News

2009年7月31日(金)

殺るか殺られるかの麻雀勝負がPSPに! 『ひぐらしの哭く頃に 雀』11月発売

文:電撃オンライン

『ひぐらしの哭く頃に 雀』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 AQインタラクティブは、PSP用TBL『ひぐらしのく頃に 雀』を、11月12日に発売する。価格は通常版が6,090円(税込)で、限定版が9,240円(税込)。

『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』

 本作は、大人気作品『ひぐらしのく頃に』を題材にした麻雀ゲームで、この7月よりアミューズメント施設で稼働中の同名アーケードゲームをPSPに移植したもの。原作者・竜騎士07さんが監修した新シナリオをベースに、ゲームオリジナルのストーリーが展開する。アーケード版で人気を博している“オヤシロモード”と“部活モード”をアレンジし収録しているだけでなく、PSPオリジナルモードも追加されているという。本作の特徴について、項目ごとに紹介していく。

●オリジナルモードを収録! 大ボリュームのゲーム内容

 上記のように、本作では3つのモードを楽しめる。“オヤシロモード”は、圭一が雛見沢(ひなみさわ)をめぐり、勝ち抜き麻雀勝負を挑むというもので、“部活モード”は好きな組み合わせで東南戦を遊ぶもの。そして新たに完全新作シナリオによるオリジナルモードが追加された。さらにオリジナルキャストがフルボイスでしゃべりまくるイベントシーンやボイスなどを楽しめるキャラリーモードも実装。オリジナル要素盛りだくさんの内容となっている。

『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
主人公の圭一が、雛見沢症候群を発症したキャラクターたちと、命がけの麻雀バトルを繰り広げていく戦慄のオヤシロモード。このモードでは原作同様、テキストでイベントが展開する。猟奇的な性格となったキャラクターと繰り広げる麻雀バトルを、勝ち抜け!
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
部活モードでは、プレイヤーのキャラクターや対戦相手を自由に選んで、フリー対局を楽しめる。部活モードならではの、ど派手で楽しい演出が、次から次へと繰り広げられる。
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
麻雀バトルに勝利すると、お待ちかねのご褒美タイム! キャラクターたちがさまざまなコスチュームを身にまとって、プレイヤーを楽しませてくれる。
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
オリジナルモードでは、描きおろしデザインのちびキャラたちが、いきいきと動き回る。竜騎士07さんが監修した、愛と爆笑のオリジナルストーリーとイカサマ麻雀システムを体感できる本モードの詳細な情報については、次の機会に紹介する。

●悟史バット炸裂!? イカサマ麻雀が復活

 本作で繰り広げられる麻雀は、ただの麻雀ではない。アミューズメント施設伝統の2人打ちイカサマ麻雀のシステムを搭載しているのだ。おなじみのリーチ一発ワザやロン無効、ツミコミを駆使して、豪快に麻雀勝負を勝ち抜いていこう。

『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
イカサマが発動すると、圭一の悟史バットや魅音の2丁拳銃などのアニメーションで炸裂。おなじみのシーンがダイナミックに展開していく。

●フルボイスでアニメーションの演出もさらに強化

 アーケード版で、動画枚数5,000枚を超えるアニメーションを実装した『ひぐらしのく頃に 雀』。そのクオリティと物量は麻雀ゲームの常識を超えるものだったが、PSP版では更にアニメーションを追加し、動画枚数は7,000枚にも達しているという。イカサマシーンでの演出はもちろん、牌を積もる動きからちょっとした待機モーションまで、細かなアニメーションパターンが存在。更に移植に際して、イベントシーンでのキャラクターも多数追加されており、フルボイスの会話演出も強化されている。

『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
必殺ワザなどの大きな動きのあるアニメーションはもちろん、待機中のちょっとした髪の動きや、麻雀シーンで見せる表情なども細かく用意されている。まるでキャラクターたちと本当に麻雀を打っているような気持ちにさせ、ゲームの世界へ引き込んでいく。

