News

2010年1月21日(木)

最弱から最強へ? 『ラストリベリオン』にプリニー登場ッス!!

文:電撃オンライン

『ラストリベリオン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 いよいよ来週1月28日に発売のPS3用ソフト『ラストリベリオン』。今回は、新たなキャラクターやエクストラボスなどの情報をお伝えする。

『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲これまでにも紹介してきたゲストイラストレーターのイラスト。今回は美樹本晴彦さん(左)と小林智美さん(右)のイラストを掲載。

 『ラストリベリオン』は、二心同体となった2人の主人公・ナインとアイシャを切り替えてプレイしていくスタイルが特徴的なファンタジーRPG。状況にあわせてナインとアイシャを切り替えるだけでなく、正しい順序で部位を攻撃することにより、敵の弱点を突ける独特のバトルシステムも特徴だ。

■ドラマに深くかかわる少女とオッサン

 ここで紹介するキャラクターは、ナインを「パパ」と呼ぶ女の子セフィと、元ブレイド・ジェイクの2人。ジェイクが制作した機械兵器ヴァンドレッグも、物語に深くかかわってくるようだ。

『ラストリベリオン』

セフィ・エイニス

 バルノゼルド工場跡で敵に捕らわれていたところをナインによって助けられた、ルバスティスの少女。ルバスティスとは、獣の耳や尾をもった民族。

 ナインを死んだ父親とかぶらせて、“パパ”と呼び、ことあるごとにナインに付きまとう。またシールとしての才能を大いに秘めており、封魂を使うことができる。


『ラストリベリオン』
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲父親とナインをかぶらせているというセフィ。彼女の父とナインには、どんな共通点や関係があるのだろうか?

『ラストリベリオン』

ジェイク・ワイブライム

 とある事件でブレイドとしての能力に限界を感じ、機械技師・アキュルバノンとなった男。現在は隠居するように洞窟でひっそりと暮らしている。

 物語冒頭、ナインがアーゼルライド王に頼まれて運んできた機械兵器・ヴァンドレッグを作った張本人でもある。


『ラストリベリオン』
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲ブレイドであることを捨て、機械技師になったジェイクだが……再び剣を取ることになる!?
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲ナインが見上げているのが、機械兵器・ヴァンドレッグ。シールがいなくとも、バルノゼルドを封魂する力がある。存在するのは、ジェイクの制作した1体のみだという。


■エクストラボスでプリニー登場ッス!!

 物語を進めると、寄り道的な要素としてエクストラボスに挑戦できるようになる。そして同社の人気キャラクター・プリニーや、『ジグソーワールド ~大激闘!ジグバトル・ヒーローズ~』に登場した“みかん”が、エクストラボスとして現れることが判明。かなり強敵として立ちはだかるようだ。

『ラストリベリオン』
▲ストーリーを進めると現れる扉。ここからエクストラボスに挑戦する。
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲魔界で最弱のはずのプリニーが、『ラストリベリオン』の世界では最強キャラクターの1人として君臨!? 爆発はするのだろうか……?
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
▲こちらは“みかん”に追いかけられている画面と、戦っている画面。かわいらしい見た目だが、ここではとても危険なボスキャラクターだ。

 最後に、新着のスクリーンショットを少しだけ紹介する。見るからに凶暴なドラゴンと戦う姿や、アルフレッドと話をする謎の女性の姿も確認できる。画像を拡大してじっくり見てみてほしい。

『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』
『ラストリベリオン』 『ラストリベリオン』

(C)2010 NIPPON ICHI SOFTWARE INC./HITMAKER,INC.

データ

▼『ラストリベリオン』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2010年1月28日
■価格:7,140円(税込)
 
■『ラストリベリオン』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。