News

2010年5月5日(水)

ベセスダスタッフを直撃! 『Fallout: New Vegas』の気になる要素に迫る!!

文:電撃オンライン

 べセスダ・ソフトワークスでPRとマーケティングを担当する(Vice President, PR & Marketing)Pete Hinesさんにインタビューを敢行。PS3/Xbox 360用ソフト『Fallout: New Vegas(フォールアウト:ニューベガス)(以下、FONV)』について伺ってみた。

 4月にラスベガスで行われたイベント“Bethesda Gamers Day 2010”で、さまざまな情報が明かされた『FONV』。イベントで明らかになった情報は本日の記事でお伝えしたとおりだが、現時点で気になっているアレコレをさらにPeteさんから聞き出してみたので、本作に興味を持っている人は、ぜひチェックしてもらいたい!

『Fallout: New Vegas』
▲気さくにインタビューに応じてくれたPete Hinesさん。

――イベントお疲れ様でした! さっそくいろいろと聞いていきたいのですが、まずは『FONV』の世界の広さを教えてください。『Fallout 3(以下、FO3)』と比べるとどれくらいなのでしょうか?

Peteさん:基本的にマップのサイズや、その中に存在するさまざまなモノの規模については『FO3』と同じくらいですね。

――例えば街の数などは?

Peteさん:これもだいたい同じですね。ただ、『FO3』と違って明確なエンディングはありません。好きなだけこの世界を楽しむことができます。

――『FO3』と比べると、何年くらい違う時代のストーリーなんでしょうか?

Peteさん:だいたい3年後の世界が舞台になりますね。ただし、場所がまったく違うので、『FO3』の影響を受けていない、別のストーリーだと考えてもらえればいいと思います。

――舞台となるNew Vegasにも核が落ちたのでしょうか?

Peteさん:New Vegas自体には核は落ちていません。年月を経て風化しただけですね。スーパーミュータントは別の土地からNew Vegasにやってきました。ただ、Black Mountainという場所には核が落ちていて、そこでは放射能に汚染されます。

――今回使っている、または使用予定の楽曲を教えてください。

Peteさん:トレーラームービーに使っていたフランク・シナトラの音楽が全体のトーンを表してると思います。今回は西部が舞台なのでカントリー系の音楽もあります。

――プレイヤーキャラクターについてですが、レベルキャップやスキルの数、覚えられるPerks(特技)はどう変化しているんでしょうか?

Peteさん:レベルキャップに関しては……考え中です(笑)。スキルやPerksの内容もまだ秘密なのですが、数は『FO3』と似たり寄ったりです。

――デモプレイでは、ショットガンやゴルフクラブ、ハンドガンなど、かなり多くの武器を最初から持っていましたが、これは通常のプレイでも同じなのでしょうか?

Peteさん:今回はデモのためにいろいろな武器を持たせています。ですが、製品版では自分がタグを付けたスキルに対応した武器が渡されます。例えばメーレー(格闘)に関するスキルにタグを付けていれば、メーレー武器を、エクスプロッシブ(爆発物)にタグを付けていればダイナマイトをもらえるといった具合ですね。

――デモプレイでは武器が改造できることを明かしてくれましたが、改造できる武器の種類はどれくらいなんですか?

Peteさん:すべての武器を改造することができます。デモプレイでは銃の改造をお見せしましたが、メーレー武器も改造可能です。

――では、続いて改造によって強化できるポイントを教えてください。

Peteさん:銃を例に取って説明すると、4つくらい強化できる予定です。まずは一度に装てんできる弾丸数が増える。そしてファイアーレート、つまり弾丸の発射間隔を短縮できます。他には狙いの正確さを向上させたり、威力そのものを上げたりできます。

――武器の改造パーツは、購入するんですか? それとも他の方法で手に入れるのでしょうか? また、『FO3』のように武器を自作することはできるのでしょうか?

Peteさん:まず、武器の改造パーツに関してですが、購入することもできますし、誰かから入手することもできます。次に自作武器についてですが、『FO3』と同様に本作でも自作できます。

――ハードコアモードについて質問します。手足などを骨折(負傷)した際に、スティムパックで治療することはできないとのことですが、どういった方法で治療するのでしょうか?

Peteさん:医者に診てもらうか、『ドクターズパック』というアイテムが必要になります。

――コンパニオンのバリエーションについて教えてください。また、彼らは成長するのでしょうか?

Peteさん:今のところ、何人くらい出てくるのか詳しいことはお話しできませんが、『FO3』と同じくらいだと考えていただければ。また彼らも独自にレベルアップします。

――New Vegasでは、ギャンブルは楽しめますか?

Peteさん:Vegas Strip(ラスベガスにおける“ストリップ地区”に該当する場所だと思われる)の中に行けば、さまざまなゲームを楽しめます。

――戦闘システムについて質問します。前作と比べてV.A.T.S.は進化していますか?

Peteさん:ええ。V.A.T.S.は改善されています。特にメーレー武器使用時の挙動がよくなっています。『FO3』では結局使用する武器がかなり限定されてしまいましたが、今回はさまざまな改造パーツ、使える弾丸などの組み合わせを用意し、使用する武器に戦略性を出しています。またデモプレイ中に赤いシールド(盾)が出てきましたが、これは相手にほとんどダメージを与えていないことを示しています。ダメージに関しては、武器の種類や使っている弾丸、相手の防具などさまざまな要因が関わってきます。

――ベガス地域にVaultはあるのでしょうか?

Peteさん:内緒です(笑)。

――DLCについては?

Peteさん:まだヒミツです(笑)。

――楽しみにしておきます(笑)。それでは、ありがとうございました。

Fallout(R): New Vegas(C) 2010 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are trademarks or registered trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Fallout, Fallout: New Vegas, and related logos are trademarks or registered trademarks of Bethesda Softworks LLC in the U.S. and/or other countries. Developed in association with Obsidian Entertainment Inc. Obsidian and related logos are trademarks or registered trademarks of Obsidian Entertainment Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『Fallout: New Vegas』
■メーカー:べセスダ・ソフトワークス
■対応機種:PS3/Xbox 360
■ジャンル:RPG
■発売日:2010年秋予定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。