News

2010年2月26日(金)

『ラストランカー』で主人公・ジグの前に現れるマキスとは!?

文:電撃オンライン

『ラストランカー』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンは、2010年に発売を予定しているPSP用RPG『ラストランカー』の新情報を公開した。

 『ラストランカー』は、流浪民族出身の青年ジグが故郷を捨て、武力で世界を維持する“戦侯機構バザルタ”の戦士ランキング1位を目指す物語。プロデューサーは松川美苗さん、ディレクターは新納一哉さん、シナリオは野島一成さん、作曲は下村陽子さん、キャラクターデザインは吉川達哉さんと、豪華クリエイターがスタッフとして名を連ねている。

 今回の記事では、ランキングディレクターを名乗るキャラクター・マキスを紹介する。あわせて、首都ガンドアの施設の情報をお届けしていく。

■うさんくさい男、マキスとの出会い

 辺境で暮らす民族・カンタレラの伝統に縛られるだけの無為な生活に、価値を見出すことができなかった主人公ジグ。儀式が行われた夜、カンタレラを捨て、外の世界に出る決心をする。親友ファズとの決別を経て、首都ガンドアを目指すジグの前に、怪しげな男が現れる。

『ラストランカー』 『ラストランカー』
マキスと名乗る男は、ジグがランカーとなるためにガンドアを目指していることを見抜くと、タダで情報を提供すると言い出した。ランキングディレクターを自称する男、マキス。明らかに裏がありそうだが、その目的は何だろうか?
マキス(CV:羽多野渉)
『ラストランカー』
戦侯機構バザルタに入るべく、首都ガンドアを目指すジグの前に唐突に現れる、怪しげな男。ランキングディレクターを名乗ってはいるが、一切の素性が謎だ。目的も不明で、その後も何かとジグにつきまとっては、ジグがランキングを駆け上がるためのアドバイスをしてくれる。ランカーではないようだが?

■首都ガンドアの施設とは!?

 最弱ランカーのポッドを推薦人とすることで、戦侯機構に登録されランカーとして歩き出したジグ。これまで辺境の地で暮らしてきたジグにとっては、首都ガンドアにあるものすべてが珍しく、驚きの連続だ。さすがに戦侯機構の本拠地だけあって、ガンドアにはさまざまな施設が存在している。

『ラストランカー』 『ラストランカー』 『ラストランカー』
ランカーたちが身体を休めることができる宿舎。下位のランカーは、大部屋に押し込まれるようだ。武器屋では、お金があれば武器を入手することができるかもしれない。店主が何気なく高位ランカーなのも見逃せない。
『ラストランカー』 『ラストランカー』
時に、戦侯機構からランカーたちに“修練”と呼ばれるミッションが課せられる。修練は世界の各地に設置されている“修練板”で確認して受けることができる。

 修練に成功すれば、ランクアップと同時に報奨金も手に入れることができる。他のランカーたちは、ただ見ているだけではなく、手柄を自分のものにするために奔走してくる。ライバルとして競い合う展開もあるだろうが、時には取引を持ち掛けられたり、妨害を受けることもあるかもしれない。

『ラストランカー』 『ラストランカー』 『ラストランカー』
2人がかりでジグに取引をもちかけてくるランカーたち。ランクはジグよりも上の様だが、ランキングを駆け上がっていくためにも、ここで素直に言うことを聞くわけにはいかない。ランカーらしく戦いで白黒つけよう!
『ラストランカー』 『ラストランカー』
今回の修練は“暴れ牛討伐”。ターゲットである暴れ牛を発見したら、撃破しよう! 無事に討伐することができれば修練成功。もちろん討伐だけでなく、さまざまな修練があるようだ。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ラストランカー』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2010年予定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。