News

2010年2月3日(水)

『電撃マ王 4月号』より『マジック:ザ・ギャザリング』のコミックが連載開始!!

文:電撃オンライン

 2月27日に発売される『電撃マ王 4月号』(アスキー・メディアワークス刊)より、コミック『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』の連載がスタートする。

『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』

 本作は、全世界で高い人気を誇るトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のコミカライズ作品。“プレインズウォーカー”と呼ばれる次元を渡る力を持つ、強力な魔術師チャンドラ・ナラーの冒険が描かれていく。

 作画は第7回電撃コミックグランプリの少年マンガ部門で準グランプリを獲得した日森よしの先生が担当。シナリオは、『幻想水滸伝』や『幻想水滸伝II』のシナリオを手掛けた村山吉隆先生(ブルームーン・スタジオ)が執筆する。以下に、本作の登場キャラクターを紹介していくので、ぜひご覧いただきたい。

『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』 『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』
チャンドラ・ナラー……長い髪と鋭い視線が印象的な女魔術師。燃え盛る炎を御する紅蓮魔術を得意としており、自身が操る炎のように活発な性格をしている。多元宇宙を渡る力を持つ強大な魔術師“プレインズウォーカー”の1人。

『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』
サミール・ミア・カウディ……エルフの村の村長で、緑の呪文を操る。見た目は若いものの、実際の年齢はかなり高いらしい。チャンドラが修行するケラル・キープ僧院にある依頼を持ち込んでくる。
『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』 『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』
ウォルバート3世……平地を統べる騎士団の長。白の法が世界のすべての法になるべきだという考えの持ち主だ。マザー・ルティ……ケラル・キープ僧院を治める女性。多元宇宙を渡ってやってきたチャンドラを僧院に迎え入れるふところの深さを持っている。
『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』 『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』
シスター・フロベル……僧院で働くシスター。規律に厳しい性格で、奔放なチャンドラも彼女には頭が上がらない。アーヤ(左)とサーヤ(右)……サミールが長老を務める村で暮らす、ドルイドの姉妹。アーヤが妹で、サーヤが姉。

Magic: The Gathering and マジック:ザ・ギャザリング燃え尽きぬ炎 are trademarks of Wizards of the Coast LLC in Japan and other countries.
(C) 2010 Wizards.

データ

▼『電撃マ王4月号』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年2月27日
■価格:630円(税込)
※毎月27日発売

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。