News

2009年8月11日(火)

テレビ東京×アニプレックスの新プロジェクト“アニメノチカラ”を発表!

文:電撃オンライン

 テレビ東京とアニプレックスによる共同プロジェクト“アニメノチカラ”の関係者向け発表会が、本日8月11日に都内で行われた。

 “アニメノチカラ”は、アニメーションの作り手が持つ“熱”と“想い”を実現するステージを用意し、多くの人に見てもらうことをコンセプトに、オリジナルのアニメ作品を制作・放送するプロジェクト。本日の発表会では、本プロジェクトについての説明と、2010年から放送される3作品の紹介が行われた。発表されたアニメ作品は、2010年1月放送スタートの『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』、2010年放送の『財団法人 オカルトデザイナー学院』、『閃光のナイトレイド』の3作。制作は、すべてA-1 Picturesが担当する。発表会の模様をお伝えするのでご覧いただきたい。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲画像左から、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』、『財団法人 オカルトデザイナー学院』、『閃光のナイトレイド』のメインビジュアル。

 発表会では、まずテレビ東京のアニメ局局長・田村明彦氏が登壇。本プロジェクトを発足するに至った経緯などを説明した。続いてアニプレックス代表取締役社長・夏目公一朗氏が壇上に上がり、“アニメノチカラ”への想いなどを語った。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲「このたび、アニプレックスさんからこの画期的なご提案をいただきました。新しいムーブメントを生み出し、文字通りアニメの力を多くの人に感じてもらえればと思います」と述べる田村氏。▲夏目氏は“アニメノチカラ”について、「今日のアニメ文化は、マンガの存在なくしてここに至らなかったと思います。しかしながら、必ずしも原作に頼らずともオリジナルのヒット作も数多く生み出されています」と話し、「オリジナル作品は、クリエイターたちの飛躍の場でもあります。オリジナル作品を業界全体でチャレンジしていくべきだと思います」と力強くコメントしていた。

“アニメノチカラ”
▲“アニメノチカラ大使(アニチカ大使)”として、お笑いコンビ“ますだおかだ”の増田英彦さんと、グラビアなどで活躍中のタレント・川村ゆきえさんも登場。出演者たちと軽快なトークを繰り広げた。

 続いては、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』の関係者らがステージに登壇し、作品の紹介を行った。このステージには、監督の神戸守さん、シリーズ構成を担当する吉野弘幸さん、アニメーションプロデューサーの清水暁さん、カナタ(空深彼方(そらみかなた))役の相川寿里さん、リオ(和宮梨旺(かずみやりお))役の小林ゆうさんが出演した。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲写真左から、神戸さん、吉野さん、清水さん、相川さん、小林さん。▲戦争により衰退した世界を舞台に、セーズという街の小さな駐留部隊・第1121小隊に配属された少女・カナタの物語が描かれる『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』。少女たちの優しく切ない日常や、アニメーションならではの音と絵の表現に注目だ。

“アニメノチカラ”
▲キャラクター原案を務める岸田メルさんのメッセージ入りイラストも公開された。とてもかわいいカナタを、アニチカ大使の2人も絶賛していた。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲カナタ、リオの他、第1121小隊にはクレハ、ノエル、フィリシア・ハイデマンの3人の少女が所属。キャストはそれぞれ喜多村英梨さん、悠木碧さん、遠藤綾さんが担当する。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲本作を描くにあたり、スペインの城塞都市クエンカ、アラコルン要塞にロケハンを敢行したという神戸監督たち。吉野さんによれば、作品のモチーフにする街を考えていた時に、TVでこの街を見たことがキッカケになったそうだ。画像中央、右は本作の設定画。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲相川さんは声優になってまだ日が浅いとのことで、「オーディションの時のことは無我夢中であまり覚えていないんですが、連絡をいただいた時は本当にうれしかったです」と話していた。▲『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス刊)の梅澤淳編集長も登壇し、同誌でのコミカライズも発表された。また、10月3日・4日に千葉の幕張メッセで行われる“電撃キャラクターフェスティバル2009”で、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のステージが開催されることも明らかに。

 その後は、『財団法人 オカルトデザイナー学院』と、『閃光のナイトレイド』のコーナーへ。ここでは、『財団法人 オカルトデザイナー学院』の企画を務める北久保弘之さん、アニメーションプロデューサーの林健一さん、『閃光のナイトレイド』のアニメーションプロデューサー・大松裕さんが登壇した。

“アニメノチカラ”
▲画像左から、北久保さん、林さん、大松さん。

 『財団法人 オカルトデザイナー学院』は、要塞のような学園都市・オカルトデザイナー学院を舞台に巻き起こる怪事件を描いた作品。オカルトホラー以外にも、学園コメディの要素が盛り込まれているという。詳細は不明だが、北久保さんによればキービジュアルの少女は「ドSです」とのこと。林さんは、“オカルト”について、「UFOやミステリーサークル、ゾンビといったものを題材に扱おうと考えています」と述べていた。

 『閃光のナイトレイド』は、1931年の上海を舞台にしたスパイアクション作品。こちらも詳細はまだわからないが、設定画などを交え大松プロデューサーが作品の概要などを説明した。監督の松本淳さんから届いたメッセージによれば、1931年の上海をリアルに表現するために、現場ではさまざまな苦労があるのだとか。

“アニメノチカラ” “アニメノチカラ”
▲最後は、A-1 Picturesの代表取締役社長・勝股英夫氏が登壇。勝股氏は「作品のクオリティーを大切にしていきたいです。オリジナルならではの映像に挑戦したいと考えています」と述べ、「アニメファンの力、クリエイターの力、業界を支えてくれている人たちの力が掛け算になるようなプロジェクトになれば」と締めくくった。▲発表会終了後に行われたフォトセッションの様子。A-1 Picturesの勝股氏ら4名は、おそろいのピンクのタンクトップ姿で登場し、場内をざわめかせていた。

(C)Paradores・Aniplex/第1121小隊
(C)北久保弘之・A-1 Pictures/オカルトデザイナー学院製作委員会
(C)A-1 Pictures/閃光のナイトレイド製作委員会

■TVアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』
【放送開始時期】2010年1月

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:Paradores
 監督:神戸守
 シリーズ構成:吉野弘幸
 キャラクター原案:岸田メル
 キャラクターデザイン:赤井俊文
 プロップデザイン:北田勝彦
 メカニックデザイン:石垣純哉
 色彩設計:中島和子
 美術監督:甲斐政俊
 美術設定:青木智由紀
 撮影監督:尾崎隆晴
 編集:瀬山武司
 音響監督:清水勝則
 音楽:大島ミチル
 協力:月刊コミック電撃大王
 制作:A-1 Pictures
 製作:第1121小隊

【キャスト】(※敬称略)
 カナタ:相川寿里
 リオ:小林ゆう
 クレハ:喜多村英梨
 ノエル:悠木碧
 フィリシア・ハイデマン:遠藤綾


関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月25日~10月01日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。