News

2010年3月14日(日)

『RO』カンファレンス速報!! 『EPISODE13.3』以降の未来情報をチラ見せ公開

文:電撃オンライン

  ガンホー・オンライン・エンターテイメントは3月13日、秋葉原UDXシアターにて“ガンホーカンファレンス2010”を開催。MMORPG『ラグナロクオンライン(以下、RO)』および、『エミル・クロニクル・オンライン(以下、ECO)』の最新情報が発表された。

 前半に行なわれた『RO』の発表についてはプレイヤー待望の3次職実装、およびリニューアルアップデート“SakrayJ”に関するものが中心となっていたが、ここでは韓国Gravity社の開発スタッフが手土産として(?)会場限定で特別に公開した、リニューアル以降に実装が予定されている情報をピックアップしてお届けする。

■『EPISODE13.3』では巨人都市“エル・ディキャスティス”が登場

 昨年12月に韓国で実装された、最新アップデートとなる『EPISODE13.3』(日本では次期アップデートにあたる)は、巨人族の首都“エル・ディキャスティス”が舞台。本アップデートは『EPISODE13』の完結編となり、魔王モロクを追って異世界に飛び込んだ冒険者たちが、新たな手がかりを得られる。魔王モロクの影響は巨人族にも影響をおよぼしており、エル・ディキャスティスで得た情報キーが『EPISODE14』へ繋がっていくようだ。

『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』
『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』

 そして『EPISODE14』以降では魔王モロクとの決戦、妖精族のいる“アルフヘイム”実装。メインシナリオとは別にワールドマップのインドネシア、外伝シナリオとして“猫の手サービス”の猫たちが活躍する“猫の島”なども登場するようだ。

■3次職に追加された“精霊”&“ホムンクルスS”システム

 すでに3次職が実装済みの韓国クライアントでは、さらに追加コンテンツとして“精霊”と“ホムンクルスS”という、2つの新システムが導入されている。

 ソーサラーへ追加された精霊システムは、触媒を利用して召喚きるスキルだ。火・水・風・地の4属性がありそれぞれの属性に応じた、魔法能力を所有。精霊が取る行動は、召喚者をの能力アップなど支援するパッシブモード、召喚者を防御/保護するディフェンシブモード、召喚者の敵に攻撃するオフェンシブモードの3つがある。プレイヤーは各モードを切り替えながら精霊とともに戦える。

 もう1つ、ジェネティックに対して導入された“ホムンクルスSシステム”は、既存のホムンクルスが変異したという設定で、5種類の形態が存在している。Lv99に達したホムンクルスで、前提クエストをクリアするとホムンクルスSへと変異する。ただし、5種類のうちどの形態になるかは決まっていないらしい。元々のホムンクルスの特徴+変異条件の達成度+変異後の特徴の組み合わせにより、多様なホムンクルスSが生まれる。また、ホムンクルスSはレベル150まで育成可能で、変異前の能力も引き継がれる。

『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』
『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』

■養子システムに新たな光が! エクステンド職業の拡張

『ラグナロクオンライン』

 次に発表されたのはBabyシステム、日本では養子システムと呼ばれているもので、既存の養子キャラクターが3次職に転職できるシステムを用意。現在、社内テストに向けて準備中らしい。主な変更点は養子キャラのステータス上限が80から108へ引き上げられ、これによって2つのステータスを最大値まで割り振ることが可能だ。残りのステータスの配分次第で、養子キャラクターにも自分なりの育て方、個性を反映させられるのがポイントとなっている。ちなみに108という数値は、煩悩の数をあらわしているとGravity社の『RO』スタジオ企画チーム、チーム長ヤン・フンテック氏は説明していた。

 ノービスとスーパーノービスは特定のクエストをクリアすると、レベルキャップを99から150に解放。スーパーノービスに限って言えば、1次職のスキルと2次職の一部のスキルを習得可能になるほか、ジョブレベルも拡張される。さらに忍者、ガンスリンガー、テコンキッドにもエクステンド上位職業の実装が進められている。

 これらのエクステンド上位職に転職すると、キャラクターの外見も当然変化する。今回は『ラグナロク』の原作者である、李命進さんによるラフスケッチも公開されたのでお見せしよう。

『ラグナロクオンライン』 『ラグナロクオンライン』
▲ガンスリンガー(男性)上位職▲ガンスリンガー(女性)上位職
『ラグナロクオンライン』
▲忍者(男女)上位職

 なお、ここで発表された情報は韓国でも未確定の内容が多い。あくまで未来のチラ見せということで、日本サービスへの導入時期や詳細などは、今後の情報をお待ちいただきたい。

(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
C)2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『ラグナロクオンライン』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows 2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:2002年12月1日
■プレイ料金:1,500円(税込)/30日

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。