News

2010年3月24日(水)

麻枝准さん書き下ろしの『Angel Beats!』前日譚小説第1話を限定公開!

文:電撃オンライン

『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』

 4月から放送開始するTVアニメ『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』。その前日譚が描かれる小説『Angel Beats! -Track ZERO-』の第1話を掲載する。

 『Angel Beats! -Track ZERO-』は、アスキー・メディアワークスの美少女キャラクター誌『電撃G’sマガジン』で連載されているオリジナル小説。『Angel Beats!』の原作・脚本を手掛けている麻枝准さんがシナリオを、『CLANNAD-クラナド-』のサイドストーリー集『光見守る坂道で』のイラストを手掛けたごとP先生が挿絵を担当。理不尽な人生を与えた神に反抗するための組織“死んだ世界戦線”立ち上げまでの物語が描かれていく。

 電撃オンラインでは、『Angel Beats!』特集企画の一環として『Angel Beats! -Track ZERO-』の第1話を掲載する。第2話以降を掲載する予定はないので、続きは『電撃G’sマガジン』のバックナンバーか、モバイルサイト“美少女キャラゲー 電撃G’sモバイル”でチェックしてほしい。

『Angel Beats! -Track ZERO-』

『電撃G’sマガジン』2009年11月号掲載
『Angel Beats!』前日譚小説
『Angel Beats! -Track ZERO-』第1話 『二人のロケット』
Word:麻枝 准(Key)
Illustration:ごとP
Character Design:Na-Ga(Key)



屋上のフェンスに登り、この学校の一番高い場所から周囲を見渡す。

校舎棟から一段低くなったところにグラウンド、その左手奥にテニスコート、講堂のようなものまである。

とんでもなく広い敷地を有していた。

そして、その向こうの世界を俺は探した。

ただ広い森が広がっていて、その先は薄く霞がかっていてよく見えない。

「なんなんだ、ここは……外の世界はどうなってんだ……」

「せーのっ」

後ろで女の声がした。

どすっ!

「うわああああぁぁぁぁぁーーーー………」



「はっ」

気づくと、ベッドに横になっていた。

白で統一された室内。

保健室だった。

隣にはヘアバンドをした見知らぬ女生徒。

「なあ……」

「あなたが言いたいことはわかるわ。そう、あなたが考えてるとおりよ。言わなくてもわかるわ」

「なんのことだよ! 言うよ!! 蹴り落としてくれたのはてめーかよっ!! 死ぬとこだったろ!! つか、あの高さから落ちてよく生きてたな、俺!! 奇跡が起きたよ!!」

「あら、死ぬかどうか試そうとしてたんじゃないの?」

「どんな度胸試しだよっ」

「なあんだ。思ったよりバカなのね。とっくに気づいてるのかと思った」

顎に手に当て、鼻から息をふんっとひと吐きし、呆れたようにそっぽを向いた。

「なんの話だよ」

「あなたたち、授業どうするの?」

ヘアバンドの女生徒の向こうから別の女性の声がした。養護教諭のようだ。

「あー、出ます」

女生徒が振り返り、そう返事をしていた。

「場所を変えましょ」

直後、チャイムが鳴り渡った。

『Angel Beats! -Track ZERO-』

女生徒について、再び屋上に出る。

「で、なんだって? 俺が何に気づいていないって?」

「ここが死後の世界だってことよ」

「はあ? わけがわかんねぇ」

「あなたには死んだ記憶があるはず。目覚めたらここにいた」

はっ、と息をのむ。

俺は死んだのか……。

最後の記憶を辿(たど)ってみる。あれは事故だった。

迫る大型トラック。

俺は酩酊としていて、かわすことはおろか、動くことすらできなかった。

訪れる衝撃。空と地面が何度も入れ替わって見えた。

やがて止まると、空を見ていた。体がズタボロなのがわかる。とにかく全身隈(くま)無く痛い。

いてぇ……いてぇ……と俺は繰り返し呟いていた。

死ぬんだな……という確かな予感とともに、意識を失った。

次、目覚めたら見知らぬ学校の敷地内に倒れていた。

見知らぬ制服を着ていた。怪我はなく、五体満足だった。

同じ制服を着ている奴らが学校に登校していた。

呆然と立ち尽くしていたら、生徒会長と名乗るひとりの女生徒が俺の手を引っ張っていた。ついていったら、自分の席があった。

教師がやってきて、朝のホームルームが始まった。

見知らぬクラスで、俺の名前が呼ばれた。

いないのか、と問われたので、います、とだけ答えた。するとその間抜けさにか、女生徒たちから笑いが漏れた。

そのまま次の奴の名前が呼ばれた。

そうして出席は取られていった。

どういうシステムになってんだ、この学校は。突然現れた奴の席が用意してあり、誰もがそれを自然に受け入れる。

なんなんだ、ここは……。

「ようやく理解した顔ね。じゃ、やることはひとつね。結託しましょう」

「いや、なにひとつ理解していないから。困惑のただ中だから。そもそも、おまえは誰だ?」

「人間よ」

「馬鹿にしてるのか?」

「あなたねぇ、少しは頭を使いなさい。あたしをあまり失望させないで。これからこんな奴と組むのかと思うと、うんざりしてくるわ……」

「言いたい放題だな……」

「じゃ、考えてみなさいよ」

「く……」

目の前にいるのはどう見ても人間じゃないか。俺だって人間だ。

ん……?

「じゃあ人間じゃない奴がいるってことか……?」

「二十五点」

「点数なんて聞いてねぇよっ、答えろよっ」

「だから、あたしを失望させないでって言ってるでしょ」

男の俺がうろたえるほどの目つきで睨まれる。

なんて女だ……。美人ではあるが……。

人間じゃない存在……。

確かに俺は、突然現れたはずの“俺”という存在を、それまでもずっといたかのように受け入れたクラスの連中に、薄ら寒いものを覚えた。

「え、まさか……あいつら生徒が人間じゃない?」

「八十点」

「嘘だろ……じゃ、なんだって言うんだ……」

「先に満点取ってくれるかしら?」

「じゃあ、教師たちも人間じゃない」

「九十点」

いいぞ……。あと、十点だ。

「わかった! 残るはモンスターで学校の外を徘徊してるんだ!」

「あー、やっぱアホだったかぁ! こいつは残念! 他の奴を探すわ。さようなら」

背を向けて、去っていこうとする。

「待てよっ、ここまできて、そりゃねぇだろっ、教えろよ!」

「なら答えなさいよ。今、最大のヒントをあげたわよ。これで無理なら今度こそ、さようならね」

どうしてだろう……。これだけ言いたい放題言われておきながら、こいつに見放されてしまうことに不安を覚えた。

クラスの連中にはなかった、人間味を感じる。そう、こいつこそが初めて出会えた本物の人間なんだ。見放されたくない……。

そして、こいつはこの世界について知っている。それを知る資格を今、試されているのだ。

(C)VisualArt's/Key/Angel Beats! Project

1 2 3 4 5 6

データ

▼『Angel Beats! -Track ZERO-』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年6月23日
■予価:1,890円(税込)
 
■『Angel Beats! -Track ZERO-』の購入はこちら
Amazon
▼BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)
■メーカー:アニプレックス
■品番:ANZX-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:7,350円(税込)
 
■BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon
▼DVD『Angel Beats!』第1巻
■メーカー:アニプレックス
■品番:通常版 ANZB-6401/完全生産限定版 ANZB-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:通常版 5,250円(税込)/完全生産限定版 6,300円(税込)
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(通常版)の購入はこちら
Amazon
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

[集計期間2014年 07月25日~07月31日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。