News

2009年10月8日(木)

【アンケート結果発表】2009年夏のアニメの結果は「戦場ヶ原、蕩れ」ということで

文:ごえモン

 皆さんこんにちは、ごえモンです。2年にわたってお届けしてきたこのコーナーも、実は最終……回とかではなく、あまりにも忙しくて秋からの新番アニメがまったく視聴できていないので、今回はアニメ番長のカネキングにまかせることにしました。それではカネキング、後のことはヨロシク~。(ちなみに僕は、『化物語』、『大正野球娘。』が好きでした)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ども、カネキングです。上に書いてある通り、普段このコーナーは電撃オンラインのギャルゲー番長・ごえモンが担当しているのですが、今回はそのごえモンが「忙しすぎてアニメ観れてねーよ! うー!」と、うーうー言っているので、ピンチヒッターを務めることになりました。しかしアニメ番長なんですね僕。今知ったわ。

 そんなわけで、恒例になりつつある“おもしろかった&期待の新作アニメ”のアンケート結果をお届けします。まずは2009年夏放送のおもしろかったアニメから。ランキングはこんな感じになりました(集計期間は2009年9月10日~9月30日)。

■2009年夏放送のアニメで、もっともおもしろかったのは?

順位
前評判順位
アニメタイトル
1位
4位
『化物語』
2位
3位
4位
5位
5位
2位
6位
7位
7位
『GA 芸術科アートデザインクラス』
8位
『ドラゴンボールKAI』
9位
9位
10位


■選んだアニメとその理由

・『化物語』
台詞回しが絶妙で、キャラ同士の掛け合いがすごいおもしろかった。ぜひ、『傷物語』や『偽物語』で2期をやってほしい。(kontaroさん)

・『咲-Saki-』
咲のリンシャン、特に団体戦の決勝での和了は感動した。特に最後の「チンイツ・トイトイ・サンアンコー・サンカンツ・アカイチ・リンシャンカイホウ」の数え役満は素晴らしすぎ。(匿名希望)

・『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』
いや、『ハガレン』におもしろいのはなぜかと理由を尋ねることは、それは時間と記事の無駄使いですよ。なんせ、『ハガレン』ですから。(Gits2501さん)

・『CANAAN』
内容もですが、特に主題歌とOPムービーのカッコよさにほれました。(くまさん)

・『うみねこのなく頃に』
竜騎士07先生の作品にはずれなし!! 本当におもしろいです!!(一休みさん)

・『戦場のヴァルキュリア』
義勇軍の人々だけではなく、帝国側の人間にも魅力があり、ストーリーもただ戦うだけではない、人間の心の中を描いた奥深いもので引き込まれました。また、そのストーリーを十二分に引き立てる絵、声優さんの演技も素晴らしかったです。(でたまかさん)

・『GA 芸術科アートデザインクラス』
キャラクターはかわいいし、テンポもいいし、ネタもマニアックなのに、わかりやすいから気軽に観られる。毎回、リアルタイムで観てから録画したものを2~3回繰り返して観てます(笑)。(ランスファイターさん)

・『ドラゴンボールKAI』
昔観てたにもかかわらず、展開のおもしろさについ子どもと一緒になって観入ってしまいます。(ゴールドスコールさん)

・『東京マグニチュード8.0』
都心での大地震を描くことによって、その災害の恐ろしさを伝えていく話かと思いきや、まさかこんな展開になるとは思いませんでした……。(ちびりさん)

・『Phantom ~Requiem for the Phantom~』
原作をプレイしており、懐かしい思いを抱きつつ、展開がわかっていてもその出来のよさから毎週楽しめるから。(ナルさん)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 期待度とブレが少なく、前評判通りの作品が多かったという結果になりました。まぁ一部大きく変動している作品もありますが……。

 ちなみに、春から夏にまたがり2クール続けて放送されていた作品については、前回のアンケートの対象から外していたので、前評判の順位が空欄になっています。あと新作を織り交ぜて放送していた『涼宮ハルヒの憂鬱』も、今回は対象外となっています。

 さてそんな中、1位はやっぱり『化物語』でしたね! 西尾維新さんの作風とシャフトの独特の絵作りが見事にマッチしていた快作でした。渡辺明夫さんのキャラクターデザインや、声優陣の熱演もすばらしかったと思います。あと曲。1クールの作品なので、後から見返しやすいのも個人的にはうれしかったりします。ちなみに電撃オンラインに、“なでこ 画像”で検索してくる人が増えたらしいです。

 2位は美少女麻雀アニメ『咲-Saki-』。2クールの作品ですが、中だるみすることなく最後まで楽しめました。最終回でも新キャラクターが続々登場し、最後の最後まで内容が詰まっていてよかった! ……のか? これじゃ続きが気になるだろ! ぜひ続編を……。このアニメはオンエア中ずっと「はいてないはいてない」言われていましたが、DVD第4巻のジャケットの池田はどう見てもはいてないと思います。そういえば文堂さんはいつジャケットデビューするんですかね? ずっと待っているんですが。

 ゲームサイトのアンケート結果らしく、ゲーム原作の作品が上位に食い込んでいるのも特徴的ですね。具体的には、『CANAAN』、『うみねこのなく頃に』、『戦場のヴァルキュリア』、『Phantom ~Requiem for the Phantom~』の4本。『うみねこのなく頃に』は現在2クール目に突入しています。原作未プレイだったので、魔女バトルが始まった時はものすごい衝撃を受けました。TVが壊れたかと思った。

 僕は夏開始のアニメの中では、『東京マグニチュード8.0』、『大正野球娘。』、『プリンセスラバー』あたりがお気に入りでした。特に『大正野球娘。』は、女の子たちが野球に奮闘する姿がていねいに、そしてかわいく描かれていて、後半に行くにつれてどんどんおもしろくなっていく作品でしたね。アンナ先生もステキでした。

 それでは次は期待の新作アニメの発表です。

1 2 3

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。