News

2010年1月18日(月)

「戦闘部分に関しては前作を超えた」――『戦場のヴァルキュリア2』インタビュー

文:電撃オンライン

『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2 3 4

■『ヴァルキュリア』の協力プレイ

『戦場のヴァルキュリア2』

――いろいろお話を聞かせてもらいましたが、『2』ではかなり新要素が充実していますよね。実際の開発にはどのくらいかかったのでしょうか?

田中:ダウンロードコンテンツや海外版を制作していたので、発売後すぐに制作に入ったわけではありません。ただ、PSPでやろうというのは前作が終了した直後からありました。

本山:構想レベルの準備があって、忙しくなってきたのは2009年の春くらいからですね。

――開発の上での苦労などはありましたか?

田中:初めて触るハードだったので、その研究は行いましたが、思ったより手こずらなかったですね。元のゲーム性がしっかりしていたので、「ゲームをどうおもしろくしようか」と根本から考え直すこともありませんでしたから。むしろ『1』のおもしろさを、いかにPSPの機能でやるかというところで開発していました。あえて言えば、通信機能は最後のバグ取りが大変だったかなと(笑)。制作段階では、そんなに苦労していないです。

本山:プログラマーとかデザイナーとか、チームの方でも、それぞれの作業に没頭するというより、口を出すタイプの人間も結構いるので。そういった意味では、みんなでわいわい言いながら楽しんで作っていた印象ですね。

田中:通信の部分は、新しいチャレンジだったので、僕らもどんな風になるのかと半分不安なところでしたけれど、だんだんとおもしろくなってきましたね。

――残念ながら協力プレイは体験していないのですが、どういった遊びが魅力になるのでしょう?

本山:やはりPSPなので、基本的には最大4台のPSPを持ち寄って遊べることですね。『ヴァルキュリア』って、自分1人でやる時には、予想できない攻略方法ってあると思うんですよ。だから、人がやっていて「そこ、そうじゃないよ」って口を出したくなるゲームかなって思うんですよね。

 それで、それをリアルタイムにやってもらえるとすごく楽しいかなと。「ここでガードして、そのスキに後ろから回り込んでよ」とか、「こっちのエリアはいいから、隣のエリアに進んでよ」といった会話をプレイしながらして、作戦を進めていくおもしろさがあると思います。

田中:あと今回、カスタマイズの自由度がすごく増えているので、自分の育てた戦車とか、自分の部隊とかを持ち寄って、自分のやり込みを見せ合う意味でも楽しめると思います。

本山:特に今作は、アバンも全部の兵種に就けますので。アバンを普通だったら偵察兵のまま進めると思うんですけど、あえて支援兵にしてみるとか。

田中:アバンを支援兵にするのは通だね~、アバンが楽器吹いたりするのか(笑)。

本山:僕もやったことはないですけど(笑)。でもそうして、いろいろな兵種に就かせると、また違ったクリアの仕方があるのではないかと思いますね。

『戦場のヴァルキュリア2』 『戦場のヴァルキュリア2』 『戦場のヴァルキュリア2』

■今後の『ヴァルキュリア』

――気が早いのですが、次回作を出すのならどのような形でのリリースを考えていますか?

田中:ハードのことはよく聞かれますが、僕らは、できれば「ハードはこれ」と決めうちはしたくない。あらゆるオプションを含めて考えたいと思っています。PS3でやりたいなって思いも当然ありますよ。でも、PSPでもやりたい。

 何しろ、今はまず『2』が1月21日に出るので、これを全力でガツンと打つ。そうすれば、『2』おもしろかったとか、今度はこれで出してほしいとか、お客さんの反応も当然返ってくると思います。シリーズがこの後どう進んでいくか、お客さんがどう求めているか、というのは見ていきたいですね。

本山:やはりハードごとに、やりやすいこと、やりにくいことあると思います。だから何かのハードと決めてしまうと、“『ヴァルキュリア』の可能性”というのが、ちょっと狭まってしまう気もしています。

 なので僕らとしても、ハードのことは決めつけないで考えています。新しい企画を今後やっていくのだとすれば、新しいシステムなんかもどんどん採り入れていきたいですし、皆さんのご意見も採り入れていきたいと思っています。(今後については)ユーザーの皆さんのご意見を、ぜひいただきたいですね。

――ちなみに『ヴァルキュリア』は前作がアニメ化やコミック化されていますが、今作も展開を広げていく構想はあるのでしょうか?

田中:構想というか、そういう気持ちはありますね。まだちょっと具体的に言えないこともありますが、そういったところから入った『ヴァルキュリア』ファンの方もたくさんいると思いますので。

――現在も前向きに動いているということでしょうか……?

本山:その辺はナイショです(笑)。

――では期待しています(笑)。最後に、『ヴァルキュリア』ファンと1月21日にソフトを買おうと思っている人へのメッセージをお願いします。

田中:絶対、値段分損させない、すごい遊べるソフトになっていると思うので、ぜひ買って、一緒に僕らと遊んでください。

本山:前作からパワーアップした部分というのが、本当に多いです。体験会などで触れられていない方もまだ多いので、ちょっとやきもきさせていると思いますが、絶対裏切らないものになっています。ぜひ1月21日を楽しみに待っていてください。

『戦場のヴァルキュリア2』

(C)SEGA

データ

▼『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年1月21日
■価格:UMD版 6,090円(税込)/ダウンロード版 5,400円(税込)
 
■『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』UMD版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

前へ 1 2 3 4

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。