News

2010年2月26日(金)

今年のTGSは9月16日~19日――中期的にはアジアのファンに向けた策も実施

文:電撃オンライン

 本日2月26日、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、同協会が主催する東京ゲームショウ2010(以下、TGS2010)の開催概要を発表。あわせて関係者向けの発表会を実施した。

東京ゲームショウ2010

 TGSは毎年秋に開催されている世界最大規模のゲームイベントで、開催数は今年で20回を数える。開催日数は昨年と同様に4日間で、9月16日・17日が関係者向けのビジネスデイ、9月18日・19日が一般公開日となる。入場料は一般(中学生以上)が1,200円(税込)、一般の前売りは1,000円(税込)で、小学生以下は無料。

 今年から、キッズコーナーをファミリーコーナーに名称変更して出展対象を拡大。電化製品を展示するオーディオビジュアル&ガジェットコーナーや、海外と国内のキャリアマッチングを実現するインターナショナル・キャリアパビリオンなどを新設する。また、物販コーナーでゲームソフトの販売が行われるようになる。

 発表会では、CESA会長の和田洋一氏と、共催の日経BP代表取締役社長・平田保雄氏があいさつした。和田氏は現行の年1回開催について、情報のスピードが速くなってきていることを理由として「年3回開催しなければいけないくらい」と、ジョークとも本気ともとれる発言。加えて氏は、ゲーム業界の“コンソールの広がり”をTGSでも考慮していく必要があることも示唆した。

 平田氏は、昨年は景気低迷の中でもTGSが盛況だったと感想を述べ、「少しずつ(景気が)上向いてきた中で、今年は行けるのではないか」とTGS2010の意気込みを語った。氏はゲームについて「日本の誇る数少ない成長産業の1つ」と語り、TGSに1社でも多く参加してほしいと関係者に呼びかけていた。

東京ゲームショウ2010 東京ゲームショウ2010
▲和田洋一氏▲平田保雄氏

 この他、TGSの中期ビジョンについても発表が行われた。今後は“アジアNo.1の情報網羅性”と“世界最大規模のイベント”を目指し、まずはアジアのゲームファンに注目してもらえる施策を打ち出すという。TGS2010では、アジア・ゲーム・ビジネス・サミットの開催、インターナショナル交流ゾーンの設置、TGSフォーラムのリニューアル、アジア各国でのTGSツアーの実施などが予定されている。

 アジアのゲームユーザーを確保した後は、国内やアジアのエンターテインメントを好むユーザーを集めていく、という将来像を1つの方向性として掲げる。いずれは“東京ゲームショウ”の名称変更もあり得るとした。

 中期的な計画として、多数の国際的なイベントが企画されており、関係各社と協議していることも明らかになった。ゲーム大会、コスプレイベント、ビジネスマッチングイベントなどが検討されていて、早ければTGS2010でも実現する可能性があるという。

東京ゲームショウ2010 東京ゲームショウ2010
東京ゲームショウ2010 東京ゲームショウ2010

 なお、TGS2010の開催テーマとメインビジュアルの発表は5月を予定している。明らかになり次第、電撃オンラインでもお伝えする。

■東京ゲームショウ2010 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2010年9月16日~17日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2010年9月18日~19日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売り1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。