News

2009年12月3日(木)

【剣闘士育成日記】第1回 PSP用ACT『剣闘士』でオリジナル剣闘士を育てます!

文:電撃オンライン

『剣闘士 グラディエータービギンズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 現在、電撃オンラインでも特集中のPSP用ACT『剣闘士 グラディエータービギンズ(以下、剣闘士)』。その企画の一環として、『電撃オンライン』、『電撃プレイステーション』、『電撃ゲームス』の3メディアが合同で、それぞれのオリジナル剣闘士を育ててみよう、というのが本記事の主旨。約20時間というプレイ時間を設定し、どこまで屈強な剣闘士が育成できるのか……その様子を、連載記事でお届けします!

 しかも、ここで育てた3剣闘士のデータは、なんとアクワイアさんの『剣闘士』公式サイトにアップされ、プレイヤーのみなさんも戦えるようになる予定なのです。ちなみに、データアップ時にはこっそりアクワイアさんに作っていただいた電撃オリジナルの防具を、それぞれのキャラクターが装備した状態になるので、彼らからオリジナル防具を奪うことも可能! 詳細は、こちらの記事をご覧くださいね~。

 ということで、育成日記第1回いってみよう!

『剣闘士 グラディエータービギンズ』

■『電撃オンライン』的オリジナル剣闘士育成日記 その1

【色気漂う正統派女剣闘士、ここに登場!】

 こんちわー、電撃オンライン代表のヨースケと申します。実は、僕はすでに体験版をプレイさせてもらっているので、育成日記は任せろ! って感じですよ。さてさて、今回の育成日記では、僕はあえて女性剣闘士を育成しようと思います。というのも、体験版に登場した“チタシチーナ”という女性剣闘士のインパクトが強烈だったんですよ! ルックスとか、強さとか、下乳とか! なので、僕はチタシチーナを超える剣闘士“ムッチリーナ”を作ろうと思います! おーし、テンション上がってきたァーッ!

 ムッチリーナの戦闘スタイルは、1番オーソドックスな片手剣スタイルでいきます。一通り試してみましたが、僕はこれが一番安定して戦えるんですよ。それに、ムッチリーナは“華麗かつスマートに敵を葬る美人剣闘士”というコンセプトで育てようと思うので、その設定に1番ふさわしいのは、やはり片手剣スタイルだと思います。

 というわけで、ガンガン闘技に参加してムッチリーナをムッチリ育成しているのですが、なかなか思い通りにいきませんねー。闘技では、観客に対して“魅せる”試合をすれば、能力アップに使用するポイント(AP)を多めに取得できる仕組みになってます。なので、その辺を意識して戦っていけば効率よく育成できるのですが、どうもムッチリーナの(というか僕の)戦い方はおもしろ味がないようで……。観客に“記憶に無い”やら“見どころなし”やら、辛らつな評価を受けています……。

なんでこんなにムッチリしてるのに記憶に残らないんだよ!

 どうも敵の攻撃をあまり回避しないのが、マイナス査定になっているみたい。う~ん、しかし敵の攻撃を回避するのはムズいんですよ。ガンガン攻めていくのが楽しいし、好きなんですけど、それだと敵の咄嗟の反撃に反応できない。最終的に、斬っては斬られを繰り返す泥試合になりがちなのです。現状、ムッチリーナは非常に男らしい戦い方を好む人になっちゃってます。

『剣闘士 グラディエータービギンズ』 『剣闘士 グラディエータービギンズ』
▲これがムッチリーナです! 彼女は、僕が責任を持って日本一のアイドル……、じゃなかった、一流剣闘士としてプロデュースしていきます!

■最初のコンセプトはどこへやら

 ゲーム内時間で21日目の現在、ムッチリーナの片手剣スキルのレベルは18となり、スキルもいろいろ揃ってまいりました。お気に入りは、剣と体当たりの連続攻撃“ロックブレイカー”! このスキルで敵を壁際に追いつめ、ひたすら攻撃するのが楽しいです。ムッチリーナは、間違いなくドS。足元を攻撃する“イベイドスラスト”もいやらしくて好き! 敵の攻撃を伏せて避け、足元をグサッと攻撃。マジ、“イベイドイラスト”愛してる!

 スキルの存在はバトルにおいてかなり重要に思えるのですが、現状ムッチリーナの能力では、スキルの連発は2回が限界。END(持久力)を鍛えれば、もっとガンガン使っていけるのでしょうが、VIT(生命力)とSTR(筋力)も成長させないわけにはいかない。今のところVITとSTRを中心に育成していて、ENDはちょっと低めなのですが、累計回避率4%という脅威の愚鈍さを誇るムッチリーナは、VITを減らすとあっという間に倒されてしまう。かといってSTRを減らすと敵を倒すのに時間がかかり、やはり倒されてしまうし……。あ、あれ!? おかしいな……、ムッチリーナは華麗かつスマートに敵を葬る美人剣闘士なハズなんだけど……。ま、まぁまだまだ始まったばかりですからね! 僕はムッチリーナ坂を登り始めたばかりですからね! ここからだ、ここから! ムッチリーナがんばれ! 負けるなムッチリーナ!

『剣闘士 グラディエータービギンズ』 『剣闘士 グラディエータービギンズ』
▲これが序盤の数時間ほどプレイした時点でのムッチリーナの戦績。命中率は悪くないと思うんですけどね……。

→『電撃プレイステーション』は“ジャミバ様”作成!?(2ページ目へ)

(C)2009 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.

1 2 3

データ

▼『剣闘士 グラディエータービギンズ』
■メーカー:アクワイア
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2010年1月14日
■価格:5,040円(税込)
 
■『剣闘士 グラディエータービギンズ』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。