●豪華声優が演じるキャラクターたち

 本作ではシリーズのイメージを踏襲しつつ、麻雀シーンにマッチした、オリジナルのキャラクターデザインを採用している。キャラクターデザインを担当したのは、さまざまな人気アニメで作画を手がけてきた嘉手苅睦(かでかるちかし)さん。キャラクターボイスには、豪華声優陣を起用しており、おなじみのセリフやキャラクターボイスが、麻雀バトルをさらに熱く彩る。

前原圭一(CV:保志総一郎)竜宮レナ(CV:中原麻衣)
最近、都会から雛見沢に引っ越してきた。都会の学校では成績優秀だったらしく頭の回転は早いが、ツメが甘くひどい目にあうことも。口が非常に達者で、“口先の魔術師”の二つ名を持つ。その話術は麻雀でも生きるか?献身的な性格で、毎朝一緒に学校に通うなど、圭一とは一番の仲よし。本名は礼奈(れいな)だが、本人の希望でレナと呼ばれている。トロンとした見かけによらず、鋭い洞察力があり、その力は麻雀でもいかんなく発揮されるだろう。
園崎魅音(CV:雪野五月)園崎詩音(CV:雪野五月)
圭一やレナの1つ上の学年であり、クラスでは委員長を務めている。少々おじさんっぽい時もあるが、意外と女の子らしい一面もあわせもっているとか。部活と称し、圭一たちとさまざまな遊びで盛り上がることを放課後の日課としている。麻雀もその1つで、勝つためには手段を選ばない。魅音の双子の妹で、外見は瓜二つ。興宮にあるファミレス・エンジェルモートでウェイトレスのアルバイトをしている。お嬢様っぽい印象とは裏腹に、魅音を手ごまにとるなど、姉に負けず劣らずの曲者。初心者のフリをしながらダマテンを作る腹黒さを持つ。
北条沙都子(CV:かないみか)古手梨花 (CV:田村ゆかり)
圭一やレナの下級生で、雛見沢随一のトラップの名手。その才能は部活でも遺憾なく発揮され、魅音すら恐れるほど。負けず嫌いで、ヘンなお嬢様口調でしゃべる。麻雀では相手を惑わせる捨て牌で役作りを読ませない。古手神社の一人娘。子猫のような愛くるしさを持ち、いつも周囲を和ませる。年齢に似合わぬ冷静さとミステリアスさを兼ねそなえた女の子で、自分のことを「ボク」と呼ぶ。同い年の沙都子と同じ家で生活し、一緒にいることが多い。麻雀の腕は低いがツキが異常にいい。

●レナと魅音をお持ち帰り!? 豪華限定版の情報

 通常版に加えて、限定版が発売決定。豪華BOXには、特大サイズのレナと魅音の抱き枕カバーが同梱されている。他にもドラマCDや設定資料集などを楽しめ、ゲーム本編同様に盛りだくさんの大ボリュームとなっている。

<限定版同梱物>
・限定版オリジナルBOX
・抱き枕カバー(150cm×50cm)
・オリジナルドラマCD
・設定資料集

『ひぐらしの哭く頃に 雀』 『ひぐらしの哭く頃に 雀』
両面にレナと魅音がプリントされた抱き枕カバーのデザインがこちら。なお、画像はイメージとなっている。

●次の部活の場所は……東京ビッグサイト? コミックマーケット76に出展!

 8月14日~16日、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット76に『ひぐらしのく頃に 雀』ブースが出展。今明らかになっているのは、ブースNo.316ということだけだが、オリジナルグッズが販売されるようなので、楽しみにしておこう。

(C)竜騎士07 /07th Expansion/ (C)2009 AQ INTERACTIVE INC.
※画像は開発中のもの。

■コミックマーケット76概要
【開催日時】
 2009年8月14日~15日 各日10:00~17:00
 2009年8月16日 10:00~16:00
【開催会場】東京ビッグサイト(東京都江東区有明)

データ

▼『ひぐらしの哭く頃に 雀』
■メーカー:AQインタラクティブ
■対応機種:PSP
■ジャンル:TBL
■発売日:2009年11月12日
■価格:通常版 6,090円(税込)/限定版 9,240円(税込)
 
■『ひぐらしの哭く頃に 雀』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『ひぐらしの哭く頃に 雀』限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。