News

2009年9月26日(土)

TGSに5人のホストガールが降臨! 新曲も飛び出した“ドリーム☆ライブ2009”

文:電撃オンライン

 本日9月26日、東京ゲームショウ2009のメインステージにおいて、ディースリー・パブリッシャーから発売中のXbox 360『ドリームクラブ』のライブステージが開催された。その模様をお届けする。

『ドリームクラブ』

 メインステージが暗くなると、集まったピュアな観客たちから大きな歓声が。本作のテーマソング『恋・koi☆Week end!』が流れると、アイリ役の児玉明日美さん、るい役の原田ひとみさん、魅杏(みあん)役の真堂圭さん、ナオ役の又吉愛さん、魔璃(まり)役の石毛佐和さんが歌いながら姿を見せ、会場を沸かせた。

『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
『恋・koi☆Week end!』を歌い上げる5人。その歌詞と同様に、“夢みたいな”ステージが今、幕を上げた!
『ドリームクラブ』
アイドルの前島祥子さんが、ホストガールの1人・亜麻音の格好で登場し、進行役を担当。さらにドリームエックスクリエイトの代表も登場し、舞台に華(?)を添えた。

 代表に「自分が演じているのはどんなキャラクター?」と聞かれたメンバーは、「お客様の際どい質問にも真顔で答えるドピュアな子(児玉さん)」、「淫乱ピンクとか呼ばれているようですが、ピュアピュアな子なので、ハッピーエンドまで見てください(原田さん)」、「見た目はボーイッシュでも女の子らしくなりたいという願いを秘めた子(又吉さん)」と次々に回答していた。

 続いて「自分自身とキャラクターとの共通点は?」の質問に、真堂さんは「さみしがりやなところかな?」と答えた。代表は「普通でおもしろくないなあ」と不満そうであったが、真堂さんが困っているのを見て「(困った顔が)かわいいから許す」とニッコリ。ちょっと変わった魔璃を演じた石毛さんは悩んだあげく「……ギリギリ女の子っていうことくらいですね」と答え、会場を笑わせた。

 ここで、会場に来れなかったあるメンバーからのビデオレターが公開された。映像には理保(りほ)役の後藤邑子さんの姿が。どうやら、富士急で行われている某イベントとバッティングしており、泣く泣く来られなかった様子。どうやらレコーディングスタジオのようで、その練習かと思いきや、笑顔で「今は『ドリームクラブ』の新曲を収録しています!」と爆弾発言。これには会場にいる代表も「何を暴露しているんだ?」と困惑気味であった。

『ドリームクラブ』
終始、天然ぷりを発揮し続けた後藤さん。最後にピースをしながら「みくるビー……」と発言しているところで映像は終了となった。

 後藤さんのビデオレターに続いて、5人のホストガールがそれぞれの持ち歌を披露。集ったファンは手拍子と振りでイベントを盛り上げた。

『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
一番手は、ナオの『Glory days』。又吉さんは、ロックでノリノリな曲を熱唱した。アイリのロボットダンスが印象的な『コイヲシテイマス』。途中で歌詞を忘れるというハプニングはあったが、最後まで歌いきった児玉さんに温かい拍手が贈られた。昭和を感じさせる『横浜ラプソディー』は魔璃の持ち歌。石毛さんは、ステージを右に左に移動しながら、特徴的なメロディのこの曲を披露した。
『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
テンポのいい手拍子と歌が聴こえてきた。魅杏の『素直になれない』だっ!! 真堂さんは、素直になれない魅杏の心を代弁するかのように、歌詞の間にセリフをはさみ込んでいた。「最後はしっとりいくね!」というあいさつとともに登場したのは、るい役の原田さん。『時間のカケラ』で、会場に集まったファンとライブを楽しんだ。

 原田さんが『時間のカケラ』を歌い終えると代表が再び登場。公式サイトのイベント告知記事で「ポロリもあるよ!?」と書いてあったことについて、「後藤がさっきポロリしちゃったんだけど、新曲を作っています!」と告白。盛り上がるファンを前に、原田さんがその新曲『イケないLipStick』を披露した。

 『イケないLipStick』を歌う原田さんの後ろでは、るいがダンスを披露していたのだが、見たことのないコスチュームを着ている。先生のようなスーツにメガネが気になった人も多いのでは? さらにサビの部分では、レースクイーンのような衣装にチェンジ。もしかすると、新たな衣装かもしれない。詳細については公開されなかったので、続報に期待しておこう。

『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
先生のようなコスチュームで、新曲を披露するるい。目にはメガネをしている。さらにサビの部分では、レースクイーンのような衣装にチェンジ! この2つの衣装はどういう形で手に入れることになるのだろうか。

 ホストガール5人のあいさつが終わり、拍手と声援で“ドリーム☆ライブ2009”は終演……と思ったら、会場から物足りないというファンからアンコールが! 「ゲームショウのイベントでアンコールはやらないだろう」と帰路についた人も多かったが、ステージに姿を見せた代表の姿を見て、あわててブースに戻ってくる人も多く見られた。

『ドリームクラブ』
腕を組んで登場したのは、おなじみドリームエックスクリエイトの代表。なぜ彼がアンコールで登場したのか!?

 ゆっくりと登壇した代表は「すごいピュアだ! そんなみんなのピュアぶりに応えて、この曲を披露しよう!」とコメント。オープニングでも流れた『恋・koi☆Week end!』のイントロが流れると、歓喜するファンたち。そんな声援の中、謎の男性陣がステージに登場し、そのまま歌いだしてしまった。そう! この曲はバッドエンドの時に流れる『OI×OI week end!』であった。このサプライズには、比喩ではなく本当にずっこけているファンの姿も確認できた。しかし、このハプニングを全員で楽しんでいると2番からは再度5人の声優陣が登場。『恋・koi☆Week end!』にバトンタッチし、イベントを締めくくった。

『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』 『ドリームクラブ』
『OI×OI week end!』の披露という、ある意味でファンにはたまらないイベントとなった“ドリーム☆ライブ2009”。出演した又吉さんは「次は2時間くらいで『ドリームクラブ』だけのイベントはどう?」と語っていたが、その日はいつになるのだろうか? ピュアな紳士の1人として期待せざるを得ない。

(C)D3 PUBLISHER

■東京ゲームショウ2009 開催概要
【開催期間】2009年9月24日~27日(ビジネスデイ:24~25日、一般公開:26~27日)
【開催時間】各日10:00~17:00(一般公開日は開場時間が前倒しになる可能性がある)
【会場】幕張メッセ(千葉県)
【入場料】前売1,000円/当日1,200円、小学生以下は無料
【主催】社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

データ

▼『ドリームクラブ』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:SLG
■発売日:2009年8月27日
■価格:7,140円(税込)
 
■『ドリームクラブ』の購入はこちら
Amazon
▼『Xbox LIVE 3500 マイクロソフト ポイント ドリームクラブ 限定バージョン(2種)』
■メーカー:マイクロソフト
■対応機種:Xbox 360
■発売日:2009年10月8日
■価格:5,250円(税込)
 
■『Xbox LIVE 3500 マイクロソフト ポイント ドリームクラブ 限定バージョン(A)』の購入はこちら
Amazon
 
■『Xbox LIVE 3500 マイクロソフト ポイント ドリームクラブ 限定バージョン(B)』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。