News

2010年2月5日(金)

『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』のOPを担当する、naoさんにインタビュー!

文:ごえモン

『CHAOS;HEAD(カオスヘッド) らぶChu☆Chu!』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 ごえかく。……どうも、5pb.から3月25日に発売されるXbox 360用ソフト『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』の特集ページを担当しているごえモンです。前回の松原達也さん&林直孝さんインタビューに引き続き、特集企画第3回もインタビューをお届けします!

 今回インタビューにご協力していただいたのは、本作のオープニングテーマ『シンクロしようよ』を歌う、女性ボーカリスト・naoさん。fripSide卒業&DystopiaGround(ディストピアグラウンド)を結成した時の心境や、『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』への印象、『シンクロしようよ』の聴きどころなどを聞いてみたので、naoさんファン&『CHAOS;HEAD』ファンは必見です!(インタビュー中は敬称略)

『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』のOPを担当する、naoさんにインタビュー!

■naoさんプロフィール


出身地:千葉県 誕生日:1月26日 身長:157cm 趣味:散歩
特技:際限なく寝ること、ピアノ演奏 好きな食べ物:野菜とフルーツ
今の目標:自動車免許を取得すること


 2002年より、fripSideとして歌手活動を開始。平行して、より電波ソングを追求したセカンドラインとして“fripSide NAO Project!”の活動を開始する。数々のPCゲーム主題歌を担当し、2008年にはTVアニメ『恋姫†無双』のOPを“fripSide”として、EDを“fripSide NAO Project!”としてメジャーデビュー。2009年3月にfripSideを卒業後、naoと志倉千代丸が中心となり“No A-pop! No Life!”を信念とする音楽制作集団“DystopiaGround”(ディストピアグラウンド)を始動。2009年12月のコミックマーケットで発売した、2枚のシングルを即完売し、好評を得る。



■歌うことを辞めようと思っていた!? fripSide卒業後の心境

――本日はよろしくお願いいたします。fripSideを卒業してもうすぐ1年ですが、心境はどうですか?

nao:fripSideを卒業した時は、実は歌を歌うことを辞めようと思っていました。ですが、今まで一緒に音楽をやってきた音楽仲間に応援してもらい、そして志倉さん(5pb.代表取締役・志倉千代丸氏)に同人音楽とDystopiaGroundについてお話を伺って、fripSideのころとは、また違った視点で“音楽”というものを見つめ直すことができた気がします。ソロの歌い手となってまだ半年も経っていないのですが、昔から私を知っている音楽仲間と温かいファンのみんなに支えてもらって、今の私があります。それを、以前よりも、より増してありがたいことだと思えるようになりました。

――そういえば、ブログを拝見したのですが、“なおかく。”ってどんな意味なのでしょうか?

nao:そのままですね。ブログを“nao”が“書いた”ので、“なおかく。”なんです。ゴロがいいので、ずいぶん前から使っています(笑)。

――勉強不足ですみません。それでは、ここから『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』と『シンクロしようよ』について聞いていきます。まずは、本作の主題歌を担当することになった経緯を教えてください。

nao:大人の事情部分の経緯はわからないのですが(笑)、以前から萌え&電波ソングをいろいろと歌わせていただいていた経緯があったので。今回は、『らぶChu☆Chu!』な萌え電波ソングということで、担当させていただくことが決まりました。

――『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』の主題歌を担当することになった時、どう思われましたか?

nao:ひと言で言うと、驚きました。『CHAOS;HEAD』といえば、いとうかなこさんが歌われる主題歌のイメージが強いので、「私で大丈夫なのかな?」と心配と不安が一気に沸きましたね。ただ、せっかく機会をいただいたので、「私なりに精一杯頑張ろう!」とスグにシフトチェンジできました。

――この、『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』という、アレな(笑)タイトルを初めて聞いた時、どう思われましたか?

nao:「え? ちゅっちゅって……カオスが??」という感じで(笑)、まずそこに驚きました。アニメもゲームも、ダークカラーなイメージがあったので、らぶでちゅっちゅって……「いったいどうなっちゃうんだろう?」という感じでしたね。

――naoさんは、今回のお話をもらう以前に『CHAOS;HEAD』という作品をご存知でしたか?

nao:ゲームはプレイしたことがないのですが、アニメは少しだけ見ていました。なぜ少しだったかというと……実家から出て1人暮らしを始めて、しばらくTVがなかったのでリアルタイムでは見られなかったんです。……愛が足りないですよね、すみません。

――ちなみに、同じ科学シリーズの『STEINS;GATE』はプレイしたことがありますか?

nao:『STEINS;GATE』は、私の音楽仲間やファンの間でもプレイした方が結構いて、その人たちから「すごくおもしろいよ!」と聞いていました。なので、とてもプレイしたいのですが、Xbox 360を持っていなくて……。ハードをゲットして、まず最初にプレイしたいのは、実は『STEINS;GATE』だったりします。

■主題歌『シンクロしようよ』は“ラ”の数に注目

――今回担当されました主題歌『シンクロしようよ』はどのような曲なのでしょうか?

nao:今までの『CHAOS;HEAD』とガラリと変わったのは、ゲームの世界感だけではありません! という感じで、主題歌も一変しています。1曲を通して、明るくちゅっちゅな感じになっていて、きっと『CHAOS;HEAD』を知っている人なら、歌や歌詞を聴いて思わず“ニヤリ”としてしまうような楽曲になっているのではないかと思います。

