News

2009年10月4日(日)

小林ゆう画伯の絵にざわめきも! TVアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』イベントレポ!

文:電撃オンライン

 千葉・幕張メッセで開催中の“電撃キャラクターフェスティバル2009”。電フェス最後のイベントとなる“はじめまして。『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』まつり♪ 砦の乙女 だいしゅうごう~☆”の模様をお届けする。

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』

 TVアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』は、アニメーションの作り手が持つ“熱”と“想い”を実現するステージを用意し、多くの人に見てもらうことをコンセプトに、オリジナルのアニメ作品を制作・放送するプロジェクト“アニメノチカラ”第1弾作品。戦争により衰退した世界を舞台に、セーズという街の小さな駐留部隊・第1121小隊に配属された少女・カナタの物語が描かれる。少女たちの優しく切ない日常や、アニメーションならではの音と絵の表現に注目だ。2010年1月に放送予定で、『月刊コミック電撃大王』でのコミカライズも決定している。

 ステージには、カナタ(空深彼方(そらみかなた))役の相川寿里さん、リオ(和宮梨旺(かずみやりお))役の小林ゆうさん、クレハ(墨埜谷暮羽(すみのやくれは))役の喜多村英梨さん、ノエル(寒凪乃絵留(かんなぎのえる))役の悠木碧さんが登場。小林さんの「元気ですかー?」という叫びに、会場のファンが「オォー!!」と答えイベントは始まった。

 声優陣のあいさつの後、なんとカナタ役の相川寿里さんの名前が、このイベントの時点から変更されたことが発表された。今後は、本名の“金元寿子(かねもとひさこ)”という名前で活動していくとのことだ。そこで喜多村さんから、金元さんのニックネームをたった今決めたことが明らかに。“ししゃも”や“ひさっこ”、“おひさ”などの候補から、“おひさ”に決定したそうだ。

 次に、各々が演じる役についてそれぞれ紹介した。カナタは、なんにでもときめく感動屋で、15歳としては子どもっぽく、ダボダボの軍服が魅力とのこと。リオは、一見ぶっきらぼうだが本当はやさしい女の子で、クレハはあまのじゃくなツンデレっ娘、そしてノエルは無口で無感情、無反応な女の子だそうだ。

 キャラクターの紹介が終わり、ここで初公開となる新情報が公開。多脚砲台“タケミカズチ”のラフ画がスクリーンに映し出された。“タケミカズチ”については、ラフ画以外の詳しい情報は公開されなかったが、壊れた“タケミカズチ”をノエルが修理していることが明かされた。この“タケミカズチ”が、今後のストーリーにどう関わっていくのか注目だ。

 本作のアフレコはまだ行われていないが、声優陣は現在役作りに励んでいるという。金元さんは、カナタに近づくためにトランペットの勉強を始めたらしく、今後、公式ホームページでその練習風景が公開されるという。小林さんは、リオの女の子らしさを出すためにいろいろなことをしているが、まだ秘密とのこと。喜多村さんは、クレハはムードメーカーな女の子なので、テンションの高さを大事にしているそうで、悠木さんは無口なキャラはあまり演じたことがなく、彼女とはまだ仲よくなれていないとコメント。しかし、自分とノエルに“機械好き”という共通点を見つけたことで、今後は仲よくしていけそうだと自信を覗かせた。

 その後は、“ソラノヲト検定”という『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』に関するクイズ企画が行われた。全5問のクイズが出題され、1問正解するごとに1ポイントが与えられる。小林さんや喜多村さんが珍回答を連発する中、金元さんは“本作の舞台、セーズの街のモデルとなった実在する町は?”や“自身が演じるキャラクターの名前をフルネームで(漢字)”という問題にもつつがなく答え、4問が終わり3ポイントを獲得。このまま金元さんの優勝で終わると思われた“ソラノヲト検定”だが、最終問題の正解者には、なんと1000ポイントが与えられるというお約束の展開に。そしてさらに、“最終問題は、本作のマスコットキャラクター・シュコをイラストで”というお題に、会場からはざわめきが起こる。

 シュコはアフリカオオコノハズク(ふくろう)のメス。小林さんのイラストは後回しにされつつ、金元さんら3人のイラストが公開されると、喜多村さんの描いたシュコに会場からは拍手が起こる。イラストを描く時間は非常に短かったが、イラストのうまさに定評がある喜多村さんだけに、シュコの目の鋭さなどの特徴をうまく捉えたイラストに、誰もが喜多村さんの優勝を予想していた。……が、最後に回された小林さんの、ツギハギだらけで触覚が生え、なんだかモコモコしたようなシュコが発表されると会場からは再びざわめきが起こった! 最終問題の勝利者は、会場からの拍手の大きさによって決定するのだが、小林さんにはひときわ大きな拍手が巻き起こり、まさかの大逆転優勝!! 優勝賞品に、会場から小林さんに生暖かな拍手が送られ“ソラノヲト検定”は終了となった。

 イベントの最後に、「これからがんばっていくのでよろしくお願いします(金元さん)」、「今回のイベントで、キャストの皆さんと近づけた気がします(小林さん)」、「みんなをまとめていくので、本作を見守っていてください(喜多村さん)」、「キャストとスタッフのアツい想いを受け取ってください(悠木)」と、イベントの感想や意気込みを話し、“電撃キャラクターフェスティバル2009”の締めを飾った本ステージイベントは終了した。

■電撃キャラクターフェスティバル2009 概要
【開催日】2009年10月3日、4日
【開催場所】幕張メッセ 9・10ホール
【内容】ステージイベント、サイン会、グッズ販売など
【入場料】無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。