News

2009年8月5日(水)

黒田官兵衛、甲斐姫、加藤清正も新たに登場! 『戦国無双3』の発売は11月!!

文:電撃オンライン

『戦国無双3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 本日8月5日、コーエーがWii用ソフト『戦国無双3』の発表会を都内で開催した。

『戦国無双3』 『戦国無双3』 『戦国無双3』

 『戦国無双3』は、“一騎当千の爽快感”をコンセプトとした同社の人気ACT『戦国無双』シリーズの最新作。これまでWiiで発売することのみ明かされていたが、会場で“影技”や“無双奥義・皆伝”といった新アクション、シリーズ最多の35人以上のキャラクターが収録されることが発表され、“シリーズ最高作”になることの自信を同社もうかがわせていた。

『戦国無双3』
▲松原健二氏
『戦国無双3』
▲杉山芳樹氏

 ゲームの内容紹介に先駆け、登壇したコーエーテクモホールディングスの代表取締役・松原健二氏は、「コーエーとテクモが4月に経営統合を果たし、その年に出る『戦国無双3』は、会社にとって大変重い意味を持っていると思います」と会社が一丸となって『戦国無双3』を制作していることをアピールした。

 続いて登壇した、プロデューサーの鯉沼久史氏と並んでシリーズ生みの親であるコーエー専務取締役執行役員の杉山芳樹氏は、『戦国無双3』のプラットフォームとしてWiiを選んだ2つの理由を挙げた。1つは「現行の据え置きハード3機種において、Wiiが一番普及台数を伸ばしていること」で、もう1つは「開発の現場からWiiで作りたいという要望があったから」であるという。さらに杉山氏は、「この後、『3』だけではなく、『4』、『5』、『6』と長く『戦国無双』シリーズを続けて行きたいと思っております。その中で、ユーザーの皆さんにWiiを代表するタイトルは何ですか? と質問した時に、『戦国無双』ですと言っていただけるよう、このタイトルを育成していただきたいと思っております」と抱負を述べた。

 その『戦国無双3』の特徴は、プロデューサーの鯉沼氏によれば3つの柱となるポイントがあるという。1つ目の特徴が、「シリーズ最高の爽快アクション」で、最初に触れた“影技”や“無双奥義・皆伝”といった新アクションの追加がある。“影技”は、攻撃をヒットさせるとたまる練技ゲージを消費して、簡単に華麗な連続攻撃を繰り出せるアクション。“無双奥義・皆伝”は、従来の無双奥義をさらに超える必殺技で、よりド派手なアクション、大きなダメージが炸裂する。

『戦国無双3』 『戦国無双3』 『戦国無双3』
『戦国無双3』 『戦国無双3』

 2つ目の特徴として挙げられたのが、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康にスポットを当てた「戦国の三傑ストーリー(天下人)」と、武田信玄、上杉謙信らによる「関東三国志(戦国前期)」、加藤清正、石田三成、直江兼続、真田幸村らによる「関ヶ原若武者ストーリー(戦国後期)」という3つの切り口から描かれるキャラクターたちの“絆”を描いたドラマだ。特に今作では、戦国時代の一時期を取り出して物語を描くのではなく、戦国時代全般を背景としたストーリーが展開するという。

 3つ目の特徴となるのは、シリーズ最多の登場キャラクター数。『戦国無双3』でのプレイキャラクターは35人以上となり、新キャラクターとして黒田官兵衛、甲斐姫、加藤清正の3人が登場することも明らかにされた。また従来のキャラクターについてもデザインとアクションが一新され、新たな『戦国無双』を体験できるようになる。

『戦国無双3』 『戦国無双3』
『戦国無双3』 『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲左から、黒田官兵衛、甲斐姫、加藤清正の3人。史実では秀吉の参謀役でありながら、実力ゆえの高い野心を警戒されて疎まれていた黒田官兵衛。鯉沼氏も、彼のドラマには注目してほしいとのこと。

