News

2010年1月18日(月)

「戦闘部分に関しては前作を超えた」――『戦場のヴァルキュリア2』インタビュー

文:電撃オンライン

『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■エピソード進めると変化するポテンシャルも

『戦場のヴァルキュリア2』

――戦闘から話が離れますが、クラスメート30人の全員にエピソードが用意されているのは、かなり魅力的ですよね。

田中:前回も50人(の小隊員が)いて、本当は彼らにもエピソードを用意してあげたかった。イーディーのダウンロードコンテンツも非常に評判がよかったですし、30人の全員にエピソードを用意するのはユーザーさんの求めていることだと思いましたね。

――今作もDLCのミッションがありますよね。これは、キャラクター性が強いものになる予定なのでしょうか?

本山:現状では詳しくお話できない部分もありますが、カスタマイズするのに必要な素材、レア素材が手に入りやすくなるミッションもけっこう多いです。けれど今後、キャラクター中心のダウンロードコンテンツも用意できたらいいなと思っています。

――先ほど、ユーザーから採り入れたアイデアの1つとも話されていましたが、今回は、各キャラクターにエピソードと連動したポテンシャルがあって、話を進めていくとポテンシャルが入れ替わるのは、かなり見どころになっていますよね。

本山:やはり『ヴァルキュリア』だと、お話だけ読んでも、ゲーム性だけでも、というところがあるので。そこはリンクさせています。

田中:前作のユーザーさんからは、「マイナスポテンシャルを克服してほしい」という要望がすごくありましたので、参考にしました。ただ、マイナスポテンシャルが全部プラスになるかというと、ずっとマイナスなままのポテンシャルもあります。そこは欠点も含めて、そのキャラクターを愛してほしいですね。

――では、そのキャラクターが抱えている一番の性格的な課題が、エピソードを通じてプラスのポテンシャルに変わっていく感じですか?

田中:とは限らないですね。正直、克服する人もいますけど、まったく克服しない人もいるし、アバンがなんの力にもならずに勝手に立ち直る人もいるので。キャラによって千差万別で、「なんじゃこいつ」で終わるような話もあります(笑)。

『戦場のヴァルキュリア2』 『戦場のヴァルキュリア2』 『戦場のヴァルキュリア2』
▲1人1人のキャラクターが、深く描写されるようになった本作。ちなみにポテンシャルは、『2』で追加された“モラル”(戦闘画面左上の数字)とも関連があり、モラルが高いほどプラスポテンシャルが発生しやすく、低いほどマイナスポテンシャルが発生しやすい。なお、モラルが0になると敗北してしまう。

■ゼリの目から見たダルクス人感

――話は変わりまして、先日、自衛隊の取材に行かれたと聞きました。そういった取材などにはよく行かれるのでしょうか?

田中:そうですね。実際の兵器や戦術について取材もしますし、資料も参考にしています。

本山:あれは取材というのかなあ……(苦笑)。

――歴史についても、前作の博物一覧は読み応えがありましたよね。

田中:前作は僕がディレクターで、あれは僕が作ったところもあるんですよ。僕が結構そういうゲームの作り方をするというか、今の時代だけじゃなくて、その過程の文化や流れがあって今があると思っているほうなので。それまでの設定についても、ゲームには全然使わないかもしれないと思っても作っています。そしたら、「『2』になってわりと生きてきたな」というのが、結構あるのですが(笑)。

『戦場のヴァルキュリア2』

――ちなみに、『2』で生きてきた部分というのは?

田中:いろいろありますが、1つはオドレイさんの宗教がらみのことですかね。

――彼女の信じるユグド教というのは、前作ではあまり耳にしなかったような……。

田中:単語だけは出てきたんですよ。ただ深くは語られなかった。まあ、ヴァルキュリア信仰があるみたいことは言われていたんです。

『戦場のヴァルキュリア2』

――ヴァルキュリア人とダルクス人の関係は、今作でも話の中心にかかわってくるのでしょうか?

田中:そういう意味では中心というか……深くは言えないんですけれど(笑)。でも、ゼリもダルクス人なんで、かなり絡んでくる思っていいですよ。ヴァルキュリア人がどうなるかは……非常にネタバレなので言えません(笑)。

本山:主人公の1人のゼリがダルクス人ということもあって、そこからの描写というのはかなり深く描いています。彼の目線からのダルクス人感みたいなものは、今回ちゃんと見てほしいと思いますね。

→4人で楽しむ『ヴァルキュリア』と今後の展開について(4ページ目へ)

(C)SEGA

データ

▼『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年1月21日
■価格:UMD版 6,090円(税込)/ダウンロード版 5,400円(税込)
 
■『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』UMD版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。