News

2009年12月18日(金)

『New マリオ Wii』2週で約140万本販売 Wii本体も900万台突破

文:電撃オンライン

 今週のランキング(集計期間:2009年12月7日~13日)は、Wii『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(任天堂)が44.2万本を売り上げて、先週に続いて1位を獲得しました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 1 Wii New スーパーマリオブラザーズ Wii 任天堂 09/12/03 441,700 1,379,741
2 - Wii テイルズ オブ グレイセス バンダイナムコ
ゲームス
09/12/10 124,111 124,111
3 - PS3 コール オブ デューティ
モダン・ウォーフェア2
スクウェア・
エニックス
09/12/10 103,510 103,510
4 6 DS トモダチコレクション 任天堂 09/06/18 85,150 1,894,673
5 - PSP NARUTO-ナルト- 疾風伝
ナルティメットアクセル3
バンダイナムコ
ゲームス
09/12/10 80,341 80,341
6 2 PSP ファンタシースターポータブル2 セガ 09/12/03 77,205 364,254
7 9 Wii Wii Fit Plus 任天堂 09/10/01 65,429 1,111,983
8 7 Wii ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~ ポケモン 09/12/05 60,800 121,111
9 5 DS レイトン教授と魔神の笛 レベルファイブ 09/11/26 55,953 421,470
10 3 PSP 機動戦士ガンダム
ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS
バンダイナムコ
ゲームス
09/12/03 55,892 291,025

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の累計販売数は138.0万本に達し、発売2週目でミリオンヒットを達成。発売時期の違いで一概に比較はできませんが、530万本超ヒットを記録しているDS版(2週目時点で122万本)を上回るペースで販売実績を伸ばしており、早ければ年内にも200万本の大台を突破しそうな勢いです。またWii本体もマリオ効果により、12月6日時点で900万台を突破しています。

 続く2位には、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの最新作Wii『テイルズ オブ グレイセス』(バンダイナムコゲームス)が初登場。販売実績は12.4万本(店頭消化率65%前後)で、昨年6月に発売されたWii『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』の14.5万本(累計21.9万本)をやや下回る出足となりました。また3位には、全世界で1,400万本のセールスを記録した傑作FPS『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の続編、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』(スクウェア・エニックス)のPS3版が顔を並べました。こちらの販売実績は10.4万本(店頭消化率70%前後)と、前作の3.6万本(累計21.5万本/廉価版含む)を大きく上回る好調なスタートを切っています。

 この他の新作では、人気アニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』の世界を再現した『ナルティメットアクセル』シリーズ第3弾、PSP『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットアクセル3』(バンダイナムコゲームス)や、『ワールドサッカー ウイニングイレブン2010』(KONAMI)のPSP版が上位に初登場。旧作ではDS『トモダチコレクション』(任天堂)やPSP『ファンタシースターポータブル2』(セガ)、Wii『Wii Fit Plus』(任天堂)が上位に顔を並べました。『トモダチコレクション』については、11月16日週以降、5.3万本→5.8万本→6.5万本→8.5万本と週を追うごとに再び販売実績を伸ばしてきていて、年末年始にかけてまだまだ数字の上乗せが期待できそうです。(アスキー総合研究所)


関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。