News

2009年8月3日(月)

協力プレイも確認! 今冬発売の『FFCC クリスタルベアラー』モニター会レポート

文:電撃オンライン

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスは、今冬発売予定のWii用ソフト『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー(以下、FFCC クリスタルベアラー)』のモニター会を実施した。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』

 『FFCC クリスタルベアラー』は、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』シリーズの最新作でありながら、これまでとは一線を画した独自の世界観が魅力の作品。プレイヤーは、引力を自在に操る特殊能力の持ち主・レイルを操作し、物語を進めていく。この能力はストーリーだけでなく、ゲームシステムにも大きくかかわってくるという。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
魔法を操る異端の能力者・クリスタルベアラー。彼らは、力に溺れることが多かったため、人々から恐れられ、敬遠されている。

 モニター会は、スクウェア・エニックス メンバーズ会員の希望者から抽選で選ばれた人を対象に、同社本社で行われた。イベントには、河津秋敏プロデューサーや板鼻利幸ディレクターが参加し、モニター参加者にアドバイスを送ったり、リサーチをするなどしてコミュニケーションを取っていた。

 今回、モニター会の最初に、Wiiリモコンとヌンチャクの操作についてのみ説明があったが、ゲームシステムや細かいアナウンスについては行われなかった。河津プロデューサーが「逆にどこで詰まったかを見てみたい」と話したことから、開発スタッフとして、ユーザーがどこに手ごたえを感じるかを楽しみにしているようであった。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
集ったスクウェア・エニックス メンバーズ会員を前に、簡単な操作方法について説明する河津プロデューサー。参加者の中には、Wiiをこれまで触ったことがないという人もいたが、大きな混乱は見られず、スムーズにプレイしていた。

 先ほど述べたように、プレイヤーはレイルの持つ能力を使い、フィールド探索やバトルを行う。目の前にあるものを能力で動かしたり、時には目的物にぶつけたり、魔物同士をぶつけてダメージを与えたりと、その用途はさまざまだ。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
いくつかの場面で、とまどうユーザーの姿も見られた。しかし、周りの人やスタッフからアドバイスをもらったり、2度、3度と挑戦し、乗り越えていた様子。何度も挑戦して、やっとクリアした際には「やった~~!」という歓声が上がると同時に、スタッフから拍手が巻き起こっていた。
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
途中の休憩時間では、河津プロデューサーと板鼻ディレクターが協力プレイの様子を披露。逃げるフェレットを捕まえるシーンでは、声をかけあってプレイしていたが、最後の最後で横にいた無関係の人を捕まえてしまい、笑いを誘うシーンも。とはいえ、そのすぐ後には、フェレットを捕まえ「うまい人が、プレイに慣れていない人を引っ張る感じです。お父さんよりも子どものほうがうまいと思うので」と、河津プロデューサーは笑顔で説明した。ユーザーの多くがやり直していた場面の1つが、チョコボに乗った兵から逃げるシーン。この場面も河津プロデューサーと板鼻ディレクターによるデモンストレーションが行われた。ノーダメージでクリア……というわけにはいかなかったが、1回で見事にクリアし、協力する楽しさ、大事さをアピール。本作は、どんなシーンでも2人でプレイすることが可能な設計にしてあるとか。普段からアクション要素の強いゲームが苦手という人も、他の人と一緒にプレイして楽しめるようだ。
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
アクションして、そのリアクションを楽しむという印象を受けた本作。たとえば、キラーハウンズという魔物は、普段はプレイヤーに攻撃をしかけてくるが、ある物体を持っている間は、攻撃してこない。それどころか、なついてくるので、それを利用すれば無傷で先に進めるのだ。というように、その場にあるものを活用したり、仕掛けを解いていくおもしろさを体感できるようなゲームに仕上がっているようであった。
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
最後は、参加者と河津プロデューサーと板鼻ディレクターを交えて記念撮影も。ユーザーから集った意見をまとめ、今冬発売に向けて、より作品をブラッシュアップしていくとのことだ。

(C) SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Toshiyuki Itahana

データ

▼『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Wii
■ジャンル:A・AVG
■発売日:今冬発売予定
■価格:未定
 
■『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月13日~09月19日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。