News

2009年9月24日(木)

発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会

文:電撃オンライン

 本日9月24日、東京ゲームショウ2009のバンダイナムコゲームスブースにおいて、PSP用ソフト『.hack//Link』のプロジェクト発表会が行われた。

『発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会』

 『.hack//Link』は、ネットワークゲームの世界を舞台にしたドラマやゲームシステムが人気の『.hack』シリーズ最終章となるアクションRPG。『.hack』シリーズ作品となるメディアの枠を超えた23作品が集結し、130以上のキャラクターが登場、総勢33名のキャラクターが仲間となり、ゲーム内の年代において14年の物語を追うことができる。ステージには、バンダイナムコゲームスよりマネージャーの内山大輔さん、サイバーコネクトツーの代表取締役社長・松山洋さんらが登壇して、ゲームの紹介や今後の展開について説明した。

 まず明かされたのは、ゲームの発売時期が2010年2月ということ。これまでゲームにあわせてコミックや小説、アニメが展開されてきた例に漏れず、今作でもゲーム発売と前後してマルチメディア展開が行われる。今後展開されるプロジェクトとして明かされたのは、『コンプティーク』(角川書店刊)で今冬に新連載が始まることや、バンダイビジュアルがオリジナルアニメーション作品を製作中であることなど。なおバンダイビジュアルのアニメは、TVシリーズではないメディア方式がとられるという。

『発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会』 『発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会』
▲ステージには、主人公の九竜トキオを演じる声優の三瓶由布子さんも。三瓶さんは、『.hack』が有名な作品なので緊張するとともに、最終章という言葉にプレッシャーを感じたと、アフレコに臨んだ際への心境を明かしていた。ちなみに本作の台本は、松山社長が抱える右の写真ほど膨大。
『発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会』 『発売は2010年2月! 完全新作フルCGアニメの製作も! 『.hack//Link』発表会』
▲松山社長による実演プレイも行われた。リンクジャッジという、選択肢を選ぶ仲間との会話を交えた戦闘に、三瓶さんも他のキャラクターと掛け合いしてプレイできるのがいいですね、と感想を述べていた。▲『ケロケロエース』(角川書店刊)で『.hack//Link ~黄昏の騎士団~』を連載中の喜久屋めがねさんも登壇した。喜久屋さんは、この2年ほどコミックの仕事と平行してゲームにかかわっており、『.hack//Link』のデモシーンの多くに携わっているという。

 またここで、松山社長がどうしても公表しておきたいと、内山さんへの相談なくステージで明かしてしまったのが、サイバーコネクトツーの映像チーム“sai-サイ-”による完全新作フルCGアニメーションが製作中であること。詳しい内容については明かされなかったものの、展開時期については、上記のメディア展開よりも後になるだろうと松山社長は話していた。松山社長は、これら『.hack//Link』に関連した一連のプロジェクトがおよそ1年にわたって展開することを述べた。

■東京ゲームショウ2009 開催概要
【開催期間】2009年9月24日~27日(ビジネスデー:24~25日、一般公開:26~27日)
【開催時間】各日10:00~17:00(一般公開日は開場時間が前倒しになる可能性がある)
【会場】幕張メッセ(千葉県)
【入場料】前売1,000円/当日1,200円、小学生以下は無料
【主催】社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)


関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月11日~04月17日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。