News

2009年10月21日(水)

曲名にだまされるな!? 涼役の三瓶さんに聞く『アイマス DREAM SYMPHONY 02』

文:電撃オンライン

『アイドルマスター ディアリースターズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』
▲ジャケット

 コロムビアミュージックエンタテインメントから11月4日に発売されるCD『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』について、秋月涼役の声優・三瓶由布子さんにお話を伺った。

 『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY』は、バンダイナムコゲームスのDS用ソフト『アイドルマスター ディアリースターズ』の関連CDシリーズ。第2弾にあたる『02』では秋月涼にスポットを当てている。CD各曲の感想や、涼に対する思い入れ、今後のライブイベントについての意気込みなど、三瓶さんからいろいろなお話を聞くことができたので、ぜひご覧いただきたい。

『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』
▲三瓶由布子さん

■『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』トラック
 01.『Dazzling World(M@STER VERSION)』
 02.【新曲】『ヒミツの珊瑚礁』
 03.『エージェント夜を往く(M@STER VERSION)』ボーカル新録リミックス
 04.『shiny smile(M@STER VERSION)』ボーカル新録リミックス
 05.『“Hello!!”(M@STER VERSION)』涼ソロリミックス
 06.『Dazzling World(M@STER VERSION)』オリジナル・カラオケ
 07.『ヒミツの珊瑚礁』オリジナル・カラオケ
 08.ボーナス・トラック・ドラマ


■『Dazzling World(M@STER VERSION)』について

 ゲームバージョンに続き、改めて同じ歌を歌わせていただいたのですが、今回は(すでに)自分の中で“完成した涼ちゃん”があったので、最初に歌ったときよりも歌い出しやすかったです。この曲は歌詞がすごく甘いですよね、全編聞くと、より甘くて……。これをどう、涼として落とし込んでいくかが、楽しくもあり難しくもありました。

■新曲『ヒミツの珊瑚礁』について

 曲のタイトルにだまされてはいけません!(笑) 最初タイトルを聞いたときに、私の中では(松田)聖子ちゃんのイメージだったんですけどね。息継ぎをする部分がどこか、わからなくなるような、一度止まったら置いていかれちゃいそうな曲です。疾走感があって、『Dazzling World』とは違ったさわやかさがあります。『Dazzling World』は甘く、涼ちゃんの女の子としてのイメージが詰まっているんですが、『ヒミツの珊瑚礁』は男らしく成長した涼ちゃんの歌といえるのかもしれません。聞いている人をグイグイ引っ張っていくような感じですね。

■『エージェント夜を往く』と『shiny smile』について

 最初に、どの2曲を歌いたいかを聞かれまして、ゲーム版の中から好きな曲でいいと言っていただいたんですね。私はイメージの違う2曲を選んだ方がいいだろうと思いまして、『エージェント夜を往く』と『shiny smile』に決めました。『エージェント夜を往く』は涼ちゃんにぜひ歌ってほしいと言われましたので、そこは(制作スタッフと)シンクロしたのかなと。ただ、ゲーム版と違い、M@STER VERSIONの曲を聞いたときに「やばい、難しい曲だった!」と気づきまして。曲を選ぶときに、あまり手こずらない曲にしようとは思っていたんです。そんなセコいことを考えていたら……簡単じゃなかったです(笑)。

 しかも今回は『エージェント夜を往く』のハーモニーと、合間にある英語のセリフのような部分とを、すべて歌うことになりまして、まさかそんなことになるとは! そのことは収録当日に知ったので、あわてて辞書を引きました。英語はムリですーって言ったんですけど……。おかげで、いっぱい英語を直されました。ですので英語の部分は聞かないでください!(笑)

 それと、涼ちゃんの中で一番ない成分が、『エージェント夜を往く』なんじゃないかとも思います。涼ちゃんは加減が難しくて、ちょっと変えると男の子になっちゃうし、行きすぎると女の子っぽくなりすぎちゃうしで、その調節がCD全体を通して難しかったです。で、『エージェント夜を往く』はキーが高くないので、カッコよく歌いすぎると男の子っぽくなってしまうんですよ。「エロく、エロく」と考えながら歌いました。

 『shiny smile』は、涼ちゃんが思い描いているアイドルなのかな、というイメージで。それと「自分が男か女かわからなくなってきちゃった」というような部分もあるんじゃないかな……と想像しながら歌っていました。

『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』

■『“Hello!!”(M@STER VERSION)』について

 ちょっと男らしかったですかね?(笑) これは『アイドルマスター ディアリースターズ』の主題歌でもあるのですが、この曲を歌うときに「すごくステキなゲームになるな」と感じた、思い入れのある曲です。

■ボーナス・トラック・ドラマについて

 ひと言で言うなら“あいかわらずな涼ちゃん”です! ゲームをプレイした方には、そういう言い方で伝わるかなと。ゲームの“その後”というわけではないんですけど、ゲームでは見られなかった話になっています。3人が楽しそうにしているのを、温かく見守っていただきたいなと思います。

→そろそろ三瓶さんもライブに出演する?(2ページ目へ)

(C)窪岡俊之 (C)NBGI

1 2
■『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』トラック
 01.『Dazzling World(M@STER VERSION)』
 02.【新曲】『ヒミツの珊瑚礁』
 03.『エージェント夜を往く(M@STER VERSION)』ボーカル新録リミックス
 04.『shiny smile(M@STER VERSION)』ボーカル新録リミックス
 05.『“Hello!!”(M@STER VERSION)』涼ソロリミックス
 06.『Dazzling World(M@STER VERSION)』オリジナル・カラオケ
 07.『ヒミツの珊瑚礁』オリジナル・カラオケ
 08.ボーナス・トラック・ドラマ
 【歌・トーク】秋月涼(CV:三瓶由布子)
 【ゲスト】日高愛(CV:戸松遥)、水谷絵理(CV:花澤香菜)※敬称略

データ

▼『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』
■発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
■品番:COCX-35794
■発売日:2009年11月4日
■価格:1,890円(税込)
 
■『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼』の購入はこちら
Amazon
▼『アイドルマスター ディアリースターズ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:DS
■ジャンル:AVG
■発売日:2009年9月17日
■価格:6,279円(税込)
 
■『アイドルマスター ディアリースターズ』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページ開設!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。