――『シンクロしようよ』のデモを初めて聞いた時の印象を教えてください。

nao:実は「あ、意外に普通だな……」というのが第一印象です。楽曲だけを聴くと、かわいらしいロック調の曲なので(笑)。ただ、歌のメロディラインが入って、歌詞を見た時は驚きましたね。歌いだしの“ラ”の数がものすごい数だったので……。

――あぁ、プロモーションムービーで聴けるあの部分ですね?

nao:そうです。歌い出しから、突然“ラ”が連続で出てきて、ものすごく印象深い曲になっています。今回の歌詞は、全体的に「『CHAOS;HEAD』ならでは!」という感じになっているので、全部の歌詞が好きなんですが、この“ラ”の部分が特に気に入っています。

――ちなみに、『シンクロしようよ』というタイトルには、どのような意味が込められているのですか?

nao:作詞、作曲は志倉さんなので、はたしてどんな意味が込められているのか……それは、『CHAOS;HEAD』を皆さんがどれだけ愛しているかで、意味をわかってくるのかな? と思います。なので、あえてここでは言いません!

――そこは聴いてみてのお楽しみということですね、わかります。……では、歌う時に、気を付けた部分やイメージしたこと、歌に込めた思いなどはありますか?

nao:しつこいようですが、今までの『CHAOS;HEAD』とはガラっと変わった雰囲気の主題歌になっているので「らぶでちゅっちゅな『CHAOS;HEAD』ってなんだろう? どんな感じなんだろう?」というのを常に考えて歌いました。リア充(日常が充実した人)になりたかった非リア充の拓巳が、リア充になれた世界に“ポンっ”と置かれた時、拓巳はどう感じたんだろう? というのも結構考えましたね。

――歌い方について、志倉千代丸さんから指示などはなかったんですか?

nao:実は、特にありませんでした……。私の歌う萌えソングや電波ソングは、志倉さんにも聴いていただいているので「自由にやってみろっ!」という無言のメッセージだったと思いたいです!

――naoさんは電波&萌えソングが得意ですから、きっと信頼されていたんですね! 他に、レコーディングの時に、印象に残ったエピソードなどはありますか?

nao:レコーディングの時期が、ちょうど街の雰囲気がリア充乙! なクリスマスになっていたころで……。まさに、リア充を目指していた、非リア充の拓巳が、リア充になる作品の主題歌なので、少し複雑だったりしました。「リア充になりたい……」という想いが、拓巳から私に受け継がれた気分でしたね(笑)。

――僕も早くリア充になりたい……。

■カップリング曲は、星来オルジェルをイメージした応援歌!

――Webラジオ『CHAOS;HEAD Love×2中毒注意報』のテーマソングにもなっている、カップリング曲『君へのトビキリ☆応援歌。』はどのような曲なのでしょうか?

nao:カップリング曲のテーマは“応援歌”です。曲名もズバリ『君へのトビキリ☆応援歌。』とそのままなのですが、TVアニメ版『CHAOS;HEAD』の、拓巳の妄想に出てくる星来たんをイメージしつつ、歌詞や合いの手などにも応援歌らしい言葉をたくさん使ってみました。

――『君へのトビキリ☆応援歌。』の収録時の感想や、気に入っている歌詞などはありますか?

nao:今までの萌え&電波ソングよりも合いの手を多めに入れたり、初めて合唱のようなものも取り入れてみたり、間奏部分のセリフも長めだったり……初体験が多かったです。ただ、「こうしてみよう」というイメージが頭の中にはできていたので、ドンドン形になっていくのが楽しかったですね。歌詞は、さりげなく『CHAOS;HEAD』的な言葉を入れてあるので、皆さん探してみてください!

■今後の抱負や、ファンへのメッセージ

――2010年の抱負や、やってみたいことなどありましたらお聞かせください。

nao:抱負とやってみたいことが一緒になってしまうのですが、naoのワンマンライブですね。私は、PCゲームの主題歌なども歌わせていただいていたり、同人サークルのDystopiaGroundでも歌っているので、「全部歌っちゃうぞ! そしてMCも長いぞ!!」という3~4時間くらいのライブイベントがしたいです。そして、“なおかく。”Tシャツを作る野望もあります。

――最後に『CHAOS;HEAD』ファン、naoさんファンにメッセージをお願いします。

nao:『CHAOS;HEAD』の“らぶらぶでちゅっちゅ”な部分を、ガツンと広げていった『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』。期待していたファンの方もたくさんいらっしゃると思います。この春は、妄想トリガーをどんどんひいちゃってください!! naoを応援してくれているみんなの中で、『CHAOS;HEAD』シリーズをプレイしてない! って方はぜひプレイして、妄想の世界へとダイブしてみてくださいね☆ これからも応援よろしくおねがいします!!

――どんどん妄想しちゃいます! ……本日はありがとうございました。『シンクロしようよ』と『君へのトビキリ☆応援歌。』楽しみにしていますっ!!

(C)2008-09 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP
(C)2010 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP

データ

▼『シンクロしようよ』
■発売元:5pb.
■販売元:メディアファクトリー
■品番:FVCG-1107
■発売日:2010年3月31日
■価格:1,260円(税込)
 
■『シンクロしようよ』の購入はこちら
Amazon
▼『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』
■メーカー:5pb.
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:AVG
■発売日:2010年3月25日
■価格:通常版 6,090円(税込)/初回限定版 9,240円(税込)
 
■『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』初回限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。