News

2009年9月29日(火)

『デッドライジング2』でマルチモードの情報公開! コラボジャケットの情報も

文:電撃オンライン

『デッドライジング 2』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――
『デッドライジング2』に登場する人物、事件などはすべて架空のものです。
また、暴力シーン、銃撃シーン、流血シーンが含まれます。
――――――――――――――――――――――――――――――


 カプコンは、9月25日に東京のゼスト キャンティーナ 恵比寿において、現在開発中の『デッドライジング2』のプレスパーティ“Terror Is Reality”を開催した。

 本作は、世界で150万本以上を売り上げたXbox 360用ACT『デッドライジング』の続編。ギャンブラーたちが集うフォーチュン・シティが舞台となっており、プレイヤーは前作同様にさまざまな武器を使って、ゾンビ地獄と化した状況を生き抜いていくことになる。パーティでは、『デッドライジング2』がプレイアブルでプレスに向けてお披露目された。さらに、マルチプレイモードに関する情報も公開されたのであわせて紹介する。

『デッドライジング2』 『デッドライジング2』
『デッドライジング2』 『デッドライジング2』
会場の様子。集ったプレスは開演までの間、『デッドライジング2』カジノステージを存分に楽しめた。なお、今回出展されていたものは、Xbox 360版の北米版。

 イベントは、BABY TKという外国人のMCの登場で幕を開けた。さらに2人のLOVELYなGIRLが登場し、集ったプレス、特に海外メディアは大きな歓声を上げる。それに負けないほど大きな歓声で迎えられたのは、本作のプロデューサー・稲船敬二氏。稲船氏は、主人公のチャック・グリーンが身にまとっている黄色いライダージャケットを着用して、姿を見せた。

 東京ゲームショウ2009(TGS2009)の期間中での開催ということもあり、まず最初に「幕張から『デッドライジング2』のためにだけでに来ていただいて、ありがとうございます」とあいさつした稲船氏。氏は、「今年のTGSはどう思いましたか? 僕も期待して会場に行ったらつまらなくて、「これじゃダメだ。日本のゲーム業界は終わったな」と思ったんですが、まだ終わっていないということを見せるため、『デッドライジング2』をこうやって用意しました」と自信たっぷりに説明。さらに「TGSの会場には、わざと置きませんでした。Zレーティング(18歳以上がプレイ対象)なので、1人1人に四角く狭い箱に入ってもらい、短い時間しかさわってもらえない。そこでじっくり遊んでもらうために、こうやってちょっとかわったパーティ形式のイベントにしました」と開催趣旨を明らかにした。

『デッドライジング2』 『デッドライジング2』
2人の美女を連れて登場したMC・BABY TK。そして、黄色いライダージャケットがまぶしい稲船氏。

 また、今回のイベントタイトルでもある“Terror Is Reality(TiR)”についての情報も明らかになった。このTiRは、作中のTVで行われている番組タイトルで、豪華な賞品をかけて行われる命がけのショー。稲船氏は、「チャックはただのモトクロスレーサーではなく、この番組に参加する理由があります」と公開されていないストーリーの一部を説明した。

 そんな稲船氏が着ているジャケットは、バイク用ウェアで有名なKADOYAに依頼して特別に作ってもらったもの。オリジナルは2着しか存在せず、1着は同氏が着ており、もう1着は集ったプレス向けに開催されたTiRの優勝者に与えられることに。あわせて、このジャケットのレプリカバージョンが後日販売されることも発表された。

『デッドライジング2』 『デッドライジング2』
TiRのポスターがこちら。“XVII”の文字が示すように、今回で17回目を迎える番組だ。こちらが、KADOYAとのコラボレーションで制作されたスペシャルジャケット。なお、こちらのレプリカが販売されるという。

 会場では、ジャケットをかけてオンライン・マルチプレイモードを使った大会が開催に。マルチプレイモードは、RAMSTER BALL、HEADACHE、POUNDS OF FLESH、SLICE CYCLESの4つのゲームをプレイし、その合計スコアを競うというもの。今回はTVコマーシャル風の動画とスクリーンショット2点が公開されたので、そちらをご覧いただきたい。

【このムービーには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれます】


『デッドライジング2』 『デッドライジング2』
“RAMSTER BALL”は、巨大な鉄球に入って、転がりながらゾンビを倒していくゲーム。ステージには鉄球をはじくようなギミックも確認できた。プレイヤーがかぶった角でゾンビを弾き飛ばして、カゴに乗せたゾンビの重さを競うのが“POUNDS OF FLESH”。ゾンビが足りなくなれば、ボタンを押すことで補充される仕組みだ。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のもの。

データ

▼『デッドライジング2』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3/Xbox 360/PC
■ジャンル:ACT
■発売日:未定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。