは仲が悪く、なんとか脚を引っ張って自分を優位に見せようと頑張っている。背中の翼を変化させ、時には蝙蝠(こうもり)、時には刀、時にはハンマーなどさまざまな攻撃を行う。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲カットインとともに、美闘士たちに攻撃を仕掛けてくるラミカ。背中の翼を変化させ、刀やハンマーで美闘士を攻撃する。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲ドーラとの会話シーン。ラミカは、執ように美闘士たちを狙う。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲レイナと対峙するラミカ。敵キャラクター同士でも、特定の組み合わせに友好値が設定されているようだが……?

■ 原作&TVアニメ登場キャラクター紹介 ■

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』

●牙の暗殺者 イルマ

「任務、承知いたしました。女王陛下」

 現女王直属の暗殺部隊“牙の暗殺団”に所属するイルマは、任務を着実にこなしてきた冷酷な殺人者であるが、その存在を知る者は少ない。彼女の任務のターゲットとなって生き残っている者がいないことと、普段は街のスラム街で目立たない清掃員として働いていることがその理由だ。彼女の過去について知る者はもっと少ない。それを語るような気のおけない仲間は、彼女にはいないのだ。イルマがクイーンズブレイドに参加した理由は明白。女王の命を受け、現体制の描くシナリオに都合の悪い参加者を合法的に抹殺するためだ。普段めったに感情を表さない彼女であるが、今回の任務ではいつになく眼に闘志をうかがわせている。その理由は彼女以外に知る由もない。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲レイナとの会話シーン。レイナたちに攻撃を仕掛けてきているようだが……。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲剣とダガーを武器に、素早い動きで攻撃を仕掛けるイルマ。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』

●逢魔の女王 アルドラ

「余に楯突く、愚か者よ。永遠に闘技場を飾り続ける石像と化すがよい!」

 クイーンズブレイド過去2連続制覇の現女王。地上の最高宗教指導者である教王と冥界の魔王の娘の間に生まれた、呪われしハーフデーモンである。8年前に持ち前の召喚能力で呼び出した冥界の悪鬼デルモアと取引して、人智を超えた“石化邪眼”や“肉裂秘剣”などのさらなる強大な力を得た。肉体の成長はその時から止まっている。

 女王となった後は直轄の軍事力と暗殺団を強化し、力と恐怖で反対勢力を潰していく恐王となった。一方で、自らの強大な力が完全に解き放たれることを恐れ、自分の左腕を封印した。

 幼いころ、放浪の生活を経験しており、その時に生き別れになった妹がアルドラのすべてである。妹を探し出し、何不自由ない生活をさせたい一心で女王となったのだ。だが、国中を調べさせても、妹の手がかりはない。宮廷魔術師たちは妹の死亡を予測しているが、それが判明したら女王がどのような凶行におよぶかわからないため、時間を稼ぎながら女王が次の闘技会で敗れることを待ち望んでいるという。

『クイーンズブレイド スパイラルカオス』 『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
▲クイーンズブレイドの世界とは違う次元から現れた何者かについて、アルドラも気になっている様子だ。

(C)2009 HobbyJAPAN/QUEEN'S BLADE PARTNERS
(C)2009 NBGI

■TVアニメ『クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者』
【放送・配信】AT-X、UHF局、YouTube内“メディアファクトリーTV”他Webサイト、ケータイ用サイト“メディファク☆モバイル”
【放送・配信開始時期】2009年10月予定

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:HobbyJAPAN
 監督:よしもときんじ
 シリーズ構成:吉岡たかを
 脚本:吉岡たかを・竹内利光・佐藤拓・伊藤美智子
 キャラクターデザイン:りんしん
 デザイン補佐:野口孝行
 総作画監督:りんしん・野口孝行・石橋有希子
 美術監督:東潤一
 色彩設計:よしもときんじ・松原貞姫
 撮影監督:池上伸治
 編集:田熊純
 音響監督:明田川仁
 音響制作:マジックカプセル
 音楽:横山克
 音楽制作:メディアファクトリー
 プロデュース:GENCO
 制作:アームス
 製作:クイーンズブレイドパートナーズ

【キャスト】(※敬称略)
 流浪の戦士 レイナ:川澄綾子
 雷雲の将 クローデット:田中敦子
 近衛隊長 エリナ:水橋かおり
 武者巫女 トモエ:能登麻美子
 荒野の義賊 リスティ:甲斐田裕子
 元・甲魔忍軍頭領 シズカ:生天目仁美
 光明の天使 ナナエル:平野綾
 千変の刺客 メローナ:釘宮理恵
 古代の王女 メナス:後藤邑子
 冥土へ誘うもの アイリ:伊藤かな恵
 歴戦の傭兵 エキドナ:甲斐田ゆき
 逢魔の女王 アルドラ:竹内美優
 森の番人 ノワ:高橋美佳子
 戦闘教官 アレイン:喜多村英梨
 鋼鉄姫 ユーミル:斎藤彩夏
 武器屋 カトレア:柚木涼香
 牙の暗殺者 イルマ:鹿野優以
 炎の使い手 ニクス:田中理恵
 帝都の聖女 メルファ:大原さやか

データ

▼『クイーンズブレイド スパイラルカオス』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2009年12月17日
■価格:通常版 6,090円(税込)/激闘パック 10,290円(税込)
 
■『クイーンズブレイド スパイラルカオス』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『クイーンズブレイド スパイラルカオス』激闘パックの購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。