News

2010年4月23日(金)

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』が2週連続7度目の1位獲得

文:電撃オンライン

 4月第3週のランキング(集計期間:2010年4月12日~18日)は、Wii『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(任天堂)が推定2.9万本を売り上げ、2週連続7度目の1位を獲得。これで本作の累計販売数は、368.6万本に達しました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 1 Wii New スーパーマリオブラザーズ Wii 任天堂 09/12/03 29,386 3,685,637
2 3 PSP プロ野球スピリッツ2010 KONAMI 10/04/01 21,972 115,291
3 5 DS トモダチコレクション 任天堂 09/06/18 17,467 3,038,975
4 6 DS ポケモンレンジャー 光の軌跡 ポケモン 10/03/06 16,683 398,556
5 2 PS3 北斗無双(トレジャーBOX含む) コーエー 10/03/25 15,929 522,600
6 4 PS3 プロ野球スピリッツ2010 KONAMI 10/04/01 15,723 106,858
7 9 Wii Wii Fit Plus 任天堂 09/10/01 12,580 1,834,605
8 - PS3 NO MORE HEROES 英雄たちの楽園 マーベラス
エンターテイメント
10/04/15 12,497 12,497
9 10 PSP モンスターハンターポータブル
2nd G 【PSP the Best】
カプコン 09/12/24 11,239 270,358
10 8 PS3 龍が如く4 伝説を継ぐもの セガ 10/03/18 10,175 527,647

(アスキー総研調べ)
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 2009年度のWiiソフト市場は、上半期に前年同期比19.6%減と大きく落ち込みましたが、下半期は『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の大ヒットで54.4%増と一気に盛り返し、通期では20.0%増の1,412万本と好調に推移。また『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の358万本を筆頭に、『Wiiスポーツリゾート』(任天堂・184万本)や、『Wii Fit Plus』(任天堂・179万本)など4本のミリオンが誕生し、数字の上では順調な伸びを示しました。ただ、その市場構成を見ると、コアなゲーム層の取り込みと任天堂ソフトの占有率の高さという課題は残されたままです。

 2009年度は『モンスターハンター3』(カプコン)がミリオンを達成しましたが、それに続く『戦国無双3』(コーエー・26万本)や『テイルズ オブ グレイセス』(バンダイナムコゲームス・21万本)といったゲーム層向けタイトルは、どれも30万本の壁を破れませんでした。また、任天堂ソフトの占有率も66.1%と前年度の70.4%からわずかに下がったものの、依然として他機種に比べて高いまま。2010年度はサードパーティと力を合わせ、いかにしてこの課題を克服していくかが大きなポイントになりそうです。

※参考:他機種の1位メーカー(占有率)

DS……スクウェア・エニックス(25.3%)
PSP……バンダイナムコゲームス(23.2%)
PS3……スクウェア・エニックス(26.2%)
Xbox 360……マイクロソフト(16.7%)


 新作では、2007年12月に発売されたWii『NO MORE HEROES』(マーベラスエンターテイメント)に新要素を追加した、『NO MORE HEROES 英雄たちの楽園』のPS3版が8位(1.2万本)、Xbox 360版が13位(0.8万本)に初登場。しかしそれ以外は目立った動きもなく、PSP『プロ野球スピリッツ2010』(KONAMI)やDS『トモダチコレクション』(任天堂)、DS『ポケモンレンジャー 光の軌跡』(ポケモン)といった旧作が上位に顔を並べました。(アスキー総合研究所)

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

[集計期間2014年 07月24日~07月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。