News

2010年1月8日(金)

年末年始商戦は圧倒的な強さで『New スーパーマリオWii』が制す

文:電撃オンライン

 今回は、2週間分(2009年12月21日~27日集計分および2009年12月28日~2010年1月3日集計分)のソフト販売ランキングをお届けします。

 2009年最後のランキング(集計期間:2009年12月21日~27日)は、Wii『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(任天堂)が51.3万本を売り上げ、2週間ぶり3度目の1位を獲得しました。

 これで『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の累計販売数は241.0万本に達し、Wiiでは『Wii Fit』(任天堂)の24週を大幅に上回る4週間でダブルミリオンを突破。次週には、『マリオカートWii』(任天堂)の247.8万本を上回り、Wii歴代4位のセールスを記録することが確実な状況で、最終的にどこまで数字を伸ばせるか注目したいところです。ちなみにWiiの歴代累計販売本数トップ3は、1位が『Wii Fit』で347万本、2位が『Wiiスポーツ』で344万本、3位が『はじめてのWiiパック』で281万本となっています。

 続く2位には、『ゼルダの伝説』シリーズの最新作となるDS『ゼルダの伝説 大地の汽笛』(任天堂)が初登場。DSでは2作目となる今作ですが、発売週実績は30.4万本(店頭消化率50%前後)と、2007年6月に発売された前作『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』(発売週29.8万本/累計91.9万本)とほぼ同じような出足を見せています。3位のDS『トモダチコレクション』(任天堂)は、発売から半年以上経過しているにもかかわらず、今週も前週比32.0%増の21.7万本を販売。異例のロングヒットで、累計販売数はDS歴代10位となる227.6万本に達しました。

 また、発売4日間でPS3初のミリオンヒットを記録した『ファイナルファンタジーXIII』(スクウェア・エニックス)は、2週目で19.0万本し、累計販売数を164.6万本に伸ばしています。ちなみに、初週に対する2週目の販売比率は13.1%と、PS2の『ファイナルファンタジーX』(11.7%)や『ファイナルファンタジーXII』(14.7%)とほぼ同じような動きとなりました。


順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 2 Wii New スーパーマリオブラザーズ Wii 任天堂 09/12/03 512,621 2,409,710
2 - DS ゼルダの伝説 大地の汽笛 任天堂 09/12/23 303,552 303,552
3 3 DS トモダチコレクション 任天堂 09/06/18 217,178 2,276,414
4 1 PS3 ファイナルファンタジーXIII スクウェア・
エニックス
09/12/17 190,183 1,645,688
5 4 Wii Wii Fit Plus 任天堂 09/10/01 112,956 1,318,380
6 8 Wii Wiiスポーツ リゾート 任天堂 09/06/25 77,647 1,576,705
7 5 Wii ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~ ポケモン 09/12/05 74,211 272,505
8 7 DS ポケットモンスター ソウルシルバー ポケモン 09/09/12 70,005 1,778,412
9 12 Wii 太鼓の達人Wii ドドーンと2代目! バンダイナムコ
ゲームス
09/11/19 65,444 194,948
10 6 DS レイトン教授と魔神の笛 レベルファイブ 09/11/26 64,632 545,943

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

→次のページで、2010年最初のソフト販売ランキングをチェック!(2ページ目へ)

1 2

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。