News

2010年1月23日(土)

フェイトに片思いするなのはの物語!? 劇場版『リリカルなのは』舞台あいさつレポ

文:電撃オンライン

『魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2

 封切りとなる本日、映画上映前の舞台に田村ゆかりさん、水樹奈々さん、水橋かおりさん、桑谷夏子さん、高橋美佳子さん、五十嵐麗さん、浅野真澄さんが登壇し、満席の観客を前にあいさつを行った。その模様を以下に掲載する。

『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
舞台あいさつに登場した声優陣。写真左から浅野さん、五十嵐さん、高橋さん、水樹さん、田村さん、桑谷さん、水橋さん。

――『魔法少女リリカルなのは』が5年以上の時を経て、映画化されました。今の感想をお聞かせください。

田村さん:今日、来ている人で『なのは』を知らない人~?(会場を見渡して)いないようなのでネタバレしま~~す(一同笑)。2004年にTVアニメが1クールで放送されたのですが、それをもう一度やれてうれしかったです。大きいスクリーンで流れるというのは貴重な体験ですし。あっ、ネタバレしなかった(笑)。

水樹さん:3シリーズまで続いた作品が、映画になるなんて……。フェイトは自分の分身のような感じで大好きです。作品を見ていただくと、プレシアが大好きになると思います。親子のシーンに期待です。

水橋さん:さっき、「なのはを知らない人?」という質問に手があがらなかったのがうれしいです。私は他のキャラクターでもこのシリーズに出ているのですが、ユーノ君は思い入れが強いです。見てほしいのは、なのはの変身シーン……の後の、ユーノのリアクションです(笑)。私もユーノもなのはが大好きなので、リアクションに関しては大目にみてください。

桑谷さん:アルフ役でずっと出ているのですが、TVアニメの映画に出るのは初めてです。『なのは』が好きなので、ここに立てていることがうれしいですね。これも皆さんの応援のおかげ。これからもよろしくお願いします。

高橋さん:TVアニメで初めて男の子を演じたのが、クロノです。思い入れもある分、今回の収録は緊張しました。とにかく圧倒されるのが、爆破、爆撃、爆音(笑)。音と映像が飛び込んでいるので、ドップリつかって楽しんでください。

五十嵐さん:久々にこのシリーズに出させてもらいました。この作品は絆や親子、守りたい人などを描いていると思います。私は試写会で見て、泣いてしまいました。(人のいない席を指して)そこの席が空いているようなので、もう1度見たいくらいです(一同笑)。ぜひ楽しんでいってください。

浅野さん:リニスにはドラマCDからかかわらせてもらっています。切なくて、愛情があって、私も引きこまれました。劇場版に出れたことがうれしいので、見終わったら感想を聞きたいです。

――これから上映されるにあたって見どころや、楽しみにしていたファンへメッセージをお願いします。

浅野さん:私の中でも印象的な作品。どのシーンも見逃さずに楽しんでください。

五十嵐さん:(フェイトのことを)ちょっとだけいじめちゃうけど、ゴメンね(笑)。でもその後に、何かが沸き上がります。

高橋さん:PSP用ゲーム『魔法少女リリカルなのは A’s PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-』が発売されています。遊んだ人は、私がやっているラジオ『RADIOアニメロミックス ラジオStrikerS』に感想を送ってください(笑)。劇場版アニメはすごい迫力なので、楽しんでほしいです。

桑谷さん:涙が出ると思います。私も試写会の時にあふれるのをこらえていました。ハンカチを用意しておいてください。

水橋さん:五十嵐さんは「ちょっといじめちゃう」ということでしたが、ユーノ君はちょっとのぞいちゃいます(一同爆笑)。ぜひ、温かい目で見てください。

水樹さん:久々に9歳のフェイトを演じました。まだまだ私もいけますね(笑)。今でこそ、なのはとラブラブな彼女ですが、今回は出会いの物語。2人の馴れ初めを楽しんでください!

田村さん:なのはは、ずっとフェイトが好きだったんだよっ!! (水樹「ごめんね、素直になれなくて」)……そんななのはの片思いを描いたストーリーになっています。たまに変態なフェレットにちょっかいを出されますが(笑)。人と人のつながりを考える作品になっていると思うので、堪能してください!


 本映画には劇場来場者特典が存在。来場者に、【リピートポイントカード(特製モバイルデジコン付き)】がプレゼントされ、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』を観れば観るほど豪華特典がGETできるという内容になっている。興味がある人は何度も劇場に足を運んでみては?

・1回目鑑賞特典:特製モバイルデジコン(※ポイントカードに二次元バーコードが印刷されている)
・2回目鑑賞特典:ご鑑賞サンクスポートレート(※キャラクターデザイン奥田泰弘描き下ろしイラスト)
・3回目鑑賞特典:メモリアルフィルムコマ(※上映フィルムをカットしたもの)

『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
こちらが、リピートポイントカード(左が表面で、右が裏面)。スタンプの回数に応じて、カードと引換に特典がプレゼントされる。
『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
リピートポイントカードに記載されているQRコードにアクセスするとダウンロードできるのが、左のモバイル待受画像。そして2回観賞すると右のポートレートがもらえる。

(C)NANOHA The MOVIE 1st PROJECT

■『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
【公開日】2010年1月23日
【スタッフ】(※敬称略)
 企画・製作:NANOHA The MOVIE 1st PROJECT
 原作・脚本:都築真紀
 監督:草川啓造
 キャラクターデザイン・総作画監督:奥田泰弘
 美術監督:片平真司
 色彩設定:田崎智子
 撮影監督:中山敦史
 編集:関一彦
 音響監督:明田川仁
 音楽:佐野広明
 アニメーション制作:セブン・アークス
 配給:アニプレックス
 他

【キャラクター&キャスト】(※敬称略)
 高町なのは役:田村ゆかり
 フェイト・テスタロッサ役:水樹奈々
 ユーノ・スクライア役:水橋かおり
 アルフ役:桑谷夏子
 クロノ・ハラオウン役:高橋美佳子
 プレシア・テスタロッサ役:五十嵐麗
 リニス役:浅野真澄
 エイミィ・リミエッタ役:松岡由貴
 リンディ・ハラオウン役:久川綾
 他

データ

▼『魔法少女リリカルなのは A’s PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-』
■メーカー:バンダイナムコゲームス(※開発:ウィッチクラフト ※ディレクター:金子彰史)
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2010年1月21日
■価格:通常版 5,229円(税込)/限定版 13,629円(税込)
 
■『魔法少女リリカルなのは A’s PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『魔法少女リリカルなのは A’s PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-』限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

前へ 1 2

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。