 さらに、『戦国無双』と『謎の村雨城』がコラボレーションしたモードが収録されることも発表された。ステージには、『謎の村雨城』を制作した任天堂の専務取締役・宮本茂氏も登壇。当時のエピソードを鯉沼氏より尋ねられた宮本氏は、アニメーション会社と一緒に作った『謎の村雨城』は、非常にいい絵が上がってきたのだが、8ビットマシンではそれを生かしきることができず苦心したことを明かした。悩んだ末に宮本氏は、鷹丸が刀を振る演出や、ふすまが開く演出に力を注ぎ、かっこよさや雰囲気を表現したそうだ。モードの細かな内容については、今後明かされ次第お伝えしていく。

『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲1986年4月14日にファミコンのディスクシステムで登場した『謎の村雨城』。ディスクシステムには、FM音源に近い新たな音源が搭載され、それを用いて生の三味線と尺八の音を採り入れたのは、宮本氏にとって思い出深い話だという。

 ゲームシステムに関する発表は以上であったが、『無双』シリーズといえばアーティストとのタイアップも気になる情報の1つ。その発表でステージに登場したのは、大河ドラマ『風林火山』で上杉謙信を演じたことでも知られるGACKTさんだ。GACKTさんを起用したことについて、鯉沼氏は「(『戦国無双3』を)シリーズ最高の作品に位置づけておりますので、プロモーションについても大きな取り組みが必要だと感じました。戦国時代を愛していている方にお願いしたいと思っていたので、ダメもとでGACKTさんにお願いしたら快諾していただけました」と話す。これに対してGACKTさんも、「単純に楽曲を提供するだけでなく、ともに作品を作っていくという姿勢で構わないのであれば、引き受けますという形で鯉沼さんや制作の方々に承諾いただきました」と語っていた。

 戦国時代を好きなアーティストということでタイアップを果たしたGACKTさんだが、「好きな武将は?」という問いには、自身の演じた上杉謙信をはじめ、織田信長、前田慶次といった名前が挙がった。特に上杉謙信について魅力を尋ねられると、「彼に惹かれるところは、圧倒的なカリスマ性。乱世の中でも義を通す、私利私欲では戦わない類稀なる武将という気質が好き」とのこと。

『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲ちなみに、会場では楽曲の披露も成された。非常にハイスピードな曲で、映像のスピード感ともぴったり合っていた曲のテーマは、「いったい自分がなんのためにここにいて、なんのために戦っているのか」。「あとスピード感を出したいのがあったので、非常に速く激しく作っています。正直、カラオケでは歌えないなと思ったんですけど(笑)」とも話していた。

 以上の注目要素を採り入れた『戦国無双3』の発売は、2009年11月予定になることが発表された。9月に開催される東京ゲームショウ2009にプレイアブル出展されるので、気になる人は東京ゲームショウへ足を運んでみてはいかがだろうか。なお、クラシックコントローラPROを同梱した『クラシックコントローラPROセット』と、これにサントラCDや甲斐姫のフィギュアなど各種グッズを同梱した『TREASURE BOX』の発売も決定している。

『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲会場には、歴ドル(歴史アイドル)の美甘子さん(左)と小日向えりさん(右)も駆けつけた。「歴ーっしゅ!」というおなじみのあいさつで登場した2人は、ディレクターの遠藤融さんによるプレイを観戦。大筒で城壁を壊したり、黒田官兵衛が真田幸村を倒したプレイに、大興奮の様子だった。
『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲2人の衣装は、美甘子さんが阿国、小日向さんがお市のもの。背後にまでこだわったデザインに大喜びの2人だったが、小日向さんは「着るのに40分かかりました」とも。ゲームについても、「(『戦国無双』シリーズの物語は)史実に基づいた部分が結構あるのがうれしい(美甘子さん)」、「(『戦国無双3』が出たら)食べるのも寝るのも忘れてやってしまいますね(小日向さん)」と、それぞれ期待を寄せていた。
『戦国無双3』 『戦国無双3』
▲フォトセッションの様子。

(C) KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

データ

▼『戦国無双3』
■メーカー:コーエー
■対応機種:Wii
■ジャンル:ACT
■発売日:2009年11月予定
■価格:通常版 7,140円(税込)/クラシックコントローラPROセット、TREASURE BOX 未定
 
■『戦国無双3』通常版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 10月24日~10月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。