News

2010年3月12日(金)

『グラナド・エスパダ プラス』2010年の展開を日本運営プロデューサーが語る

文:電撃オンライン

 新規MMORPGタイトルが現われては消えていく、厳しい日本のオンラインゲーム市場で、今年サービス4年目を迎える中堅タイトルに成長した『グラナド・エスパダ プラス(以下、GE+)』。ハンビットユビキタスエンターテインメント(以下、HUE)がサービスを開始した当初は、3人同時操作のMCCシステムや、NPCを自分の仲間にできる編入キャストなど、システム面ばかりが注目されてきた。しかし、ここ最近は単なるマップ拡張やレイドボスの追加ではなく、プレイヤーがきちんと物語を感じられるような、シナリオに力を入れたアップデートも増えてきている。

 この先新大陸グラナドエスパダの開拓はどうなるのか? 旧大陸の貴族達の陰謀は明らかになるのか? 2010年のアップデート予定について、同社『GE+』プロデューサー中尾圭吾氏にインタビューしてきた。

──今日は近日公開の『GE+』アップデート情報と、2010年の展開についてお話いただけるそうで、楽しみにしています。よろしくお願いします。

中尾圭吾氏(以下、中尾氏):よろしくお願いします。まずは3月中の実装を予定している、アップデートの話から始めましょう。こちらにある3点のスクリーンショットをご覧ください。

『グラナド・エスパダ プラス』 『グラナド・エスパダ プラス』
『グラナド・エスパダ プラス』
▲この顔にピン! と来た『GE+』プレイヤーは即ログインしよう。白い肌、バレリーナのようなスラリとした肢体は、間違いなく“あの子”だ。

──これは“トルシェー屋敷”ですね? ビスクドールの飾られた部屋、雰囲気ありますねぇ。

中尾氏:その通りです。このトルシェー屋敷を舞台に、色々と新しい展開が起こります。そのイメージ画像がこちらになります。次期アップデートでは、ここに写っている謎の暗殺美少女が登場するんですよ。

──謎のと言いますが、その、現役プレイヤーにはわりと馴染み深い顔ですよね……? うちの家門にもそっくりな子が1人いますし。彼女が新たな編入キャストですか。

中尾氏:ええ、まぁすでに存在する某キャストにそっくりではありますが、そう言っては身も蓋も無いので、あくまで“謎の美少女暗殺者”です。彼女専用の独自スタンスも同時に実装されます。

──編入クエストのボリュームはかなり多いのでしょうか。

中尾氏:このアップデートではサブシナリオが入らず、追加されるのは“彼女”を家門に編入させるための、メインシナリオ1本になります。ただ、今回はこれまでにない重厚なストーリーが用意されているので、そこに注目してほしいですね。

 簡単にシナリオをお話しますと、トルシェー屋敷にはモントロ子爵なる悪い貴族がいます。屋敷の主であるトルシェー博士とモントロ子爵、そして謎の美少女の3人が壮大なドラマを繰り広げられます。

──既存のコンテンツに対して、トルシェー屋敷周りのクエストがぽこっと1つ追加されるだけですか。できればメインシナリオには無関係の、サブクエストなんかもほしいですね。

中尾氏:今はまだ詳しくお話できませんが、トルシェー屋敷と謎の美少女を巡るメインシナリオ以外にも、短いスパンで順次コンテンツを追加実装していく予定です。2009年12月のアップデートは、ハッキリ言えばコンテンツ不足でプレイヤーの皆様にも満足していただけなかったことは、我々も分かっています。じゃあ何が新たに実装されるのか、という詳細については近日中に情報公開を行いますので、もう少しだけお待ちください。

──昨年の話が少し出たところで、では2010年の『GE+』のアップデートスケジュール、今後の展開について教えていただけますか。

『グラナド・エスパダ プラス』

中尾氏:2010年の『GE+』がどうなるかについては、開発と運営の2つの面にわけてお話させてください。まず開発についてですが、今申し上げましたとおり、2009年に実装したコンテンツは足りない部分が非常に多かったです。3ヶ月に一度の大型アップデート実装は実現できましたが、その中身は私自身やプレイヤーが思い描いていたものに比べると、薄かったと言わざるを得ません。2010年は開発ともよく話しあい、かなりボリュームのあるアップデートを行っていくつもりです。

──昨年のアップデート内容はコンテンツ不足とのお話ですが、具体的にプレイヤーが実装を期待していたものは何だったんでしょう?

中尾氏:痛いところを突いてきますね(笑)。具体的には2008年11月に実装された“エラク”以降、2009年は一度も新規マップの追加がなかったことです。街、フィールド、ダンジョンいずれも新しいものはほぼ登場せず、ゲームが停滞した印象を与えてしまいました。

──確かに前回のオンライン座談会でも参加者から、「エキスパート以降の経験値稼ぎができるフィールドが、1、2個しかなくてマンネリ化している」という意見が出てましたね。

中尾氏:その通りです。フィールドが増えれば街やダンジョンも追加できますので、その点も徐々に改善されるでしょう。

──全キャラクターがエキスパートに育ちきったプレイヤーでも、今年の大型アップデートには期待していいわけですか。

中尾氏:はい、自信をもってお約束できます。

 ■『GE+』のメインテーマは開拓ではなかった?

(c) 2003-2010 IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1 2 3 4

データ

▼『グラナド・エスパダ プラス』
■運営:ハンビットユビキタスエンターテインメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows 2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:2006年7月21日
■プレイ料金:無料(アイテム課金)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。