News

2010年2月5日(金)

1位はDS版『ドラゴンクエストVI』! 発売から4日で91万本を販売

文:電撃オンライン

 1月期最後のランキング(集計期間:2010年1月25日~31日)は、人気RPG『ドラゴンクエスト』の“天空シリーズ”3作品の最後を飾るDS『ドラゴンクエストVI 幻の大地』(スクウェア・エニックス)がトップに立ちました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 - DS ドラゴンクエストVI 幻の大地 スクウェア・
エニックス
10/01/28 911,586 911,586
2 - PS3 End of Eternity セガ 10/01/28 115,441 115,441
3 - PS3 アルトネリコ3
世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く
バンダイナムコ
ゲームス
10/01/28 89,927 89,927
4 1 Wii New スーパーマリオブラザーズ Wii 任天堂 09/12/03 84,672 3,206,552
5 5 DS トモダチコレクション 任天堂 09/06/18 47,567 2,683,901
6 6 Wii Wii Fit Plus 任天堂 09/10/01 33,813 1,583,615
7 4 PSP キングダム ハーツ
バース バイ スリープ
スクウェア・
エニックス
10/01/09 30,370 775,864
8 - X360 End of Eternity セガ 10/01/28 26,819 26,819
9 2 PSP 戦場のヴァルキュリア2
ガリア王立士官学校
セガ 10/01/21 22,667 113,438
10 - PS3 MASSIVE ACTION GAME(MAG) SCE 10/01/28 18,054 18,054

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 1995年にスーパーファミコンで発売されてから15年を経て、初めてリメイクされた『ドラゴンクエストVI 幻の大地』。発売4日間の販売実績は推定91.2万本(店頭消化率90%前後)で、DSで発売された前2作(『IV』……発売週60.5万本/累計128.3万本、『V』……発売週66.9万本/累計131.4万本)を大きく上回る好調なスタートを切りました。ちなみに、『IV』と『V』の発売週依存率(=累計に対する発売週の販売比率)は、『IV』が47.0%、『V』が50.9%。仮に、『VI』も前2作と同様に発売週依存率が50%前後になると仮定すると、累計販売数は180万本前後に達する計算になります。400万本超ヒットを記録している『IX』(累計414.7万本)によって大きく広がったユーザー層を購買に結びつけることができれば、前述の数字を上回ることも十分に考えられるでしょう。

 続く2位には、『スターオーシャン』や『ヴァルキリープロファイル』の開発で知られるトライエースと、セガがタッグを組んだ完全新作RPG『End of Eternity』(セガ)のPS3版が初登場してきました。PS3とXbox 360で同時発売された本作の発売週実績は、推定で11.5万本(Xbox 360版……2.7万本)。店頭消化率はPS3版、Xbox 360版ともに75%前後に達するなど、順調な出足を見せました。

 この他の新作では、バンダイナムコゲームスとガストが共同開発する人気RPG『アルトネリコ』シリーズの第3弾、PS3『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』(バンダイナムコゲームス)が3位にランクインしたのをはじめ、PS3『MASSIVE ACTION GAME(MAG)』(SCE)がトップ10圏内に初登場。『MASSIVE ACTION GAME(MAG)』については、品切れ店が続出するなど非常に活発な動きを見せました。(アスキー総合研究所)

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

電撃オンラインch

電撃オンラインch(YouTube)

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月10日~04月16日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。